パンの達人がすすめる、クロワッサンを名店の味に変える方法。

投稿日:

クロワッサン

パンを年間2千個食べるという、パンの達人・片山智香子さんがすすめる、「自宅のクロワッサンを名店の味に変える方法」をご紹介します。

クロワッサンを使った「チョコクロワッサン」と「新食感フレンチトースト」のレシピと、クロワッサンをサクサクに焼き上げる方法です。

(一部情報元:TV「バイキング」ひるたつ 2015年9月15日放映)

クロワッサンをサクサクにする裏ワザ

クロワッサン

まずご紹介するのは、クロワッサンをサクサクにする方法です。

クロワッサンにグラニュー糖をかけ、アルミ箔で包んでオーブントースターで焼き上げます。

材料
クロワッサン
グラニュー糖
手順
  1. アルミ箔の上にクロワッサンをのせ、表面全体にグラニュー糖をまぶす。
    その上から霧吹きやハケで水をかけ、グラニュー糖をクロワッサンに馴染ませる。
  2. アルミ箔で隙間なくしっかり包み、オーブントースター(800w)で3分焼く。
  3. アルミ箔からクロワッサンを取り出し、そのまま3分置いたらできあがり。

加熱した後に3分置くことで、水分が程よく飛び、よりサクサク感が増します。

チョコクロワッサンの作り方

クロワッサン

次にご紹介するのは、「チョコクロワッサン」のレシピです。

クロワッサンに板チョコを挟んでアルミ箔で包み、オーブントースターで焼くだけで、表面はサクサク中はとろっとした、美味しい「チョコクロワッサン」が出来上がります。

材料
クロワッサン
板チョコ
作り方
  1. 水辺に2等分したクロワッサンに、板チョコを挟む。
  2. 1をアルミ箔で隙間なくしっかり包む。
  3. オーブントースター(800w)で3分加熱したらできあがり。

このクロワッサンを試食したタレントの坂上忍さんは、「これやばいよ。本当に美味しい。」と絶賛していました。
とろとろに溶けたチョコレートが、サクサクとした生地ととても良く合うようですよ。

好みでマシュマロを挟んだり、シナモンをふっても美味しいようです。

クロワッサンで作るフレンチトースト

最後にご紹介するのは、クロワッサンで作る新食感フレンチトーストです。

クロワッサンは生地の隙間が多いので、卵液が少なくて済む上に、卵液を素早く吸収するので時短になります。

材料【2個分】
クロワッサン 2個
1/3個
砂糖 大さじ1
牛乳 30cc
作り方
  1. 卵・砂糖・牛乳をボールに入れ、よく混ぜる。
  2. クロワッサンは水平に2等分する。
  3. 2を1に浸す。
  4. フライパンを温め、中火で3分ほど焦げ目がつくまで焼いたら、できあがり。

クロワッサンの味と食感をいかした、サクサクふわふわなフレンチトーストができあがります。

なおフライパンで焼く際には、一般的にはバターを引きますが、クロワッサン生地にバターがたっぷり使われているので、要らないようです。

ところで片山さんによると、クロワッサンの本場・フランスの朝食をまねて、クロワッサンをカフェオーレにつけて食べるのもおすすめとか。
カフェオーレの苦みとクロワッサンの甘みがマッチして、とても美味しいそうです。

最後に片山さんがすすめる、「一生に一度は食べておきたい クロワッサン ベスト3」を簡単にご紹介します。
3店舗とも、東京にあります。

絶品クロワッサン ベスト3
  1. 自由が丘にあるリチュエルの「クロワッサン」
  2. 東京・麹町にあるル・グルニエ・ア・パンの「クロワッサン」
  3. 東京・広尾にあるザ・シティ・ベーカリーの「プレッツェルクロワッサン」

1位と2位のクロワッサンは、軽くてサクサクとした食感が特徴で、3位は、コシのあるモチモチっとした食感が楽しめるそうですよ。

関連レシピ