かき氷シロップのレシピ。かき氷マニアのカルピス練乳。

投稿日:2015年7月14日 更新日:

かき氷シロップ レシピ 作り方 人気 簡単

氷の女神こと原田麻子さんがすすめる、カキ氷シロップのレシピと、カキ氷の名店をご紹介します。

原田さんは、年間1500杯ものカキ氷を食べる、カキ氷が大好きなOLさんです。

(一部情報元:TBSテレビ「マツコの知らない世界」2015年7月14日放映)

カルピス練乳の作り方

かき氷

まずご紹介するのは、原田さんが考案した、カキ氷シロップ「カルピス練乳」のレシピです。

ちなみにこのシロップを試食したタレントのマツコ・デラックスさんは、「けっこうレベル高い。これ美味しい!」と大絶賛していました。

材料
牛乳 200ml
グラニュー糖 100g
カルピスの原液 50ml
作り方
  1. 牛乳と砂糖を鍋に入れて煮詰め、練乳を作る。冷ます。
    (練乳の詳しい作り方は、コチラの記事をご覧ください。)
  2. 1にカルピスを混ぜたらできあがり。

爽やかな味わいで、夏にぴったりのシロップだそうですよ。

原田さんがすすめるカキ氷の名店

ふわふわなかき氷

ここからは、原田さんおすすめの「お店で食べられる絶品カキ氷」を6品ご紹介します。

ひみつ堂

まずはじめにご紹介するのは、東京都台東区谷中にある、カキ氷専門店「ひみつ堂」の「いちごみるく(900円)」。

こちらのカキ氷は、三ツ星氷室の天然氷を、手動のカキ氷機を使って削って作っています。
氷がハラハラしていて、口溶けが良いのが特徴です。

7月上旬の今のシーズンは、4時間待ちになるほど、人気のお店だそうですよ。

阿佐美冷蔵

次にご紹介するのは、埼玉県秩父郡にあるカキ氷専門店「阿佐美冷蔵」の「蔵元秘伝みつのかき氷(1,000円)」。

こちらのお店では、門外不出の自社で作った天然氷を使ったカキ氷が食べられます。

こだわりの氷を使ったカキ氷は、ここでしか食べられない逸品だそうです。

慈げん

次にご紹介するのは、カキ氷界の人間国宝・カキ氷職人の宇田川和孝さんが作る、個性派カキ氷。

埼玉県熊谷市にある「慈げん」の「ミルクココア+きなこソース(820円)」。
パウダー状のココアときな粉がかかったカキ氷です。

原田さんによると、ティラミスやココアなどの粉をカキ氷にかける食べ方は、こちらのお店が最初に考えたそうです。

ティーハウス マユール

次は、紅茶専門店が作るカキ氷。

ティーハウス マユール」の「マサラチャイ(740円)」です。

紅茶専門店らしくこちらでは、いろいろな紅茶の茶葉で作ったカキ氷が楽しめます。

紅茶は香りが高く味も本格的で、溶けても美味しくいただけるとか。

またカキ氷自体も、削りの名人も認めるほど完成度が高く、シャリっとした口当たりがありつつも、口どけがふんわりしているそうです。

麺屋KABO

次にご紹介するのは、ラーメン屋さんが作るカキ氷。

東京・駒込にある麺屋KABOの「バジルパイン(700円)」です。

清涼感があり、すっきりした味わい。まさに夏にぴったりのカキ氷だそうです。

ちなみにこちらのお店は、ラーメンもとても人気があるようですよ。

セバスチャン

最後にご紹介するのは、お弁当屋さんのカキ氷。

東京都渋谷区にある「セバスチャン」の「レモンとミックスベリーのレアチーズ仕立て(1,000円)」です。

パティシエをしていた店主が作るカキ氷で、冷たいケーキを食べているような感じでいただけるとか。

「マンゴーのショートケーキ(1,100円)」というケーキ型をしたカキ氷もあり、こちらもとても人気があるようです。

どれも個性的で美味しそうなカキ氷ですよ。

関連レシピ