カキフライのレシピ。広島流のジューシーになる作り方。

投稿日:2016年1月18日 更新日:

かきフライ

日本一の牡蠣(カキ)の産地・広島県では、ごく一般的な調理法とはちょっと違った、カキフライが作れているそうです。

広島県では、「広島菜」という野菜の葉でカキを包んで揚げ、ラッキョウを使ったタルタルソースを添える家庭が多いとか。

今日は、広島流カキフライの作り方をご紹介します。

レシピを教えてくださったのは、広島県安芸郡にお住まいの5名の奥様方です。

(一部情報元:TBSテレビ「この差って何ですか?」 2016年1月18日放映)

広島流カキフライの作り方

広島県で広く親しまれているという「カキフライ」のレシピです。

調理のポイントは2つあります。

1つは、カキを3粒ずつまとめて揚げること。
3粒をひとまとめにすると、カキが油に触れる面積が少なくなるので、柔らかくジューシーに仕上がります。

2つめは、3つまとめたカキの粒がバラバラにならないように、カキのまわりを「広島菜(下)」という白菜のような野菜の葉で包むこと。(画像引用:広島名産広島菜

広島菜

ちなみに広島菜は、小松菜やチンゲンサイでも代用できます。

広島菜でカキを包むと、余分な油がカキにつかないので、さっぱりと仕上がります。

材料【5個分:調理時間25分】
カキ 15粒
広島菜の葉(※) 5枚
小麦粉 適量
適量
パン粉 適量
タルタルソース
ゆで卵 1個
らっきょう漬け 4個
マヨネーズ 適量

※小松菜やチンゲンサイでも代用可。

作り方
  1. カキを水でさっと洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き取る。
  2. カキの表面に小麦粉をまぶし、3粒ずつまとめて、それぞれを広島菜の葉(1枚)で包む。
  3. 少量の小麦粉と卵を混ぜたものに2をくぐらせ、パン粉をつける。
  4. 180度の油で、5分揚げる。
  5. 【タルタルソースを作る】ゆで卵とラッキョウを、みじん切りにする。
    卵・ラッキョウ・マヨネーズを混ぜる。
  6. 4を皿に盛り、5を添えたらできあがり。

タルタルソースは爽やかでさっぱりとしていて、カキはとろっとジューシーに仕上がるそうですよ。

関連レシピ