包まない餃子のレシピ。平野レミさんの食べれば餃子。

投稿日:2015年11月16日 更新日:

食べれば餃子

料理研究家の平野レミさんが考案した、包まないで作る「餃子」のレシピをご紹介します。

「食べれば餃子」です。

餃子の皮1枚1枚で餡を包むのではなく、数枚の皮をフライパンに並べ、1枚の大きな皮を作り、餡を挟んで焼き上げます。

(一部情報元:TBSテレビ「あさチャン!」2015年11月16日放映)

食べれば餃子の作り方

食べれば餃子

「食べれば餃子」のレシピです。

餡は、木綿豆腐を加え、柔らかく仕上げます。
また味付けに使うのは、粉末だしだけです。

材料【調理時間25分】
豚バラ薄切り肉
木綿豆腐(※1)
白すりゴマ
長ネギ
ニンニク
粉末だし(※2)
餃子の皮
小麦粉
サラダ油
(パクチー)

※1 見た目で、豚肉と同量くらいを使用。
※2 レミさんが監修した「わたしの和だし」を使っていました。

作り方
  1. 豚肉は包丁で細かく刻み、ミンチにする。ニンニクは潰してみじん切りにする。長ネギはみじん切りにする。
  2. 豚肉・ニンニク・長ネギ・木綿豆腐・白すりゴマを加え、よく混ぜる。これに粉末だしを加え、味付けする。
  3. 冷たい状態のフライパンにサラダ油を引き、餃子の皮を少し重ねながら隙間ができないように並べる。
    皮の上に小麦粉をまぶす。
    さらに2をのせ、再び小麦粉をまぶす。最後に餃子の皮で全体を覆う。
    両面をこんがり焼いたらできあがり。
    彩りにパクチーを添える。

あっと言う間にできる、超簡単な餃子のレシピです。

ところでレミさんは、この餃子の他にも「食べれば◯◯」というメニュー名のお料理を、たくさん考案しています。

たとえば、「食べればコロッケ」や「食べればカツサンド」、そして「食べれば肉じゃが」など。

これらはどれも、子育てが忙しかった時期のレミさんが考えついた、時短レシピだそうです。

ちなみに私は3品すべてを作りましたが、どれも本物よりもずっと簡単に作れるのに、同じくらいの満足感がある、美味しいお料理でしたよ。

関連レシピ