超一流の麦茶職人のおすすめ!麦茶牛乳のレシピ。ミルクで麦茶をアレンジ

投稿日:2015年7月18日 更新日:

麦茶牛乳(麦茶ミルク)

こだわりの麦茶職人がすすめる、麦茶のアレンジレシピをご紹介します。

創業136年の麦茶の老舗「上州屋 設楽彦吉商店」の四代目、麦茶職人の設楽徳子さんが考案した「麦茶牛乳」です。

麦茶にミルクをプラス

作り方はとても簡単。
麦茶に牛乳を混ぜるだけ。

そのまま飲むと、淡いカフェオレかコーヒー牛乳のような味がします。
また、砂糖を加えると、ミルクティーのような味にも感じられます。

麦茶の苦味が嫌いな方でも、これだったら飲みやすいと思います。
ちょっと変わった飲み方としておすすめです。

ちなみに、設楽さんが作った「純手炒りむぎ茶」は、昔ながらの製法で作られており、味の濃さや香りの強さから「麦茶の玉露」と言われています。
一般的な麦茶とくらべると5倍もの値がつく最高級麦茶です。

(レシピ情報元「TBSテレビ「ジョブチューン」超一流職人スペシャル 2015年7月18日放映)

麦茶ミルクのレシピ

麦茶に牛乳を混ぜる

「麦茶牛乳」は、麦茶と牛乳を2:1の割合で割ります。

材料

1人分:調理時間1分
麦茶 100ml
牛乳 50ml
砂糖 好みで適量

※麦茶と牛乳は2:1の割合で使用する。

作り方

  1. 麦茶と牛乳を混ぜ、お好みで砂糖を加えたらできあがり。

麦茶牛乳

できあがりは、本物のカフェオレよりもやや白っぽいです。
味もかなりさっぱりしていますが、蒸し暑い日にごくごく飲めていいですよ。

砂糖を少量加えると、牛乳と麦茶の風味が引き立ち、より美味しくなります。

ちなみに、麦茶と牛乳の配合比は、2:1くらいがちょうど良いと思います。
麦茶と牛乳それぞれの味がほど良く感じられます。
これ以上牛乳を多くすると、牛乳の味が勝って、麦茶の味が分からなくなります。

いつもの麦茶に飽きたら、是非お試しください。


麦茶の作り方
ところで、「麦茶の作り方」は、リンク先を参考にしてください。
「麦茶パック」と「丸粒麦茶」を使った作り方と合わせて、それぞれの味をワンランクアップさせる方法も紹介しています。

今回紹介した「麦茶牛乳」を作るのなら、麦茶は少し濃いめにいれた方が美味しいです。

麦茶のアレンジレシピあと2品

最後に、麦茶のアレンジレシピをあと2品ご紹介します。

麦茶ゼリー
麦茶ゼリー
麦茶氷とフルーツ
麦茶氷&フルーツ

麦茶ゼリーと麦茶氷&フルーツ」。
どちらも、人気麦茶メーカー「はくばく」のおすすめレシピです。

「麦茶ゼリー」は、砂糖とゼラチンを麦茶に混ぜ、冷やし固めたら完成です。
さっぱりとしたコーヒーゼリーのような一品です。

「麦茶氷&フルーツ」は、麦茶にレモン汁と砂糖を加えたシロップに、好みのフルーツを漬け込み(写真)、冷凍庫で凍らせたあとに、麦茶をカキ氷のように砕いていただきます。
レモンの酸味が効いたカキ氷が爽やかで、フルーツと合います。

どちらも夏にぴったりの涼しげなデザートです。
作り方はリンク先をご覧ください。

関連レシピ