家事えもんの、チャーハンのレシピ。タコライス風で野菜をたっぷり使います。

投稿日:2015年7月9日 更新日:

家事えもん 松橋 クックパッド 野菜たっぷりタコチャーハン

家事えもんこと、ジューシーズの松橋周太呂さんが考案した、チャーハンのレシピをご紹介します。

「野菜たっぷりタコチャーハン」。

その名の通り、野菜がたっぷり摂れる、タコライス風にアレンジしたチャーハンです。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで損する人得する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年7月9日放映)

松橋周太呂流チャーハンの作り方

家事えもん 松橋 クックパッド 野菜たっぷりタコチャーハン

松橋さんによると「野菜たっぷりタコチャーハン」は、パラっとしつつもしっとりしている、高級中華店でしか食べられないような本格チャーハンです。

初心者でも簡単につくれるそうです。

調理のポイントは、2つあります。

1つは、ご飯を炒める前にラードでコーティングすること。
そうすると、ご飯のぬめりの流出を防ぐことができるため、パラパラに仕上がるそうです。

もう1つは、ご飯と卵を別々に炒めること。
普通チャーハンは、ご飯と卵を一緒に炒めます。
でもプロの手早い腕ふりテクと強い火力が活かせないとなると、卵に火が入り過ぎてしまいがち。これがカサカサなチャーハンになる原因だと松橋さんはおっしゃいます。

ご飯と卵を別に炒めることで、しっとりとしたチャーハンなるそうです。

材料【2人分】
ご飯 300g
ラード 大さじ2
大さじ2
塩・コショウ 適量
中華だし 小さじ1/2
2個
豚ひき肉 200g
おろしニンニク 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ2
一味唐辛子 好みで少々
ケチャップ 大さじ5
ウスターソース 大さじ1.5
レタス 適量
トマト 適量
黄パプリカ 適量
温泉卵 2個
作り方
  1. 溶かしたラードと酒を、ご飯加えて混ぜる。
  2. 温めたフライパン(油は引かない)に1を入れて炒め、塩・コショウ・中華だしで味つけする。いったん皿に取り出す。
  3. 卵を溶き、半熟くらいに炒める。2を加え、さっと混ぜたら火を止める。これでチャーハンが完成。
  4. 温めた鍋にオリーブオイルを入れ、ひき肉・ニンニクを加えて炒める。
    お好みで一味唐辛子を加える。さらにケチャップとウスターソースで味つけする。
  5. チャーハンを皿に盛り、そのまわりに食べやすい大きさに切ったレタス・トマト・パプリカなどの野菜を飾る。
    チャーハンの上に4をかけ、さらにその上に温泉卵をのせたらできあがり。

色々な味が楽しめるチャーハンで、冷めても美味しいそうですよ。

実際に作ってみました。感想を簡単に書きます。

松橋流チャーハンを作りました

家事えもん 松橋 野菜たっぷりタコチャーハン

上の写真は、私が作った「野菜たっぷりタコチャーハン」です。
チャーハンのまわりの野菜は、家にあったレタス・トマト・ピーマン・オクラを使いました。

まずチャーハンについて。
ご飯に加えるラードの量はけっこう多めなので、混ぜているそばからご飯がしっかりとほぐれ、炒める時にも安心感がありました。
普段あまりチャーハンを作らない私にも、簡単にパラパラのチャーハンが作れましたよ。

チャーハンの味は、割りとさっぱりしています。

家事えもん 松橋 野菜たっぷりタコチャーハン

チャーハンの上にかけたひき肉のソースは、子供も喜びそうな、かなり甘めの味つけです。
私はもう少し甘さ控えめが好きですが、温泉卵のマイルドな味わいとよく合います。

家族に好評だったので、また作りたいです。

※松橋さんが以前テレビ番組で披露した、チキン南蛮ピーナッツ冷や汁カフェ風ドライカレーも、実際に作りました。
レシピと合わせて感想を書きましたので、それぞれのリンク先も是非ご覧ください。

チャーハンをパラパラに仕上げる裏ワザ

チャーハン

ところで、情報元のテレビ番組で、チャーハンをパラパラに仕上げるアイデアが、他にも3つ話題になっていました。

ついでに簡単にご紹介します。

ご飯を炒める前に水で洗う

まず1つめは、「ご飯を炒める前に水で洗う」というもの。

ご飯を洗うと、ベチャッとしたチャーハンの原因になる、ご飯の粘り気(表面のデンプン質)が取れます。
ご飯がくっつきにくくなるため、パラパラに仕上がるというわけです。

なおご飯を洗っても、旨みが減ってしまうことはないようですよ。

卵かけご飯にしてから炒める

2つめは、「卵かけご飯にしてから炒める」。

ご飯に卵をあらかじめ混ぜておくと、ご飯のぬめりを卵でコーティングすることができます。

ちなみに卵かけご飯を炒めたら、タクアン・白ゴマを加えて炒めると、よりパラパラに仕上がるようです。

タクアンの塩気が味つけの代わりになり、醤油などの液体調味料を加えずに済む上に、ゴマのプチっとした食感が加わるためです。

酢飯を炒める

3つめは、「酢飯を炒める」というアイデア。

温かいご飯(150g)にすし酢(大さじ2)を混ぜてから、チャーハンを作ります。

米のデンプンが流れ出るのを、酢の酸が防いでくれます。
なお、酢の酸味は熱で飛んでしまうため、上の分量くらいであれば、味にも問題はないようです。

3つアイデアに共通する大事なポイントは、ご飯のぬめりを取ること。
チャーハンをパラパラに仕上げるには、この点に注目すると良いようです。

関連レシピ