平野レミさんの茹でないパスタのレシピ。ワンポットパスタ。

投稿日:2015年11月20日 更新日:

茹でないパスタのレシピ

料理研究家の平野レミさんが考案した「茹でないパスタ」のレシピをご紹介します。

パスタは別の鍋で茹でずに、トマト・カブ・チョリソーといった具材と一緒にフライパンで火を通します。

調理時間は8分。
洗い物が少なくて済みますよ。

(一部情報元:TBSテレビ「サワコの朝」2015年11月21日放映)

茹でないパスタの作り方

茹でないパスタ

「茹でないパスタ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間8分】
パスタ(フェデリーニ1.4mm) 140g
チョリソー 3本(75g)
カブ 2個(190g)
完熟トマト 中1個(150g)
ニンニク 1片
和風粉末だし(※) 1袋(8g)
2.5カップ弱
燻製バター 20g
醤油 大さじ1/2
柚子コショウ 適量

※レミさんは、ご自身が監修した「わたしの和だし」を使っていました。

作り方
  1. トマトは半分に切る。カブとチョリソーは食べやすい大きさに切る。ニンニクは潰す。
  2. トマト・カブ・チョリソー・和風だし・水をフライパンに入れ、強火にかけて煮立たせる。
  3. パスタを半分に折って2に入れ、フタをして中火で7分加熱する。
  4. トマトの皮を取り除く。水分がなくなってきたら、バターと醤油を加える。
  5. 4を皿に盛り、カブの葉を飾り、柚子胡椒を添えたらできあがり。

調理のポイントは2つあります。

1つは、具材とパスタを一緒にフライパンで加熱すること。

2つめは、トマトを皮つきのまま加え、柔らかくなったら、フライパンの中で湯むきすることです。

茹でないパスタ
パスタは、レシピ通りの茹で時間で、ちょうど良いかたさに仕上がります。

レミさんによると、このパスタは、柚子胡椒が良い感じのアクセントになるとのこと。
実際に作ってみて、柚子胡椒の効果が良く分かりました。

というのは、カブの優しい風味とチョリソーの刺激的な辛さが、かなりかけ離れた味であるにも関わらず、それらを柚子胡椒が上手くまとめてくれるからです。
もちろんバターと醤油の風味も、まとめ係として一役買っていますが、それら以上に柚子胡椒が上手く一体感を出しています。

全体的にはさっぱりとしていますが、その中に食材それぞれの主張があって、とても面白いパスタですよ。

ところで当サイトでは、レミさんの茹でないパスタをあともう1品紹介しています。
すい鶏パスタ」です。
鶏肉やトマトやズッキーニを具材にしたパスタで、今回ご紹介したパスタと同じく、柚子胡椒の風味がアクセントになっています。こちらもおすすめです。

またテレビで話題になったパスタ料理を取り上げた「パスタの人気レシピ34品まとめ」でも、レミさんのお料理を紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連レシピ