卵白だけでコク旨!ホワイトオムレツのレシピ。泡立て過ぎないのがコツ。

投稿日:2015年6月8日 更新日:

ホワイトオムレツ

ホワイトオムレツのレシピをご紹介します。
人気ホテル「ザ・キャピタルホテル東急」の中村直人シェフがすすめる、美味しいホワイトオムレツの作り方です。

ホワイトオムレツとは、卵白だけを使ったオムレツのこと。
卵白には、体に吸収されやすい良質のタンパク質が多く含まれているので、ホワイトオムレツは、美容と健康にとても良いと言われています。

新陳代謝がアップ

たとえば、アンチエイジングの専門家・日比野佐和子さんは、ホワイトオムレツを積極的に食べているそうです。
日比野さんによると、卵白に含まれるタンパク質には、肌の新陳代謝を上げて、シミを出来にくくする効果が期待できます。

さて、レシピ考案者の中村さんによると、ホワイトオムレツを上手に作る最大のポイントは、卵白を泡立て過ぎないことです。

(一部情報元:日本テレビ「PON!」本格ホワイトオムレツのレシピ 2015年6月8日放映)

ホワイトオムレツ(卵白オムレツ)のレシピ

ホワイトオムレツ

ホワイトオムレツを上手に作るポイントは、2つあります。

卵白を泡立て過ぎない

卵白を泡立て過ぎると、なめらかな仕上がりになりません。
卵白の弾力が無くなり、サラサラになるくらいが、泡立て終了の目安です。

手早くかき混ぜる

卵白をフライパンに流し入れたら、耐熱性のゴムベラなどで手早くかき混ぜます。

卵白のオムレツは、普通のオムレツにくらべて固まりやすいのが特徴です。
卵はまわりから固まってくるので、外側の卵白を内側へ入れ込むように全体を混ぜます。

なお、生クリームを加えると、味がまろやかになり、コクが出ます。

材料

1人分
卵白 4個分
少々
コショウ 少々
生クリーム 30cc
バター 適量

作り方

  1. 卵白をボールに入れ、泡だて器で混ぜる。あまり泡立て過ぎないように注意する。
  2. 1に塩・コショウ・生クリームを加えて混ぜる。
  3. 温めたフライパンにバターを引き、2を一気に流し入れる。耐熱性のゴムベラを使って手早く混ぜながら、卵に均一に火が通るようにする。全体が固まってきたら、いったん火から下ろす。
  4. 3のフライパンを奥を下にして傾け、手前側の卵のフチを返しながら前に寄せ、オムレツの形を作る。この状態で少し火にかけ、表面が固まってきたら、ひっくり返す。できあがり。

ホワイトオムレツ
実際に作ってみたところ、満足度の高いオムレツができました。

上の写真は、私が作ったホワイトオムレツです。
見た目はイマイチになってしまいましたが、味はなかなかイケます。

ホワイトオムレツは、全卵で作ったオムレツとくらべると美味しくなさそうなイメージがありますが、全然そんなことはありません。
生クリームを補うと、コクが出て香りが良くなります。
このレシピだったら、卵白だけでも十分満足できますよ。

私はこれまで、卵白をメレンゲ状にしてホワイトオムレツを作っていましたが、あまり泡立てない方が、しっとりとなめらかに仕上がります。


残った黄身の使い道

ホワイトオムレツの黄身の食べ方
ところで、ホワイトオムレツを作ったあとに残った黄身は、幅広いお料理に使えます。

簡単に食べたい場合は、ラーメンやうどんやパスタのトッピングにしたり、ご飯にのせて卵かけご飯にするのがおすすめです。

もし卵黄が大量に残ったら、「卵黄の醤油漬け」にするのもいいですよ。
そのまま保存するよりも日持ちしますし、ワンランク上の卵かけご飯が作れます。
卵黄の醤油漬けの日持ちは、冷蔵で3〜4日です。


ホワイトオムレツの黄身の保存
また、卵黄は、冷凍保存もできます。

タッパーに入れてフタをして冷凍庫に入れると、1ヶ月ほど日持ちします。

卵黄を冷凍すると、簡単に箸でつまめるほど固まり、弾力が出ます。
また、生の状態よりも粘度が増すので、より濃厚な味に感じられます。

冷凍した卵黄も料理に幅広く使えますが、一番のおすすめは、やはり卵かけご飯。
是非お試しください。

関連レシピ