じゃがいもモンブランのレシピ!マシュマロと牛乳を加えてクリーム風。

投稿日:2015年9月10日 更新日:

じゃがいもモンブラン

じゃがいもを使ったモンブランのレシピをご紹介します。
家事えもんこと、ジューシーズの松橋周太呂さんが考案した「じゃがいもモンブラン」のレシピです。

チョコアイスをスポンジに見立てて、その上をジャガイモとマシュマロのクリームで飾った、一風変わったモンブラン。
クリームは、甘さ控えめのスイートポテトのような味がします。

なお、実際に作ってみたところ、気づいた点が2つありますので、それらも合わせてお伝えします。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年9月10日放映)

家事えもんのモンブラン

「じゃがいもモンブラン」のレシピです。

調理のポイントは、2つあります。

1つは、ジャガイモの皮を少し厚めにむくこと。

もう1つは、ジャガイモを加熱する際のラップの包み方。
電子レンジでチンした後に、ラップで包んだままジャガイモを潰すので、ラップはふんわりと数回重ねて包みます。

これら2つのポイントをおさえると、なめらかなクリームが簡単に作れると、松橋さんはおっしゃいます。

材料

4人分
ジャガイモ 2個
マシュマロ 15個
牛乳 100ml
チョコアイス 400ml

作り方

  1. ジャガイモは、ピーラーで少し厚めに皮をむく。これをラップでふんわりと数回包む。電子レンジ(500w)で3分加熱する。
  2. 1にラップをしたままタオルをかぶせ、上から手で揉んでジャガイモを潰す。
  3. マシュマロと牛乳を耐熱ボールに入れ、ラップをせずにそのまま電子レンジ(500w)で1分加熱する。
    熱いうちによく混ぜる。
  4. 3に2を加えてよく混ぜる。
  5. チョコアイスを皿に盛る。その上に4を絞り、モンブランの形に仕上げたらできあがり。
    好みで栗の甘露煮(分量外)を1粒のせる。

じゃがいもを使った甘いおやつ

まず、実際に作ってみて、私が気づいた点を2つお伝えします。

ジャガイモの大きさ

1つは、ジャガイモの大きさについて。

私のサイトを訪れたある方によると、じゃがいもモンブランを作ってみたところ「クリームがゆるすぎた」とのこと。
松橋さんのレシピのジャガイモの分量は「2個」になっていますが、あまり小さいジャガイモを使うと、失敗するようです。

そこで私は、一般的に普通サイズとされる1個160gくらいのジャガイモを使いました。
ほど良い固さのクリームが出来ましたよ。

クリームのキメの細かさ

2つめは、クリームについて。

松橋さんのレシピでは、ジャガイモを手で潰してクリームを作ることになっていますが、このようにクリームを使うと、絞り袋を使ってクリームを絞ることは難しいです。

いくら手でジャガイモをしっかり潰しても、所詮は手仕事。ジャガイモの小さな粒が残っています。
私が持っているごく普通の大きさの6種類の口金では、粒が引っかかって、きれいにクリームを絞ることが出来ませんでした。

そこで、ちょっと手間ですが、私はクリームを裏ごししました。
冒頭の出来上がりの写真は、裏ごししたクリームで作ったモンブランです。

なお、クリームをスプーンなどでザックリ盛り付ける場合は、まったく問題ありません。


じゃがいもを電子レンジで加熱する

ここからは、写真をもとにレシピをご紹介します。

まず、ジャガイモの加熱法について。

ジャガイモは、上の写真のようにラップでかなりゆるめに数回包みます。

その理由は、加熱した後に、ラップを被せたままジャガイモを潰すから。

ジャガイモを潰すためのスペースをあらかじめ作り、潰したジャガイモがはみ出てしまわないように、2~3回しっかりと包みます。


レンチンしたじゃがいもを手で潰す

次に、ラップをしたままのアツアツのジャガイモにタオルを被せ、手で潰します。


手で潰したじゃがいも

これが潰し終えたジャガイモ。

かなりしっかり潰したつもりでも、手を使っての作業ですから、ジャガイモの粒々が少し残っています。


マシュマロと牛乳を電子レンジで加熱する

次に、マシュマロと牛乳を耐熱容器に入れ、そのまま電子レンジ(500W)で1分ほどチンします。


電子レンジで加熱したマシュマロと牛乳

加熱し終えたものをかき混ぜると、このようにマシュマロが完全に溶けます。

これに、潰したジャガイモを加えてよく混ぜます。

なお、ジャガイモを混ぜた瞬間はとてもゆるいので、一瞬「失敗した!」と思いますが、しばらく置いて冷ますと、適度な固さのクリームになります。

私はここで思い切り「失敗した!」と思い、動揺してしまったので、ジャガイモを混ぜたクリームの写真を撮り忘れました。


じゃがいもを裏ごしする

さて、ジャガイモクリームが冷めて程よく固まったら、チョコアイスを皿に盛り、その上にクリームを飾り付けます。

ここでクリームをザックリとスプーンなどで盛り付ける場合は、まったく問題はありません。
ジャガイモの粒々を敢えて残したクリームも、それはそれで美味しいとは思います。

ところが、先ほどもお伝えした通り、モンブランらしく絞り袋でクリームを絞りたい場合は、クリームをさらにきめ細かくする必要があります。

クリームの中に少し残ったジャガイモの粒々が、口金に引っかかって、出て来ないことがあるからです。
(大きな穴の口金だったら、問題ないかもしれません。私は、ごく普通の大きさの口金を使いました。)

そこで私は、上の写真のように、クリームを裏ごししました。
ちょっと面倒ですが、たとえ口金からクリームが出たとしても、裏ごしをした方がきれいに仕上がると思います。


裏ごししたじゃがいも

裏ごしすると、こんな感じのクリームになりました。

絞って飾りつけをするクリームとしては、適度な固さです。


じゃがいものモンブラン

できあがりは、このようになりました。

栗の甘露煮を飾る代わりに、ミントの葉を添えてみました。


じゃがいもモンブラン

実際にいただいてみたところ、クリームは、甘さ控えめのスイートポテトのような味がしました。
かなり素朴な味ですが、私はこのクリームの味がけっこう好きです。
色々なお菓子にいかせそうです。

ただ、チョコアイスと合わせてしまうと、地味なクリームが、チョコアイスの存在感に負けてしまいます。
チョコアイスに余計なクリームがのっているように感じられるので、それが少し残念だと思いました。

ちなみに夫は、まったく違った感想を語っていました。
彼によると、ジャガイモの味がチョコアイスに合わないとのこと。サツマイモの方がまだピッタリくると言っていました。

私は、松橋さんの料理が好きで自宅でよく作るのですが、今回は、正直ちょっとイマイチでした。
でも今まで作ったものは、どれもハズレは無かったですし、今回に関しても、お菓子を作るための良いヒントをいただいたと思います。

もしかしたら、松橋さんにもう少し突っ込んで聞いてみたら、私が気が付かなかった調理のコツが、いろいろとあるのかもしれませんね。

関連レシピ