トーストの達人がすすめる、食パンの10倍美味しい食べ方 4つのコツ。

投稿日:2015年6月30日 更新日:

トースト 美味しい食べ方

バタートースト評論家の梶田香織さんがすすめる、「食パンを10倍美味しくする4つの方法」をご紹介します。

梶田さんはこれまで、1000種類ものトーストを食べた経験をお持ちです。

トーストを知り尽くした梶田さんが提案する、トーストを10倍美味しくする4つの方法を、下の順番でお伝えします。

食パンを10倍美味しく食べる4つの方法
  1. トーストの正しい焼き方
  2. ヨーグルト+チーズトーストのレシピ
  3. フレンチトーストを1分でふわふわにする方法
  4. パサパサの食パンを復活させる方法

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」2015年6月30日放映、テレビ東京「ソレダメ」2018年6月13日放映)

トーストの正しい焼き方

トースト 美味しい食べ方

まずご紹介するのは、トーストの正しい焼き方です。

梶田さんによると、トーストには焼き方があります。

トーストの正しい焼き方
食パンの上下に注意して、下の方を、トースターの奥に向けて焼く。

食パンの上下と言われても、ピンと来ないかもしれません。
食パンが焼かれた時の天地のことです。

たとえば山型食パンは、膨らんでいる方が上。分かりやすいですね。

四角い食パンにも、同じように上下があります。
それを見分けるには、耳の部分に注目します。

トースト 美味しい食べ方

四方の耳のうち、一番シワシワで、触るとザラザラしているのが下。上の写真は、下の耳です。

トースト 美味しい食べ方

逆に、ツルツルで見た目もきれいなのが上。これが上の耳。
同じ1枚の食パンでも、よく見ると、だいぶ違います。

もしこれでも判断がつかないという場合は、袋に入った状態を覚えておくと良いようです。
食パンは、焼いた時の状態と同じ向きで、袋に入っているそうですよ。

ところで、なぜトーストするのに、パンの上下を見分ける必要があるのでしょうか。

梶田さんによると、食パンの上の方は密度が低く、ふわふわな食感で、熱が通りやすくなっています。
一方の下の方は、密度が高く、モチモチとした食感で、熱が伝わりにくいのが特徴です。

トースターは、奥の方が比較的温度が上がりやすいので、熱が通りにくい下の方を奥に向けて入れると、焼きムラがなく均一に焼けるということです。

ヨーグルト+チーズトースト

ヨーグルト+チーズトースト

次にご紹介するのは、トーストを絶品スイーツに変えるレシピです。

このレシピ通りに作ると、チーズケーキのような味のトーストが楽しめるそうです。

材料
食パン(6枚切り) 1枚
ヨーグルト(加糖) 大さじ2
練乳 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1/2
とろけるスライスチーズ 1枚
作り方
  1. ヨーグルト・練乳・マヨネーズを混ぜてパンに塗る。
  2. 1の上にとろけるスライスチーズをのせ、オーブントースター(800W)で3分加熱したらできあがり。

レシピ通りに作ってみたところ、梶田さんがおっしゃる通り、チーズケーキみたいな美味しいトーストが出来ました。
想像以上にチーズケーキだったので、驚きました。

ヨーグルトとマヨネーズの酸味がほど良く効いていて、かなりイケます。

チーズケーキを食べたくなったら、このトーストを作れば十分満足できると思いました。

超おすすめです。是非お試しください。

フレンチトーストを1分でふわふわにする方法

フレンチトースト

次にご紹介するのは、フレンチトーストを1分でふわふわにする方法です。

梶田さんによると、フレンチトーストを美味しく作るポイントは、パンに卵液をたっぷりと吸わせること。
こだわる人は、一晩くらいパンを卵液に浸すほどだそうです。

でも、そんな大事な工程も、パンを軽くトーストするだけで、たった5分に短縮できます。

卵液を短時間でパンに吸わせる方法
  1. オーブントースター(800W)で1分トーストする。
  2. 1の両面を2分半ずつ、合計5分ほど卵液に浸す。

梶田さんによると、軽くトーストして水分を飛ばすと、パンに卵液が染み込みやすくなります。
このようにすると、お店が開きたくなるくらい、ふわふわのフレンチトーストができるそうです。

ちなみに材料は、卵・牛乳・砂糖というシンプルな組み合わせでOKです。

パサパサになった食パンをふっくらさせる方法

トースト 美味しい食べ方

最後に、パサパサになった食パンをふっくらさせる方法をご紹介します。

梶田さんによると、パンをアルミホイルで包んでトーストすると、柔らかくふわふわにすることができます。

手順
  1. 食パンをアルミホイルで包む。パンの両面に均一に熱が入るように、耳のまわりでアルミホイルをしっかり閉じる。(アルミホイルの包み方は、上の写真を参考にしてください。)
  2. オーブントースター(800W)で2分加熱したらできあがり。

パンから出た水分が、アルミホイルの中で対流するため、水分を逃さずに焼き上げることができるのだそうです。

ちょっとした工夫で、食パンはもっと美味しくいただくことができるんですね。

ところで当サイトでは、テレビで話題になった食パンのレシピをたくさん紹介しています。
その中でも特に人気があるレシピを数十品まとめた「食パンの美味しい食べ方まとめ」も合わせてご覧ください。
またプロがすすめる「トーストの上手な焼き方」や「パンの上手な保存方法」も参考にしてください。

関連レシピ