ブイヤベースの簡単レシピ。魚介と野菜たっぷり!フランス風スープの作り方。

投稿日:2016年1月28日 更新日:

ブイヤーベース

タレントの森公美子さんが考案した、ブイヤベースの簡単レシピをご紹介します。

ブイヤーベースとは、フランスを代表する魚介のスープ鍋料理。
魚・エビ・貝などをふんだんに使い、調理に時間と手間がかかります。

モリクミ流のブイヤーベースは、甘塩鮭・桜エビ・シーフードミックスの利便性をいかし、簡単に作ります。

調理時間は18分程度です。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」坂上忍とモリクミの時短!簡単!節約!晩ごはん 2016年1月14日放映)

ブイヤベースの作り方

ブイヤーベースのレシピ

「ブイヤーベース」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間18分】
甘塩鮭 2切れ
冷凍シーフードミックス 200g
干し桜エビ 5g
ニンニク 1かけ
玉ネギ 1/4個
プチトマト 8~10個
白ワイン(または酒) 大さじ3
400cc
顆粒コンソメ 小さじ2
オリーブオイル 大さじ2
コショウ 適量
パセリ 適量
バケット 適量
アイオリソース
マヨネーズ 大さじ3
オリーブオイル 大さじ1/2
おろしニンニク 小さじ1/2
適量
作り方
  1. ニンニクと玉ネギは、薄切りにする。
  2. ニンニクとオリーブオイルをフライパンに入れ、中火にかける。
    油がふつふつとしてきたら桜エビを加え、香りが立つまで炒める。さらに玉ネギを加え、軽く炒める。
  3. 2に鮭を入れ、両面を焼く。白ワインを加えてアルコールを飛ばす。
    さらに水・顆粒コンソメ・シーフードミックス(凍ったまま)を加え、沸騰したらプチトマトも加える。魚介に火が通るまでしばらく煮る。
  4. バケットは薄切りにしてトースターで焼く。
  5. アイオリソースの材料すべてをよく混ぜる。
  6. 3を器に盛り、パセリのみじん切りを散らし、黒コショウを振る。
    4と5を添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ブイヤーベースの作り方

【工程1】
まず玉ネギとニンニクを薄切りにします。

ブイヤーベース レシピ 作り方
【工程2】
次に、ニンニクとオリーブオイルをフライパンに入れ、中火にかけます。

【調理のポイント】
ニンニクを加熱する時は、ニンニクとオリーブオイルをフライパンに入れてから、火にかけます。

そうすると、ニンニクを焦がすことなく、風味を引き出すことができます。


ブイヤーベース レシピ 作り方
油がフツフツとしてきたら、桜エビを加え、香りが立つまで炒めます。

桜エビの香りが出たら、玉ネギも加え、さっと炒めます。

【調理のポイント】
ブイヤーベースのだしは、値段が手頃な桜エビで取ります。

ブイヤーベース レシピ 作り方
【工程3】
さらに甘塩鮭を丸ごと加え、両面を焼きます。

ちなみにここで、鮭に完全に火を通す必要はありません。表面をこんがりと焼く程度でOKです。

そして白ワインを加え、さっと火を通してアルコールを飛ばします。

【調理のポイント】
下味のついた甘塩鮭を使うと、調理時間を短縮できます。

ブイヤーベース レシピ 作り方
続いて、水・顆粒コンソメ・シーフードミックス(凍ったまま)を加え、沸騰したらプチトマトも加えます。

この状態で、魚介に火が通るまでしばらく煮ます。

【調理のポイント】
シーフードミックスは、凍ったまま使います。

凍ったまま加えると、火が通りすぎないので、硬くなりにくいというメリットがあります。


ブイヤーベース レシピ 作り方
【工程4・5】
バケットは、薄切りにして焼きます。

アイオリソースは、材料すべてを混ぜるだけで完成です。


ブイヤーベース レシピ 作り方
【工程6】
スープを器に盛り、みじん切りにしたパセリを散らします。
黒コショウをふったらできあがり。


ブイヤーベース レシピ 作り方
本場フランス風に、バケットは、アイオリソースを塗り、スープに浸していただきます。

桜エビのダシがほど良く効いた、さっぱりとしたブイヤーベースができます。
ニンニク風味のコッテリとしたアイオリソースとの相性は、ぴったりです。

桜エビの分量が、絶妙だと思いました。
あまり入れすぎると、逆に嫌みな感じになると思います。

使っている食材は安価なものばかりですが、十分美味しいですよ。
白ワインが欲しくなります。

関連レシピ