冷たいうどんのレシピ。つゆを凍らせて作る簡単夏うどん。

投稿日:2015年6月16日 更新日:

冷たいうどんのレシピ

夏にぴったりの冷たいうどんのレシピをご紹介します。

人気日本料理店「俺の割烹」の総料理長、小野山英治さんが考案した「京風ぶっかけうどん」です。

京風のだし汁をあらかじめ凍らせ、たっぷりの夏野菜と一緒にトッピングした、見た目も涼しい一品です。

(一部情報元:日本テレビ「ヒルナンデス!」2015年6月15日放映)

「京風ぶっかけうどん」の作り方

冷たいうどんのレシピ

「京風ぶっかけうどん」のレシピです。

材料【4人分:調理時間10分/冷凍2時間】
合わせ出汁(※)
ダシ汁(かつお&昆布) 1000cc
みりん 50cc
薄口醤油 50cc
市販の冷凍うどん 4玉
ミョウガ 1パック
カイワレ大根 1パック
新玉ネギ 1/2個
オクラ 4個
油揚げ 1/3枚
温泉卵 4個
青ネギ 適量
海苔 適量
白ゴマ 適量

※「合わせ出汁」は、めんつゆを薄めて使ってもOK。

作り方
  1. 合わせ出汁の材料すべてを合わせ、半分は冷蔵庫に入れる。あともう半分は、冷蔵庫で2時間ほど凍らせる。長時間凍らせると、後で削りにくいので注意。
  2. 冷凍うどんを湯がき、水を切る。
  3. 2を器に盛り、1の凍らせていない合わせ出汁をかける。
  4. 細かく刻んだミョウガ・オクラと、半分に切ったカイワレ大根・薄切りにした新玉ネギ・湯通しして細切りにした油揚げを、3の上にトッピングする。
  5. 1の凍った合わせ出汁を、金属製のヘラなどを使ってみぞれ状に削る。これを4の上に盛りつける。最後に刻んだ青ネギと海苔・温泉卵・白ゴマをトッピングしたらできあがり。

冷たいうどんのレシピ
さっぱりとした冷製うどんができます。

2時間くらいの冷凍時間であれば、だし汁は完全には凍りません。ですから簡単にみぞれ状になります。

シャリシャリとしたかき氷のような食感が、なんとも涼しげ。夏には最高のうどんですよ。

ところで最後に、冷たいうどんのおすすめレシピをあと3品ご紹介します。
ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんが考案した「明太子と長芋の冷やしうどん」と、ミシュランシェフの村田明彦さんが考案した「冷やし豆乳担々うどん」と、家事えもんことタレントの松橋周太呂さんが考案した「冷やし担々風うどん」です。

ゆうこりんの「明太子と長芋の冷やしうどん」は、明太子と長芋と卵黄を具材にした、食欲が無い時でも美味しく食べられる滋味豊かな一品。たったの5分で完成します。
また村田さんの「冷やし豆乳担々うどん」は、スープが豆乳ベースで、肉味噌やきゅうりやかいわれをたっぷりのせた豪華な一品。調理時間は10分です。
また家事えもんの「冷やし担々風うどん」は、余ったミートソースにピーナッツクリームと豆板醤を混ぜて肉味噌を作ります。市販のミートソースでも作れる手軽なレシピです。たったの5分で完成します。
どれも夏にぴったりですよ。

関連レシピ