イタリアンレストラン「イル ギオットーネ」の店主がすすめる、焼きそばのレシピ。

投稿日:2015年9月7日 更新日:

IL GHIOTTONE

東京・丸の内にあるイタリアンレストラン「イル ギオットーネ」の店主・笹島保弘さんが考案した、まかないレシピをご紹介します。

「海鮮焼きそば」です。

アサリやエビなどの魚介類をたっぷり使った焼きそばで、昆布パウダーと「特製たらこソース」を使って味つけをするのが特徴です。

市販の焼きそば用中華麺で、手軽に作れます。

(一部情報元:TV「ヒルナンデス!」2015年9月7日放映)

「海鮮焼きそば」の作り方

「海鮮焼きそば」を作るポイントは、2つあります。

1つは、エビとイカの味つけに、昆布茶を使うところ。
塩よりも旨みが出ます。
魚介料理に幅広くいかせそうですね。

2つめは、味つけに「特製たらこソース」を使うところ。
「特製たらこソース」は、タラコとオリーブオイルを混ぜ、昆布を漬け込んだソースです。
オリーブオイルによって、タラコのコクと香りが増して口当たりがまろやかになり、昆布を加えることで、旨みがアップします。

材料【2人分】
アサリ 8個
エビ 6尾
イカ 50g
九条ネギ 1/2束
温泉卵 2個
中華麺 2玉
オリーブオイル 適量
昆布茶 適量
大葉 適量
特製たらこソース
たらこ 50g
オリーブオイル 20g
昆布 1枚(2g)
作り方
  1. 【特製たらこソースを作る】たらこは、皮を外してほぐし、オリーブオイルを加えてよく混ぜる。昆布をこの中に入れ、半日漬け込む。
  2. ネギは5センチくらいの長さに切る。エビとイカは食べやすい大きさに切り、昆布茶のパウダーをまぶして下味をつける。
  3. 温めたフライパンにオリーブオイルを引き、アサリとネギを入れ、フタをして蒸し焼きにする。
    アサリが開いたら、具材をいったん取り出す。
    再び同じフライパンで、エビとイカを炒める。具材をいったん取り出す。
  4. 3のフライパンで、焼きそば麺を炒める。ここにネギ・エビ・イカを戻してさらに炒め、仕上げに特製たらこソースで調味する。
  5. 4とアサリを皿に盛り、刻んだ大葉と温泉卵をトッピングしたらできあがり。

魚介の風味がいろいろ楽しめると、同店のスタッフに人気のまかないだそうです。

なお「特製たらこソース」は、密閉容器に入れれば、冷蔵庫で1週間は保存できます。

関連レシピ