お好み焼きのレシピ。小麦粉なしでキャベツたっぷり!レンジで7分。

お好み焼きの小麦粉なしレシピ

お好み焼きの簡単レシピをご紹介します。
おうち料理研究家の藤原美樹さんが考案した「お好み焼き」です。

このお好み焼きの特徴は3つあります。

1つめは、小麦粉を使わないこと。
卵だけで生地を作るので、ふわふわの食感に仕上がります。
ごく普通の小麦粉を使ったお好み焼きとくらべ、糖質を大幅にカットできるので、ダイエットにも向いています。

2つめは、鉄板やフライパンで焼くのではなく、電子レンジでチンすること。
洗い物も減らせます。

3つめは、お好み焼きに「明石焼き風だし」を添えること。
ソースとマヨネーズと青のりのトッピングに加え、明石焼き風のだしを添えることで、風味をよりアップさせます。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」時短・簡単・節約晩ごはん 2015年12月3日放映)

材料

4人分:調理時間13分
A
キャベツ 1/4個(300g)
3個
かつおだしの素 小さじ2
天かす 大さじ4
明石焼き風だし
かつおだしの素 小さじ1/2
昆布だしの素 小さじ1/2
みりん 小さじ1/2
200cc
トッピング
お好み焼きソース 適量
マヨネーズ 適量
青のり 適量

作り方

  1. キャベツは千切りにする。
  2. Aの材料すべてを耐熱皿(内径22×高さ5センチくらいの大きさ)に入れ、よく混ぜる。
    ラップをして電子レンジ(600w)で7分加熱する。
  3. Bを小鍋に入れ、さっと煮立たせる。
  4. 2にお好み焼きソースとマヨネーズをかけ、青のりをトッピングしたらできあがり。3をつけていただく。

写真をもとにレシピを説明します。

お好み焼きの材料を混ぜる

まず、キャベツ(1/4個)を千切りにします。
そして、A(キャベツ・卵3個・かつおだしの素小さじ2・天かす大さじ4)を耐熱皿に入れ、よく混ぜます。

耐熱皿は、内径22センチ高さ5センチくらいの少し深めが使いやすいようです。
私は適当な大きさのものが無かったので、高さが3センチ程度の皿で代用しました。


お好み焼きの材料をレンジで加熱する

具材がしっかり混ざったら、ラップをして電子レンジ(600w)で7分加熱します。


お好み焼きの生地

7分後はキャベツがしんなりして、卵がふんわりと固まります。

これでお好み焼きの生地は完成です。

生地を混ぜるボールを使わないので、洗い物がラクですよ。


明石焼き風のだしを作る

次に、明石焼き風のだしを作ります。
かつおだしの素(小さじ1/2)・昆布だしの素(小さじ1/2)・みりん(小さじ1/2)・水(200cc)を小鍋に入れ、煮立たせます。
これでだしは完成です。

火を使うのが面倒な場合は、この工程も電子レンジに頼っても良いと思います。


小麦粉なしのお好み焼き

最後に、焼き上がった生地にお好み焼きソース(適量)とマヨネーズ(適量)をかけ、青のり(適量)をトッピングします。

明石焼き風のだしを添えたら完成です。


小麦粉なしのお好み焼き

キャベツをたっぷり使ったヘルシーなお好み焼きができます。
生地のほとんどはキャベツ。少量の卵が繋ぎになっています。

フワッとした卵の中に、シャキシャキっとしたキャベツの食感がいいですよ。


小麦粉なしのお好み焼き

このお好み焼きは、味付けもちょっと変わっています。

ごく普通のお好み焼きのように、まずはソースとマヨネーズと青のりをトッピングし、さらに「明石焼き風のだし」をつけていただきます。

作る前には「明石焼き風のだし」が邪道ではないかと思いましたが、実際に試してみると、ふわふわの卵とだしの相性が良くとても美味しいですよ。

YouTubeのレシピ動画を、最新から順番に時系列でご覧いただけます。

関連レシピ