あみえび&魚肉ソーセージの餃子。なんちゃってエビ風味の節約レシピ。

投稿日:2016年1月20日 更新日:

あみえびレシピ

節約アドバイザーの武田真由美さんが考案した、海老餃子のレシピをご紹介します。

「なんちゃってエビ餃子」です。

むきエビの代わりに、価格が手頃な魚肉ソーセージとアミエビを使い、エビらしい風味と食感を出します。

調理時間は12分。
材料費は、1人前たったの48円です。

ちなみに、武田さんは、「時短×カンタン×おうちごはん」をはじめとした、節約料理の本を執筆しています。

武田さん宅の夫婦2人の食費は、1週間でたったの2,500円だそうです。

(一部情報元:TV「バイキング」坂上忍の時短!簡単!節約!晩ごはん 2016年1月20日放映)

なんちゃってエビ餃子の作り方

あみえびと魚肉ソーセージの餃子

「なんちゃってエビ餃子」のレシピです。

なお分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【10個分】
餃子の餡
魚肉ソーセージ 1本
アミエビ 大さじ4
おろしニンニク 小さじ1/2
マヨネーズ 大さじ1
片栗粉 大さじ1
餃子の皮 10枚
サラダ油 大さじ1
適量
大さじ1
ラー油 適量
作り方
  1. 魚肉ソーセージをポリ袋に入れ、袋の上から手で押し、形が無くなるまで潰す。
    アミエビ・おろしニンニク・マヨネーズ・片栗粉を加え、全体が均一になるまで、手でよく揉む。
  2. ラップの上に餃子の皮を並べる。
    1の袋の角を切り、餃子の皮の中央に1を10等分して絞り出す。皮で包む。
  3. 温めたフライパンに油を引き、2を並べる。
    焼色がついたら水を回し入れ、フタをして蒸し焼きにする。
  4. 3を皿に盛り、酢とラー油を混ぜたものを添えたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

魚肉ソーセージを手で潰す
【工程1】
まず魚肉ソーセージをポリ袋に入れ、袋の上から手で押し、形が無くなるまで潰します。


あみえびを魚肉ソーセージに混ぜる
次に、おろしニンニク・アミエビ・マヨネーズ・片栗粉を加え、全体が均一になるまで手でよく揉みます。

これで餃子の餡ができました。

【調理のポイント】
むきエビの代わりに、価格が手頃な魚肉ソーセージとアミエビを使い、エビらしい風味と食感を出します。

あみえび餃子の具を餃子の皮に絞り出す
【工程2】
続いてラップを敷き、その上に餃子の皮を並べます。

そして餃子の餡が入った袋の端を切り、10枚の餃子の皮の上に、均等に絞り出します。

餡をのせたら、それを皮で普通に包みます。

【調理のポイント】
洗い物を少なくするために、ラップを敷いて皿の代わりにします。

あみえび餃子をフライパンで焼く
【工程3】
餃子はフライパンで焼きます。

温めたフライパンにサラダ油を引き、餃子を並べます。

焼色がついたら水を回し入れ、フタをして蒸し焼きにします。


アミエビと魚肉ソーセージの餃子
【工程4】
餃子を皿に盛り、酢とラー油を混ぜたものを添えたらできあがり。


アミエビと魚肉ソーセージ餃子の断面
完成した餃子は、本物の海老餃子のようなプリプリっとした食感はありません。

でも、魚肉ソーセージ特有のまったりとしたマイルドな口当たりと、エビの風味がよく合います。

この餃子を試食したタレントの坂上忍さんは、「おつまみになりそう」とコメントしていました。
日本酒との相性が良さそうですよ。

関連レシピ