餃子のタネをリメイク!余った餡と豆腐で作るグラタンのレシピ。

投稿日:2015年7月16日 更新日:

餃子のタネを使ったグラタン

余った餃子の餡と豆腐で作る、グラタンのレシピをご紹介します。
家事えもんこと、ジューシーズの松橋周太呂さんが考案した、「女性大好き ヘルシーグラタン」のレシピです。

このグラタンは、ホワイトソースを豆腐で作るので、カロリーをおさえることができます。
餃子の餡が、旨みを倍増してくれますよ。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで損する人得する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年7月16日放映)

餃子の具の余りで作るグラタン

餃子のタネのリメイクレシピ

「女性大好き ヘルシーグラタン」のレシピです。

材料
餃子の餡 適量
木綿豆腐or絹ごし豆腐 1丁
牛乳 大さじ3
鶏ガラスープの素 小さじ1
とろけるチーズ 適量
少々
コショウ 少々
乾燥パセリ 少々
ゴマ油 適量
作り方
  1. 2枚重ねにしたキッチンペーパーで豆腐を包み、電子レンジ(500w)で3分加熱して豆腐の水切りをする。
  2. 豆腐を半分に切る。一方はさらに半分にし、1センチ幅に切る。(残りの半分は、あとでミキサーにかける。)
  3. 温めたフライパンにゴマ油を引き、切った豆腐を炒めて焼き目をつける。
  4. 残った半分の豆腐・牛乳・鶏ガラスープをミキサーにかけ、ペースト状にする。
  5. 餃子の餡を炒める。
  6. 3を皿に盛る。その上に5をのせる。さらにその上に4をのせる。
    最後にとろけるチーズをのせ、乾燥パセリをふる。
    200度に温めたオーブンで5分焼いたらできあがり。

豆腐の水切り
ここからは、写真をもとにレシピを辿ります。

まず、豆腐の水切りをします。

上の写真のように、2枚重ねにしたキッチンペーパーで豆腐を包み、ラップはせずにそのまま電子レンジ(500w)で3分加熱すると、簡単に水切りができます。


水切りした豆腐をフライパンで炒める
水切りした豆腐を半分に切り、一方は1センチ幅に切ります。

そして、切った豆腐を、ゴマ油を引いたフライパンで焼きます。


豆腐をペースト状にする
残った半分の豆腐は、牛乳と鶏ガラスープの素を加えてミキサーにかけ、上の写真のようなペースト状にします。

これで豆腐の下準備は終わり。


餃子の餡を炒める
次に、餃子の餡をさっと炒めて火を通します。

ちなみに、私は、120gの餃子の餡を使いました。


炒めた豆腐の上に餃子のタネをのせる
ここからいよいよ、グラタン容器などの耐熱皿に、具材を入れます。

まずは、炒めた豆腐を下に敷きます。
その上に、炒めた餃子の餡をかけます。


餃子のタネの上に豆腐クリームをのせる
さらにその上に豆腐クリームをのせ、最後にとろけるチーズを被せて乾燥パセリを散らしたら、準備完了。


グラタンをオーブンにかける
200度に温めたオーブンで、5分ほど焼いたらできあがり。


餃子のタネのリメイクグラタン
餃子味のグラタンの完成です。

餃子味とはいえ、最も際立って感じられる中華風の味の後に、チーズのコクや豆腐のマイルドな味わいも加わるため、全体的にはとても不思議な味がします。
変わっていますが、普通に美味しいです。

ご飯と一緒に食べてもいいですし、お酒のつまみにもなりそうです。

餃子の餡が余って使い道がない時に、便利なレシピですよ。

関連レシピ