ポテチのアレンジレシピ。超簡単ポテトチップス餃子の作り方。

投稿日:2015年11月12日 更新日:

ポテチアレンジ

餃子の超簡単レシピをご紹介します。

「ポテトチップス餃子」です。

塩水に漬けてしんなりさせたポテトチップスを、餃子の皮として使います。

ポテチの皮は、ごく一般的な小麦粉で作った皮と違い、適当に焼いても、表面がサクっとした食感に仕上がりますよ。

ポテトチップスのアレンジレシピ

ポテトチップスアレンジ餃子

「ポテトチップス餃子」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【6個分:調理時間10分/置く時間除く】
ポテトチップス(※1) 12枚
塩水(※2) 適量
ゴマ油 適量
豚ひき肉 100gくらい
キャベツ 1枚
ニラ 1~2本
おろしショウガ 適量
おろしニンニク 適量
オイスターソース 適量
適量

※1 形が崩れていないもので、うす塩味を使用。
※2 水(2カップ)と塩(大さじ1)を混ぜて作る。

作り方
  1. ポテトチップスをバットに並べ、ひたひたくらいの塩水を注ぐ。
    ポテトチップスがしんなりするまで、10分ほど置く。
  2. キャベツとニラをみじん切りにする。
    餡の材料すべてをよく混ぜる。
  3. 1のポテトチップスをキッチンペーパーで挟み、水気を取る。
  4. ポテトチップス(2枚)で、2(適量)を挟む。合計6個の餃子ができる。
  5. 温めたフライパンにゴマ油を引き、4の両面を2分ずつ焼く。餡に火が通り、焼き色がついたできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ポテチアレンジ餃子

ポテトチップスを塩水につける

まずポテトチップス(12枚)を塩水(適量)に浸します。

水ではなく塩水にする理由は、ポテトチップスを柔らかくしつつ、塩味を染みこませるためです。
触った時に、本物の餃子の皮くらいしんなりするまで、10分ほど塩水に漬けます。

ちなみに塩水は、水(2カップ)に塩(大さじ1)を混ぜて作ります。


ポテトチップスの水気を拭き取る

ポテチが柔らかくなったら、キッチンペーパーで水気を取ります。


ポテトチップスを餃子の皮に見立てる

次に餃子の餡を用意します。

餡はお好みで、冷蔵庫の有り合わせで作っても良いと思います。
私はニラの代わりに長ネギを使い、醤油を少し足しました。


ポテチアレンジ餃子の包み方

そしてポテトチップス2枚で、餃子の餡を挟みます。


ポテトチップスアレンジ餃子の焼き方

続いて餃子を焼きます。

焼き方はとても簡単です。

温めたフライパンにゴマ油(適量)を引き、ポテチ餃子を並べます。
ひき肉に火が通り、表面に焼色がついたら完成です。


ポテトチップスアレンジ餃子

ポテチで作った皮は、ごく一般的な小麦粉で作った皮と違い、適当に焼いても、表面がサクっとした食感に仕上がります。
水に漬けてしんなりさせたポテチですが、焼くことで、元の食感が少し戻る感じです。

情報元のテレビ番組でこの餃子を試食した、タレントの有吉弘行さんは、「ポテトチップス全体が、餃子のハネのような食感になる。美味しい!」とおっしゃっていましたが、その通りに焼き上がりました。


餃子 ポテトチップス

餃子の餡にポテトの風味が加わり、ちょっと洋風な餃子ができますよ。

(一部情報元:フジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」3分クッキング 2015年11月10日放映)


ポテチアレンジレシピあと1品

最後に、ポテチを使った料理のおすすめレシピをあともう1品ご紹介します。

ポテトチップスアレンジとんかつ

揚げない代わりにポテトチップスを砕いたものをソースに加え、食べ応えを出します。
ポテトチップスを加えると、とんかつのようなコクと旨味が加わって、美味しくなります。

調理時間は15分。リンク先も合わせてご覧ください。

15分
豚こま切れ肉コショウパン粉バターポテトチップスウスターソースカラシレタスキュウリ玉ネギ

作り方を見る

関連レシピ