家事えもんのミルフィーユのレシピ。油揚げとプリンで作ります。

投稿日:2015年9月17日 更新日:

簡単ミルフィーユ

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案したミルフィーユのレシピをご紹介します。

「サクサクパイの濃厚ミルフィーユ」です。

このミルフィーユは、とてもユニークな超時短レシピになっています。

パイ生地を油揚げで、カスタードクリームをプリンで代用します。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年9月17日放映)

ミルフィーユの簡単な作り方

ミルフィーユ

「サクサクパイの濃厚ミルフィーユ」のレシピです。

材料【3個分:調理時間15分】
油揚げ 1枚
プリン 1個
イチゴジャム 小さじ2
バター 適量
砂糖 適量
ハチミツ 適量
粉糖 適量
作り方
  1. 【油揚げの油抜きをする】油揚げをキッチンペーパーで挟み、ラップをせずに電子レンジで20秒加熱する。
  2. 油揚げの袋状に重なった上下を2つに切り離し、さらにそれぞれを6等分する。(下の写真を参考にしてください。)
    合計12枚の小さな油揚げを裏返し、バターに砂糖を混ぜたものを塗る。
  3. 2をクッキングシートを敷いた天板の上に並べ、180度に温めたオーブンで7~8分焼く。
  4. プリンは泡立て器で混ぜてクリーム状にする。
  5. 皿にハチミツを細く垂らして飾り、その上に3を1枚のせる。さらにその上に4を適量のせる。そしてイチゴジャムを中央に少しのせる。これを合計3回繰り返す。
    最後に3をのせ、仕上げに粉糖をかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

油揚げを使ったミルフィーユの作り方

ミルフィーユの作り方
【工程1・2】
まず油揚げをレンジを使って軽く油抜きします。
油揚げ(1枚)をキッチンペーパーで挟み、ラップをせずにレンジで20秒加熱します。

そして袋状に重なった油揚げの上下を2つに切り離し、さらにそれぞれを、上の写真のように6等分します。
1枚の油揚げを、合計12枚に切り分けます。

さらにこれらをすべて裏返し、バター(適量)に砂糖(適量)を混ぜたものを塗ります。


ミルフィーユの作り方
【工程3】
続いて180度に温めたオーブンで、油揚げを7~8分焼きます。上の写真は焼き上がりです。

これがパイ生地の代わりになります。
油揚げを焼くと、サクサクしたスナック菓子のような食感になります。


松橋 ミルフィーユ
【工程4】
次にプリン(1個)を泡立て器でかき混ぜて、クリーム状にします。

これがカスタードクリームの代わりになります。


ミルフィーユの作り方
【工程5】
あとは油揚げとクリームを層状に重ねるだけです。

油揚げの上にクリームをのせ、さらにその上にイチゴジャムを少量をのせます。(上の写真)

これを3回繰り返し、最後に油揚げをのせます。


ミルフィーユの作り方
仕上げに、粉糖(適量)をふりかけたら出来上がり。


ミルフィーユの作り方
完成したミルフィーユはイチゴジャムの酸味がけっこう効いていて、油揚げの味はあまり分かりません。

ただ油揚げの食感がイマイチです。
オーブンで焼き上げた直後はサクサクしていましたが、ちょっと置くだけで、すぐにプリン&ジャムで湿ってしまい、油揚げ独特の切れの悪い食感に戻ってしまいます。

情報元のテレビ番組では、このミルフィーユは「本物のミルフィーユのようだ」と絶賛されていましたが、私は、ミルフィーユと呼ぶには、正直いまひとつかなと思います。
でもアイデアは面白いですし、ちょっと変わったお菓子作りの参考になると思います。

ところで当サイトでは、家事えもんのレシピを100品近く紹介しています。
それらをまとめた「家事えもんの人気レシピまとめ」も合わせて是非ご覧ください。

関連レシピ