里芋で作るスイーツのレシピ。揚げない揚げまんじゅう。

投稿日:2015年10月9日 更新日:

里芋の揚げまんじゅう

里芋で作るちょっと変わったスイーツのレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「油で揚げない揚げまんじゅう」です。

その名の通り、揚げずにオーブンで焼き上げます。

和と洋のエッセンスが合わさった面白いスイーツで、里芋とチョコレートのとろっとした舌触りと、表面にまぶしたクッキーのサクッとした歯応えがとてもいいですよ。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年10月8日放映)

里芋の揚げまんじゅうの作り方

里芋の揚げまんじゅう

「油で揚げない揚げまんじゅう」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【6個分:調理時間15分】
里芋 170g
クッキー 11枚
ハチミツ 大さじ1
板チョコ 40g
作り方
  1. 里芋は皮をむき、ラップでふんわりと数回包む。電子レンジ(600w)で4分加熱する。
  2. ラップをしたままの1に、タオルをかぶせる。上から手で揉み、里芋を潰す。
  3. クッキー6枚を保存袋に入れ、上から叩いて細かく砕く。
  4. 残りのクッキー5枚は、別の保存袋に入れ、少し粗めに砕く。
  5. 3の袋に2とハチミツを入れ、手でよく混ぜる。さらに袋の角を少し切り、絞り袋にする。
  6. 5の絞り袋から生地を1個分ずつ(合計6個)ラップの上に絞り出し、それぞれを平たい円形にする。その上に刻んだ板チョコをのせる。
    ラップを使って生地でチョコを包み、まんじゅうの形にする。表面に4をまぶす。
  7. 200度に温めたオーブンで5分焼いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

里芋の揚げまんじゅうの作り方

里芋の揚げまんじゅう

まず里芋(170g)の皮をむき、ラップでふんわりと数回包みます。(上の写真)
あとでラップをしたまま里芋を潰すので、ラップのかけ方に余裕を持たせます。

そして電子レンジ(600w)で4分加熱します。

※写真はすべてレシピの半量で作っていますが、説明はレシピ通りの分量でします。


里芋の揚げまんじゅう

レンジで4分チンしたら、上の写真のようにラップをしたままの里芋にタオルをかぶせ、上から手で揉んで潰します。

大きな塊が残らないように、ここでしっかり潰しておいた方が、仕上がりがきれいです。


里芋の揚げまんじゅう

次にクッキー(6枚)を保存袋に入れ、上から叩いて細かく潰します。


里芋の揚げまんじゅう

続いて別の保存袋に、残りのクッキー(5枚)を入れ、こちらは少し粗めに砕きます。


里芋の揚げまんじゅう

そして細かく砕いた方のクッキーの袋に、潰した里芋とハチミツ(大さじ1)を加え、手でよく揉んで混ぜます。


里芋の揚げまんじゅう

次に保存袋の角を少し切り、ラップの上に、里芋の生地を1個分ずつ(合計6個分)絞り出します。


里芋の揚げまんじゅう

レシピ通りに作ると、まんじゅうが6個できます。ですからラップを6枚用意して、その上に6等分した生地をのせます。

さらに生地を平たい円形にし、その上に刻んだチョコ(40g)をのせます。(上の写真)

そしてラップを使って、里芋の生地でチョコを包みながら丸めます。


里芋の揚げまんじゅう

まんじゅうの形にしたら、粗めに潰したクッキーを表面にまぶします。

生地にクッキーを押し込むようにたっぷりつけると、出来上がりの食感が良くなります。


里芋の揚げまんじゅう

最後にオーブンシートを敷いた天板の上に並べ、200度に温めたオーブンで5分焼いたら完成です。


里芋の揚げまんじゅう

できあがり。

里芋の揚げまんじゅう

出来上がった揚げまんじゅうは、食感がとても印象的です。

中身の里芋とチョコレートのとろっとした舌触りと、表面にまぶしたクッキーのサクッとした歯応えがとてもいいです。
こんなユニークな食感のお菓子は、私はこれまで食べたことがありません。

お味の方もけっこうイケます。
正直言うと、味はあまり期待をしていなかったのですが、実際に食べてみたら好きになりました。
ちなみに里芋の味はまったくしません。

クッキーに使われているバターの風味がいかされており、チョコの味も強いので、まんじゅうとは言え、全体的には洋菓子っぽいです。
ただ里芋のねっとりとした食感は、やはり何となく和っぽいので、洋の中に和が入り混じった感じもします。
変わっていますが、それでいてけっこうしっくり来る味です。

出来上がりをしばらく置くと、表面のサクサク感が失われてしまうので、作ったらなるべく早めに食べることをおすすめします。

関連レシピ