みきママの、チンジャオ大根のレシピ。肉は一切使いません。

投稿日:2016年1月5日 更新日:

みきママ 大根

おうち料理研究家のみきママが考案した、大根を使った、チンジャオロースのレシピをご紹介します。

「チンジャオ大根」です。

肉は一切使わず、大根やニンジン・タケノコといった野菜だけで、食べ応えのある中華の一品を作ります。

調理のポイントは、中華料理店のように、味付けを少ししっかりめにすること。
そうすると、お肉を使っているような食べ応えが出ます。
お肉が入っていないことは、子供には絶対バレないそうです。

1人前66円程度で作れます。

(一部情報元:TV「あさチャン」あさプラ みきママの節約大根レシピ 2016年1月5日放映)

チンジャオ大根の作り方

みきママ 大根

「チンジャオ大根」のレシピです。

材料【4人分】
大根 1/2本(600g)
ニンジン 1/2本(90g)
タケノコの水煮 1個(150g)
ニラ 1/2束(50g)
ゴマ油 大さじ2
タレ
1カップ
鶏ガラスープの素 小さじ1
醤油 大さじ3
オイスターソース 大さじ1と1/2
大さじ2
砂糖 大さじ2
おろしショウガ 小さじ1
片栗粉 大さじ1と1/2
作り方
  1. 大根は、7ミリ角6センチの棒状に切る。ニンジンは、5ミリ角6センチの棒状に切る。
    タケノコは、長さ6センチの細切りにする。ニラは6センチに切る。
  2. フライパンにゴマ油(大さじ1)を引き、大根・ニンジンを入れ、フタをして3分蒸し焼きにする。
    さらにタケノコを加え、水分を飛ばしながらさっと炒める。いったん火を止める。
  3. タレの材料すべてをしっかりと混ぜ、2に加え、ヘラでよく混ぜる。
    フライパンを強火にかけ、2分ほどかき混ぜながら煮る。
    とろみがついたら、仕上げにニラを加え、ゴマ油(大さじ1)を回しかける。さっと炒めたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

チンジャオ大根を作ってみた

みきママ 大根

【工程1】
まず野菜を切ります。

カットする大きさは、野菜の食感が程よく残るように、それぞれ少し細かく説明されています。

大根は、7ミリ角で長さ6センチの棒状に切ります。
ニンジンは、大根よりも少し細めに、5ミリ角で長さ6センチの棒状に。
タケノコは、長さ6センチの細切りに。
ニラは、6センチに切ります。

長さは、すべて6センチに統一します。

みきママ 大根

【工程2】
野菜を切ったら、次にフライパンで炒めます。

フライパンにゴマ油(大さじ1)を引き、大根とニンジンを入れ、フタをして3分蒸し焼きにします。

【調理のポイント】
多めのゴマ油を使って大根をじっくり蒸し焼きにすると、甘みが増し、お肉のような食べ応えが出る。

みきママ 大根

続いてタケノコを加え、水分を飛ばしながら、さっと炒めます。

そしていったん火を止めます。

みきママ 大根

【工程3】
ここでタレの材料を混ぜます。
しっかり混ぜて、片栗粉を完全に溶かします。

みきママ 大根

そしてタレをフライパンに入れ、ヘラでよく混ぜます。

続いてフライパンを強火にかけ、2分ほどかき混ぜながら煮ます。

みきママ 大根

とろみがついたら、仕上げにニラを加え、ゴマ油(大さじ1)を回しかけ、さっと炒めます。

みきママ 大根

お皿に盛りつけたらできあがり。

ゴマ油のコクとタレの程よい甘みが加わり、確かに、お肉を使っているような食べ応えが出ます。

これだけで、十分メインのおかずになりますよ。

ところで、みきママのご実家は中華料理店だそうで、みきママも、中華は大の得意とか。
お店でいただく中華の味の出し方を、よくご存知なのかもしれませんね。

私はみきママの料理をよく作りますが、これまで作ったものの中でも、特にこの「チンジャオ大根」はおすすめです。
食材は地味ですが、お店で食べるような中華料理が、自宅で再現できますよ。

※情報元のテレビ番組で一緒に話題になった、みきママの大根を使った「ステーキプレート」のレシピも紹介しました。
リンク先も是非ご覧ください。

関連レシピ