北斗晶さんの、コーンクリームコロッケのレシピ。揚げずに作ります。

投稿日:2015年7月17日 更新日:

北斗晶 コロッケ

タレントの北斗晶さんが考案した、コロッケのレシピをご紹介します。

「揚げない コーンクリームコロッケ」です。

揚げずにフライパンで焼くだけなので、調理がとても簡単です。

また油揚げを衣の代わりにするので、面倒な衣付けも不要。調理時間が大幅に短縮できます。
油揚げは内側の白い方を表にすると、パリっとした食感に仕上がります。

そしてタネは、電子レンジで加熱するだけで簡単に作れます。

夫の佐々木健介さんも絶賛するコロッケだそうですよ。

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」北斗ゴハン 2015年7月17日放映)

北斗流コーンクリームコロッケの作り方

北斗晶 コロッケ

「揚げない コーンクリームコロッケ」のレシピです。

材料【10個分】
トウモロコシ 1本
玉ネギ 1/2個
コーンスープの素 35g
小麦粉 30g
牛乳 200ml
バター 30g
油揚げ 5枚
サラダ油 適量
作り方
  1. トウモロコシを洗い、水気がついたままラップで包み、電子レンジ(600w)で3分加熱する。トウモロコシの実を包丁で削ぎ落とす。
  2. みじん切りにした玉ネギ・コーンスープの素・小麦粉・牛乳・バターを耐熱ボールに入れてよく混ぜる。
    これにラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱する。加熱し終えたら、すぐに混ぜる。
    再びラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。トウモロコシを加えて混ぜたら、タネの完成。
  3. 油揚げは半分に切って袋状にし、ひっくり返して、裏の白い方を表にする。中に10等分した2を詰め、口を折って閉じる。
  4. フライパンを温め、少し多めのサラダ油を引く。
    3の油揚げの閉じ目を下にしてフライパンに並べる。たまにひっくり返しながら、表面を中火で5分ほどこんがりと焼いたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

北斗流コーンクリームコロッケの作り方

北斗晶 コロッケ
最初に、コロッケのタネの作り方(工程2)を説明します。

まずみじん切りにした玉ネギ・コーンスープの素・小麦粉・牛乳・バターを耐熱ボールに入れてよく混ぜ、ラップをして電子レンジで2分加熱します。

加熱し終えたらいったん取り出し、すぐに混ぜます。

そして再び、電子レンジで3分加熱します。

北斗晶 コロッケ
3分後には、コロッケのタネらしい固さになります。

これに、あらかじめ加熱しておいたトウモロコシの実を混ぜます。

これでコロッケのタネが完成しました。

タネにはけっこうたっぷりトウモロコシが入っています。これだけでも美味しそうですよ。

北斗晶 コロッケ
次に、コロッケの成形の仕方(工程3)を説明します。

2等分して袋状にした油揚げは、ひっくり返して裏の白い方を表にし、タネを詰めます。

北斗流コーンクリームコロッケは、油揚げが衣の代わりなので、タネがゆるくても失敗しません。

タネを詰めたら、油揚げのフチを折り曲げて、口を閉じます。

レシピ通りの分量で作ると、普通サイズのコロッケがちょうど10個できます。

北斗晶 コロッケ
サラダ油を引いたフライパンで、こんがりと焼いたらできあがり。

外はサクサク中はトロッとした食感の、コーンの甘みが効いた、美味しいクリームコロッケが出来ます。

衣代わりに使った油揚げは、普通のコロッケの衣とくらべ、しっかりとした歯ごたえがあります。
ちなみに油揚げの味は、まったく気になりません。
むしろ油揚げの優しい風味が加わることで、味に奥行きが出て、美味しいと思いました。

缶詰のコーンでは決して出せない、生のトウモロコシのリッチな味わいも、しっかりいかされています。

手間のかかるコーンクリームコロッケが、とても簡単に美味しく作れますよ。

関連レシピ