やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

水島弘史シェフの、ぶり大根のレシピ。煮ないで作ります。

投稿日:2015年12月6日 更新日:

フレンチの水島弘史シェフが考案した「ブリ大根」のレシピをご紹介します。

ごく一般的なブリ大根は、ひたひたの煮汁でブリと大根を煮ますが、水島流の「ブリ大根」は、煮ないで作ります。

ブリと大根をさっと下茹でしたら、調味料と一緒にポリ袋に入れ、しばらく置いて味を染み込ませます。

ブリの食感はふんわりと柔らかく、中まで味がしっかり染みますよ。

ちなみに水島さんは、科学的な視点に基づいた「低温(弱火)調理法」を家庭料理にいかす方法を提案している方で、その斬新な調理法は、テレビなどでもよく話題になります。

このブリ大根も低温で調理します。

(一部情報元:日本テレビ「シューイチ」水島シェフの科学的調理法 2015年12月6日放映)

ぶり大根の作り方

「ブリ大根」のレシピです。

このお料理の調理時間は、具材に味を染み込ませる時間(1時間)を除くと25分くらいです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間25分】
ブリの切り身 2枚(200g)
大根 250g
ショウガ 適量
日本酒 40g
醤油 25g
砂糖 20g
塩水(0.8%) 適量
作り方
  1. 【ブリの下準備】ブリを鍋に入れ、ブリが完全にかぶるくらいの塩水(濃度0.8%)を注ぐ。
    鍋を弱火にかけ、65度を超える前に火を止める。フタをして5分置く。
    ブリをザルに上げ、ぬるま湯で表面をさっと洗う。キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. 【大根の下準備】大根は皮をむき、輪切りにして2等分する。それをさらに縦に4等分する。
    鍋に湯を沸かし、大根を入れて10分ほど茹でる。(竹串がスッと刺さるくらい柔らかくなるまで茹でる。)
  3. 【ブリと大根に味をつける】薄切りにしたショウガ・日本酒・醤油・砂糖を鍋に入れて煮立たせ、ポリ袋に入れる。ブリと大根も加え、袋の空気を抜いて口を縛り、1時間置く。
    温め直して皿に盛り、千切りにしたショウガを添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ぶり大根の作り方


【工程1】
最初にブリの下準備をします。

まずブリの切り身(2枚)を鍋に入れ、ブリが完全にかぶるくらいの塩水(適量)を注ぎます。

塩水の塩分濃度は0.8%。
500mlの水に対し、4gの塩を加えて作ります。



次に鍋を弱火にかけ、水温が65度を超える前に火を止めます。
65度で火を止める理由は、ブリの身を柔らかく仕上げるためです。低温でじっくり火を通します。高温で加熱し過ぎると硬くなってしまいます。

そしてフタをし、このまま5分置きます。

ちなみに上の写真は5分後の様子。
塩水でブリを茹でると、臭みの原因となるアクが出ます。



5分経ったら、ブリをいったんザルに上げます。

そしてぬるま湯で、表面についたアクをさっと洗います。



最後にキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

これで、ブリの下準備は終わりです。

【調理のポイント】
ブリは下茹でして臭みを徹底的に取ります。
塩水で下茹でし、さっと洗うと、ブリの臭みだけが取れ、旨味が逃げません。

また低温で茹でると、ブリの身が柔らかく仕上がります。



【工程2】
次に大根の準備をします。

まず大根(250g)を輪切りにして2等分し、皮をむきます。
そして縦に4等分します。



続いて鍋に湯を沸かし、大根を入れて10分ほど茹でます。

竹串がすっと通るくらい柔らかくなったら、茹で上がりです。
ちなみに私が使った大根は、柔らかくなるまであと5分かかったので、大根の質によって茹で時間は調整してください。

【調理のポイント】
大根などの硬い根菜類は、沸騰した湯で茹でると、味が染み込みやすくなります。


【工程3】
次にブリと大根に味を付けます。

まず薄切りにしたショウガ(適量)・日本酒(40g)・醤油(25g)・砂糖(20g)を鍋に入れ、煮立たせます。



そして煮立たせた調味料をポリ袋に入れ、ブリと大根を加え、袋の中の空気を抜いて口を縛り、1時間ほど置きます。

【調理のポイント】
ごく一般的なブリ大根は、ひたひたの煮汁で煮ますが、水島流の「ブリ大根」は、ブリと大根と調味料をポリ袋に入れ、1時間ほど置いて味を染み込ませます。

味は冷めていく時に食材に染みるので、煮る工程を省きます。



最後に温め直して皿に盛り、千切りにしたショウガ(適量)を添えたらできあがりです。



このブリ大根は、ブリも大根も、とても美味しそうなアメ色に仕上がります。

お味の方は、ほど良い甘みがありますが、全体的にさっぱりとしていて上品です。
煮ていないのに、中までしっかり味が染みますよ。

またブリの食感は、ふわっとしていてとても柔らかいのが特徴です。

ところで当サイトでは、水島さんのお料理を他にもいろいろ紹介しています。
鶏の唐揚げ」や「親子丼」や「冷製パスタ」や「だし巻き卵」や「オムライス」も美味しく出来ますよ。
また水島さんの低温(弱火)調理法を手軽に試したいという方には「クリームシチュー」もおすすめです。
このクリームシチューは、当サイトが紹介している水島さんのお料理の中で1番調理時間が短く、10分で完成します。

関連記事

食材・野菜の重さ。目安を知ると便利!サイズとグラム一覧。

野菜や肉類や加工品といった食材が1単位あたり何gなのか、目安を知っておくと便利です。この記事では、当サイトが採用しているごく一般的な食材の重…

あんこの作り方。小豆の煮方を動画で紹介!美味しいつぶあんのレシピ。

あんこの作り方をご紹介します。小豆を鍋で煮て、つぶあんを作る方法です。小豆は、最初に茹でこぼして、それから煮ると、渋みやアクが抜けて美味しく…

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パターンめは、…

かつおだしの取り方。鍋をつかった鰹出汁の基本レシピ!簡単な作り方。

かつおだしの取り方をご紹介します。鰹から取った出汁は、味噌汁やうどんやパスタなど、様々なレシピに使える万能調味料。お料理に加えることで、旨味…

しっとり柔らか!鶏胸肉とキャベツのカレー醤油炒めのレシピ。

鶏胸肉とキャベツを使った簡単な炒め物のレシピをご紹介します。カレー粉を加えて風味をアップさせ、マヨネーズ&醤油を加えてコクと旨みたっぷりに仕…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

牛肉とエリンギ炒めのレシピ。にんにくでコク旨!かんたん甘辛おかず。

牛肉とエリンギの甘辛炒めのレシピです。ニンニクとごま油で風味付けするこ…

かぼちゃとひき肉の煮物レシピ。豆板醤とにんにくでピリ辛あんかけ風。

ひき肉とかぼちゃを使った、ご飯によく合う煮物のレシピをご紹介します。甘…

さつまいも蒸しパン。バターのコクが好相性!小麦粉を使った簡単レシピ。

シンプルで美味しい、さつまいも蒸しパンのレシピをご紹介します。バターを…

いよかんピールの作り方。苦味がなくて食べやすい!簡単で美味しいレシピ

苦味をしっかりと抑えた、風味が良くて食べやすい伊予柑ピールのレシピです…

ごま油で香り良く!チンゲン菜と厚揚げ炒めのレシピ。だし&醤油で簡単。

チンゲン菜と厚揚げを使った、手軽に作れる炒めもののレシピをご紹介します…