ミシュラン日本料理店がすすめる、炊き込みご飯のレシピ。

投稿日:2015年9月14日 更新日:

炊き込みご飯

8年連続ミシュランの星を獲得した、日本料理の名店「割烹すずき」の店主・鈴木好次さんがすすめる、美味しい炊き込みご飯の作り方をご紹介します。

調理のポイントは、キノコの扱い方にあります。
キノコは、まず冷凍します。そして下味をつけずに炊飯器に入れます。

(一部情報元:TV「この差って何ですか?」2015年9月13日放映)

炊き込みご飯を上手に作るコツ

炊き込みご飯

鈴木さんによると、家庭で美味しい炊き込みご飯を作るポイントは2つあります。

美味しい炊き込みご飯を作るコツ
  1. キノコは洗わず、保存袋に入れて1時間半ほど冷凍する。
    そして下味をつけずに、凍ったまま炊飯器に入れる。
  2. ご飯に少量のモチ米を混ぜる。

鈴木さんによると、キノコは冷凍することで旨味が増して美味しくなります。
さらにキノコは、下味をつけずに凍ったまま炊きます。その方が、味わい深い炊き込みご飯に仕上がります。

またモチ米を少量加えることで、炊き込みご飯にもっちりとした食感を出します。
たとえば3合分の炊き込みご飯を作る場合は、ウルチ米3合のうち、大さじ3をモチ米にかえます。

以上のポイントを踏まえた上で、炊き込みご飯のレシピをまとめると、次のようになります。

プロがすすめる、炊き込みご飯のレシピ

鈴木さんがすすめる、家庭でもできる炊き込みご飯のレシピです。

材料
鶏もも肉
キノコ
ニンジン
銀杏
ウルチ米
モチ米
醤油・みりんなどの調味料
かつおダシ
三つ葉
作り方
  1. キノコは洗わず保存袋に入れ、1時間半ほど冷凍する。
  2. ニンジンは5ミリくらいのさいの目に、鶏肉は一口大に切る。
    これらを鍋に入れ、加熱しながら醤油・みりんで下味をつける。
  3. ウルチ米にモチ米を加えて研ぐ。
    醤油みりんなどの調味料・かつおダシ・凍ったままの1・2を加え、普通に炊く。
  4. 炊きあがったら、銀杏を加えてよく混ぜる。
    器に盛り、仕上げにさっと湯がいた三つ葉をのせたらできあがり。

分量などもなく、かなりざっくりしたレシピですが、自宅で炊き込みご飯を作る際に参考にしてください。

ところで先日このブログで、フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、炊き込みご飯の作り方を紹介しました。
水島さんも、鈴木さんと同じく、キノコを凍らせてから使うことを、美味しい炊き込みご飯を作るポイントに挙げています。

プロの間では、炊き込みご飯のキノコは、凍らせてから使うのが常識なのかもしれませんね。

なお水島さんは、凍らせたキノコを使う以外にも、氷を加えてご飯を炊くことをすすめています。
詳しくはコチラの記事をご覧ください。

関連レシピ