そうめんつゆの変わり種レシピ。中華風・イタリアン・和風

投稿日:2015年7月3日 更新日:

そうめんつゆの変わり種

そうめんつゆの変わり種レシピをご紹介します。

タレントの北斗晶さんが考案した、変わりそうめんつゆ。
「中華つゆ」「イタリアンつゆ」「和風つゆ」の3品です。

「中華つゆ」は、白ゴマとラー油の風味が特徴で、オイスターソースが隠し味になっています。
細切りにしたキュウリを、そうめんとともにツルっといただきます。

「イタリアンつゆ」は、ナポリタン風にアレンジしたそうめんつゆで、夏野菜のシャキシャキとした食感も一緒に楽しめます。

「和風つゆ」は、山芋を使って旨みとトロミをプラスします。

(レシピ情報元:TBSテラビ「あさチャン!」北斗ゴハン 2015年7月3日放映)

中華つゆ

中華風そうめんつゆ

まずご紹介するのは、「中華つゆ」のレシピ。

北斗流「中華つゆ」は、長めの千切りにしたキュウリをたっぷりと加え、そうめんと一緒にツルツルっといただきます。

味つけは、めんつゆに少量のオイスターソースをプラス。
北斗さんによると、オイスターソースを加えるだけで、いつものめんつゆが、あっと言う間に中華風になるとのことです。

材料

2人分:調理時間3分
キュウリ 1本
めんつゆ(ストレート) 500ml
ツナ 1缶
白ゴマ 小さじ1
オイスターソース 大さじ3
ラー油 好みで適量

※濃縮タイプのめんつゆの場合は、薄めてストレートにして使用する。

作り方

  1. キュウリを長めの千切りにする。ツナの油を切る。
  2. キュウリ・めんつゆ・ツナ・白ゴマ・オイスターソース・ラー油(好みで)をボールに入れ、よく混ぜたらできあがり。

中華風そうめんつゆでそうめんを食べる

そうめんにキュウリの緑色が合わさって、見た目もとても涼しげです。

オイスターソースが加わることで、一風変わった優しい味わいの中華風そうめんつゆに仕上がります。

イタリアンつゆ

イタリアンそうめんつゆ

次に、「イタリアンつゆ」のレシピをご紹介します。

炒めたベーコン・夏野菜・ケチャップを加えた、ナポリタン風のめんつゆです。

材料

2人分:調理時間7分
ベーコン 2枚
ピーマン 1個
トマト 1個
トマトケチャップ 大さじ8
めんつゆ(ストレート) 500ml
粉チーズ 好みで適量
タバスコ 好みで適量

※濃縮タイプのめんつゆの場合は、薄めてストレートにして使用する。

作り方

  1. ベーコンを細切りにする。フライパンを温め、ベーコンが少しカリカリになるまで強火で2~3分炒める。
  2. ピーマンとをみじん切りにして、トマトを少し粗めに刻む。
  3. ベーコン・ピーマン・トマト・ケチャップ・めんつゆをボールに入れ、よく混ぜたらできあがり。
    お好みで粉チーズ・タバスコをかけていただく。

イタリアンそうめんつゆでそうめんを食べる

ピーマンは敢えて生を使うことで、シャキシャキとした涼しげな食感が加わります。

子供も喜びそうな、ちょっと甘めの、親しみやすい味わいのそうめんつゆです。

和風つゆ

和風そうめんつゆ

最後にご紹介するのは、「和風つゆ」のレシピです。

山芋・卵・めんつゆをミキサーで撹拌して作ります。

材料

2人分:調理時間3分
山芋 200g
1個
めんつゆ(ストレート) 500ml
青ネギ 4本
七味唐辛子 好みで適量

※濃縮タイプのめんつゆの場合は、薄めてストレートにして使用する。

作り方

  1. 山芋の皮をむき、適当な大きさに切る。
  2. 山芋・卵・めんつゆをミキサーで撹拌してとろとろにする。
  3. 器に移し、刻んだ青ネギを加え、軽く混ぜたらできあがり。好みで七味唐辛子をかけていただく。

和風そうめんつゆでそうめんを食べる

山芋のとろみと、卵のまろやかな味わいが加わった、変わり和風つゆが完成します。

つゆが麺とよく絡み、文句なしで美味しいです。

ちなみに、これら3種類のそうめんつゆの中で、私が一番好きなのは、和風つゆです。
夫はイタリアンが気に入ったようです。
3種類を一度に作って食べ比べるのも、面白いですよ。

関連レシピ