卵かけご飯の変わりレシピ。日本料理のプロのおすすめです。

投稿日:

卵かけご飯

東京・広尾にある、日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野﨑洋光さんが考案した、卵かけご飯のレシピをご紹介します。

同店のまかない料理「分とく流 卵かけご飯」です。

材料は卵・ご飯・醤油・ネギ・ショウガと至ってシンプルですが、盛りつけ方といただき方がとても斬新です。

醤油はご飯にかけ、黄身と白身は別々にいただくという、卵かけご飯の常識を覆すレシピになっています。

情報元:TV「ヒルナンデス!」2015年9月7日放映)

日本料理の名店の、卵かけごはんのレシピ

卵かけご飯

「分とく流 卵かけご飯」の特徴は2つあります。

1つめは、ご飯をダムカレーのダムのように器の中央に山盛りにし、その両サイドに黄身と白身を分けて盛り付けるところ。
黄身と白身は混ぜずに、敢えて別々にいただきます。

2つめは、醤油をご飯に直接かけるところ。
卵に醤油をかけると、卵本来の味が消えてしまいます。
ご飯に直接かけることで、卵の味を存分に堪能できる卵かけご飯が出来上がります。

材料【1人分】
1個
ご飯 1膳分
醤油 適量
刻みネギ 適量
おろしショウガ 適量
作り方
  1. ご飯は、ご飯茶碗の中央に、縦長の山型にして盛り付ける。
  2. 1のご飯の上に、醤油を回しかける。
  3. 卵の黄身と白身を分け、ご飯の両サイドにそれぞれ入れる。
    ネギとショウガをご飯の上にのせたら、できあがり。

黄身と白身は、敢えて別々にいただきます。

黄身を加えず白身だけというのも、ほのかな甘みが感じられて、とても美味しいようですよ。

関連レシピ