グラタンパンの超簡単レシピ。発酵時間はわずか10分。

投稿日:2015年12月3日 更新日:

グラタンパン

グラタンパンの超簡単レシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「ふんわりトロトロの クリームグラタンパン」です。

鶏ムネ肉とインゲンを具材にしたグラタンパンで、フライパンで焼き上げます。

またパン生地は、わずか10分で発酵を終わらせ、ホワイトソースは、コーンスープの素・牛乳・とろけるチーズで手軽に作ります。

調理時間はトータルでたったの30分です。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2015年12月3日放映)

クリームグラタンパンの作り方

グラタンパン

「ふんわりトロトロのクリームグラタンパン」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【6個分:調理時間30分】
鶏ムネ肉 150g
インゲン 4本
オリーブオイル 大さじ1/2
塩・コショウ 少々
コーンスープの素 2袋
牛乳 大さじ4
とろけるチーズ 60g
バター 適量
パン生地
強力粉 300g
砂糖 25g
3g
ドライイースト 3g
180~200ml
作り方
  1. 【パン生地を作る】ボールに強力粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れ、少しずつ水を注ぎながら手で混ぜる。(生地の様子を見ながら、水の量を加減する。)生地がまとまるまで5分ほど手でこねる。
    生地をラップで包み、常温で10分寝かせる。
  2. 【グラタンを作る】鶏ムネ肉は、肉の繊維を垂直に断ち切るように一口大に切る。インゲンは電子レンジで1分加熱し、1センチ幅に切る。
    温めたフライパンにオリーブオイルを引き、鶏肉を炒める。塩・コショウで味付けし、インゲンを加えてさっと炒める。皿に取り出し、粗熱を取る。
    ボールにコーンスープの素・牛乳・炒めた鶏肉&インゲンを入れ、よく混ぜる。
  3. 【パン生地でグラタンを包む】パン生地をこねながらガス抜きをし、6等分して丸める。めん棒(ラップの芯で代用可)で伸ばす。
    グラタンを6等分したものと、とろけるチーズ(10g)を、パン生地(1個分)で包む。
  4. 【パンを焼く】温めたフライパンにバターを引き、3を並べる。片面を弱火で10分焼き、ひっくり返してフタをして、もう片面を10分蒸し焼きにしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

クリームグラタンパンの作り方

グラタンパンの作り方

【工程1:パン生地作り】

まず強力粉(300g)・砂糖(25g)・塩(3g)・ドライイースト(3g)をボールに入れ、水(180〜200ml)を少しずつを注ぎながら手で混ぜます。

水の量は180~200mlの間で調整してください。
生地がまとまりそうになったら、そこで水を加えるのを止めます。

【調理のポイント】
このパン生地はバターを使いません。

バターには発酵を抑制する働きがあるので、バターを生地に加えないことで、通常1時間以上かかる発酵の過程を、わずか10分に短縮します。


グラタンパンの作り方

次に生地を5分ほど手でこねます。


グラタンパンの作り方

そして生地をラップで包み、常温で10分ほど寝かせます。


グラタンパンの作り方

【工程2:グラタン作り】
パン生地を寝かしている間に、パンの中に入れるグラタンを作ります。

まず鶏ムネ肉(150g)を、繊維を垂直に断ち切るようにして、食べやすい大きさに切ります。

ちなみにムネ肉1枚を繊維の向きで分けると、上の写真のように3つのパーツに別れます。
繊維の入り方を気にしながら、食べやすい大きさに切ってください。

【調理のポイント】
鶏ムネ肉は、繊維を垂直に断ち切るように切り分けると、加熱しても柔らかい食感に仕上がりやすくなります。

グラタンパンの作り方

次にインゲン(4本)をあらかじめ電子レンジで1分加熱し、1センチ幅に切ります。


グラタンパンの作り方

続いて鶏肉とインゲンを炒めます。

温めたフライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を引き、最初に鶏肉を炒めます。

そして塩・コショウ(各少々)で味付けし、インゲンを加えてさっと炒めます。
火が通ったらそのまましばらく冷まし、粗熱を取ります。


グラタンパンの作り方

次にコーンスープの素(2袋)・牛乳(大さじ4)・炒めた鶏肉&インゲンをボールに入れ、よく混ぜたらグラタンの完成です。


グラタンパンの作り方

【工程3:パン生地でグラタンを包む】

パン生地の発酵が終わってグラタンが出来たら、パンを成形します。

まずパン生地を軽くこね、ガス抜きをします。
そして6等分し、それぞれを丸めます。

次にめん棒を使って、生地を伸ばします。
めん棒が無い場合は、ラップの芯で代用できます。


グラタンパンの作り方

パン生地を伸ばしたら、パン生地1個分の上に、グラタン(1/6量)とチーズ(10g)をのせて包みます。

【調理のポイント】
コーンスープの素と牛乳で作ったグラタンに、ととろけるチーズを合わせると、よりグラタンらしいとろっとした食感と味が出せます。

グラタンパンの作り方

具材を入れると、1個が直径6~7センチくらいの大きさになります。


グラタンパンの作り方

【工程4:パンを焼く】
次に温めたフライパンにバター(適量)を引き、片面を弱火で10分焼きます。


グラタンパンの作り方

片面がこんがり焼けたらひっくり返し、今度はフタをして10分蒸し焼きにします。

パン生地の側面は火が通りにくいので、まわりを触ってパンらしい膨らみが感じられるまで、弱火で気長に焼いてください。


グラタンパンの作り方

お皿に盛ったらできあがり。


グラタンパンの作り方

発酵時間はとても短いのですが、パン生地はちゃんと膨らみます。

ただ発酵時間をしっかり設けたパンとくらべると、少し重たい感じはあります。
おやきみたいな、どっしりとしたパンです。
1つ食べるだけでも満腹感がありますよ。

食感は外はカリッと硬めに、中はモチっと柔らかく仕上がります。

グラタンパンの作り方

中身のグラタンは、コーンスープの素の甘みとチーズのコクが印象的で、子供も好みそうな親しみやすい味がします。とても美味しいですよ。

ところでこのパン生地は発酵の過程を省いているので、半日くらい置くと硬くなってしまいます。ですから出来たてのアツアツを一気に食べ切るのがおすすめです。
止むを得ず残った場合は、アルミホイルでぴったり包んでグリルなどで温め直すと、食べやすくなります。

最後に家事えもんのレシピを紹介します。
当サイトでは、家事えもんのお料理をいろいろ紹介しています。
その中でも特に人気があるレシピを100品近くまとめた「家事えもんの人気レシピまとめ」も合わせてご覧ください。

関連レシピ