パエリアの簡単レシピ。みきママの10分でフライパンパエリア。

投稿日:2015年11月30日 更新日:

パエリアのフライパンを使った簡単レシピ

フライパンを使ったパエリアの超時短レシピをご紹介します。

おうち料理研究家のみきママが考案した「パエリア」です。

ごく一般的なパエリアは生米を使って作りますが、このパエリアは炊き上がったご飯を使うので、調理時間はたったの10分です。

また高価なサフランの代わりにカレー粉を使い、サバ缶を具材にするので、材料費の節約もできます。

ほのかなカレーの風味とサバの旨味がマッチした、優しい味わいのパエリアが出来ますよ。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」坂上忍&みきママの時短・簡単・節約晩ごはん 2015年12月2日放映)

フライパンパエリアの作り方

簡単パエリア

「パエリア」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分:調理時間10分】
サバの水煮缶 1缶(190g)
パプリカ 1/2個
玉ネギ 1/2個
ご飯 茶わん4杯分(800g)
オリーブオイル 大さじ3
おろしニンニク 小さじ2
レモン 1個
パセリ 適量
A
顆粒洋風ダシ 大さじ1と1/2
カレー粉 大さじ1と1/2
白ワイン(酒でも可) 大さじ2
小さじ1/2
作り方
  1. 玉ネギとパセリはみじん切りにする。パプリカとレモンはくし切りにして8等分する。
  2. オリーブオイル(大さじ1)とパプリカをフライパン(26センチを使用)に入れ、フタをして強火で1分蒸し焼きにする。火が通ったら皿に取り出す。
  3. 2のフライパンに玉ネギ・おろしニンニク・オリーブオイル(大さじ2)を入れ、強火で炒める。
    さらにサバ缶の汁とAを加え、強火で水気を飛ばすように炒める。
    最後にご飯を加え、3分ほど切るようにして炒め、パラパラにする。
  4. ご飯を平らにならし、サバ缶の身・パプリカ・レモンを盛りつける。
    仕上げにパセリを散らしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

パエリアの作り方

【工程1】
まず玉ネギ(1/2個)とパセリ(適量)をみじん切りにします。
そしてパプリカ(1/2個)とレモン(1個)をくし切りにし、8等分します。


パエリアの作り方
【工程2】
次にフライパンにオリーブオイル(大さじ1)とパプリカ(1/2個)を入れ、フタをして強火で1分蒸し焼きにします。
火が通ったら、皿に取り出します。

ちなみに写真は、すべてレシピの半量で調理していますが、説明はレシピ通りにします。


パエリアの作り方
【工程3】
続いてパプリカを炒めたフライパンに、玉ネギ(1/2個)・おろしニンニク(小さじ2)・オリーブオイル(大さじ2)を入れ、強火で炒めます。


パエリアの作り方
さらにサバ缶の汁(1缶分)とA(顆粒洋風ダシ:大さじ1と1/2、カレー粉:大さじ1と1/2、白ワイン:大さじ2、塩:小さじ1/2)を加え、強火で水気を飛ばすように加熱します。


パエリアの作り方
そしてご飯(800g)を加え、3分ほど切るようにして炒めます。


パエリアの作り方
【工程4】
ご飯を平らにならし、サバ缶の身(1缶分)・パプリカ(1/2個)・レモン(1個)を盛り付けます。

仕上げにパセリ(適量)を散らしたら完成です。


パエリアの作り方
ほのかなカレーの風味とレモンの酸味が、サバの旨味とマッチして、とても美味しいです。
レモンを絞って食べるのがおすすめですよ。

みきママによると、カレー粉で風味づけすると、サバ嫌いな子供でも食べやすいとのこと。
サバのクセっぽさはまったく無く、全体的にさっぱりとした優しい味に仕上がります。

このパエリアを試食したタレントの坂上忍さんは、「最強に旨い!」と絶賛していました。


パエリアの作り方
炊いたご飯をチャーハンのように炒めるだけですが、出来上がりはちゃんとパエリアっぽいです。

見た目がきれいなので、パーティー料理などにもおすすめです。

ところで当サイトでは、みきママのお料理を他にもたくさん紹介しています。
その中でも特に人気があるレシピを100品近くまとめた「みきママの人気レシピまとめ」も合わせてご覧ください。

関連レシピ