家事えもんの、和風チヂミのレシピ。おでんと白菜を使います。

投稿日:2016年1月7日 更新日:

家事えもん チヂミ

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、チヂミのレシピをご紹介します。

「和風チヂミ」です。

おでんと白菜を使って作ります。

おでんの具は魚のすり身を使っているので、細かく切って、エビやイカといったチヂミの具材の代わりにします。

またおでんのつゆも、無駄なく使います。
生地に加え、出汁の味を染み込ませます。

そして白菜は、芯と葉を別々に使います。
芯は生地に混ぜる具として使い、食感をいかします。
葉はみじん切りにして、おでんのつゆと合わせ、優しい味のタレを作ります。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年1月7日放映)

和風チヂミの作り方

家事えもん チヂミ

「和風チヂミ」のレシピです。

ごく一般的なチヂミは、おろしたジャガイモで生地のモチモチ感を出しますが、「家事えもん流 和風チヂミ」は、ジャガイモをおろす手間を省き、片栗粉で代用します。
片栗粉は、ジャガイモのデンプンで作られています。

なお分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2枚分】
チヂミの具
おでんの具 ちくわ・大根・こんにゃく・さつま揚げ・ごぼう巻き・昆布などを適量
白菜の芯 2枚分
生地
小麦粉 70g
片栗粉 20g
おでんのつゆ 100ml
タレ
白菜の葉 2枚分
おでんのつゆ 150ml
片栗粉 大さじ1
大さじ2
ゴマ油 大さじ1
作り方
  1. おでんの具は、1センチ角に切る。白菜の芯も、1センチくらいの大きさに切る。白菜の葉は、みじん切りにする。
  2. 【生地を作る】小麦粉と片栗粉をボールに入れ、軽く混ぜる。おでんのつゆを加え、泡立て器で混ぜる。
  3. 2におでんの具と白菜の芯を加え、よく混ぜる。
  4. 温めたフライパンにゴマ油を引き、3を入れ、平たい円形に整える。両面をこんがり焼く。
  5. 【タレを作る】タレの材料すべてを鍋に入れ、よく混ぜて火にかける。ヘラで混ぜながら、とろみが出るまで加熱する。(味が薄い場合は、塩を補う。)
  6. 4を食べやすい大きさに切り、皿に盛る。5をかけたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

和風チヂミを作ってみた

家事えもん 和風チヂミ

【工程1】
まずおでんの具と白菜を切ります。

おでんの具は1センチ角に、そして白菜の芯も1センチくらいの大きさに切ります。
白菜の葉は、みじん切りにします。

ちなみに使用するおでんの具の量は、大きさにもよりますが、チヂミ2枚分(レシピ通り)で6個くらいが適当だと思います。

家事えもん 和風チヂミ

【工程2】
続いてチヂミの生地を作ります。

まずは小麦粉と片栗粉をボールに入れ、軽く混ぜます。

【調理のポイント】
チヂミの生地には、片栗粉を加えます。

ごく一般的なチヂミは、おろしたジャガイモを加えて作りますが、片栗粉はジャガイモのデンプンでできているため、その代わりとして使うことができます。

片栗粉を使うと、ジャガイモをすりおろす手間が省けます。

家事えもん 和風チヂミ

そしておでんのつゆを加え、泡立て器などで混ぜます。

【調理のポイント】
チヂミの生地は水ではなく、おでんのつゆで溶きます。
出汁の味が生地の中まで染み込んで、旨味が増します。

家事えもん 和風チヂミ

【工程3】
次に、おでんの具と白菜の芯を生地に加え、よく混ぜます。

これでチヂミの生地が完成しました。あとは焼くだけです。

家事えもん 和風チヂミ

【工程4】
温めたフライパンにゴマ油を引き、生地を入れ、平たい円形に整えます。

火加減は中火くらいが良いと思います。

家事えもん 和風チヂミ

片面がこんがり焼けたら、ひっくり返します。

この生地には具材がたっぷり詰まっているので、少々ひっくり返しにくいかもしれません。

型崩れさせることなく簡単に裏返したい場合は、上の写真のように、フライパンの上で生地を滑らせ、いったん皿に取り出すといいですよ。
チヂミが皿にのったら、今度はその皿ごとひっくり返して、フライパンに戻します。

これは、おうち料理研究家のみきママがよく使うひっくり返し方です。
詳しくはコチラの記事の中ほどで説明しましたので、よろしければご覧ください。

家事えもん 和風チヂミ

生地が無事ひっくり返ったら、もう片面もこんがりと焼きます。

家事えもん 和風チヂミ

【工程5】
最後にタレを作ります。

みじん切りにした白菜の葉・おでんのつゆ・片栗粉・水を鍋に入れ、よく混ぜて片栗粉を完全に溶かしてから、火にかけます。

ヘラで混ぜながら加熱し、とろみがついたらタレの完成。

家事えもん チヂミ

【工程6】
焼き上がったチヂミを食べやすい大きさに切り、タレをかけたら完成。

おでんのつゆが生地の中までしっかり染みた、とても美味しいチヂミが出来上がりました。

白菜の芯とおでんの食感が、気の利いたアクセントになっています。
白菜はシャキシャキ感が程よく残っていて、おでんは少し大きめに切っているので、プリっとした歯応えがあります。

余ったおでんを使うだけでなく、このチヂミを作るためだけにおでんを買うのもアリと思うくらい、家族にも好評でした。

調理も簡単なので、おすすめですよ。

ところで今回はおでんを使ってチヂミを作りましたが、家事えもんによると、キムチ鍋や寄せ鍋といった、他の鍋料理でチヂミを作ることもできるとのこと。
残ったつゆと具材を、上のレシピと同じように使います。
どんな鍋料理にも、応用が効くそうです。

関連レシピ