カップ焼きそばのアレンジレシピ。生麺のようなモチモチにする裏ワザ。

投稿日:2015年10月15日 更新日:

カップ焼きそば アレンジ

カップ焼きそばを、生麺のようなモチモチの食感に変える裏ワザをご紹介します。

表示よりも1分早く湯切りし、電子レンジで水分を飛ばします。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」坂上忍の生活に役立つ裏ワザ 2015年10月15日放映)

カップ焼きそばを美味しく食べる方法

カップ焼きそば アレンジ

カップ焼きそばをモチモチの食感に変えるには、表示よりも1分早く湯切りし、電子レンジで水分を飛ばします。

材料
カップ焼きそば 1パック
手順
  1. カップ麺に通常通りに湯を入れ、表示よりも1分短い時間で湯切りする。
  2. 麺を皿に移し、ラップをせずに電子レンジ(500w)で2分加熱する。
  3. 付属のソースなどをかけて混ぜたら、できあがり。

カップ焼きそば アレンジ
パッケージに「湯切り3分」と表示されている場合は、それよりも1分短い「2分」で湯切りします。

そして麺を皿に移し、ラップをせずにそのまま電子レンジ(500w)で2分加熱します。


カップ焼きそば アレンジ
付属のソースをかけて混ぜたら、できあがりです。

ごく一般的な方法で焼きそばを作ると、麺がべちゃっとしがちですが、このようにすると、麺がモッチリとした食感に変わります。

でもなぜレンジで加熱するだけで、食感が変化するのでしょうか?

その理由は、麺に残った水分量の違いにあるようです。

普通の方法で焼きそばを作ると、しっかり湯切りしたつもりでも、余分な水分が麺に残ってしまいます。
でも電子レンジで加熱すると、その余分な水分が飛ぶので、モッチリとした麺に仕上がるというわけです。

麺の食感の違いがよく分かるので面白いですよ。是非お試しください。

関連レシピ