鶏つくね丼のレシピ。長谷川りえさんのおすすめ。

投稿日:2016年1月25日 更新日:

鶏つくね丼

料理研究家の長谷川りえさんが考案した、「鶏つくね丼」のレシピをご紹介します。

長谷川さんは、「青空ピクニック弁当」をはじめとした、お弁当のレシピ本を執筆しています。

長谷川さんの「鶏つくね丼」の特徴は、3つあります。

1つは、つくねを茹でること。
焼くよりも時短になり、焦げ付く心配もありません。

2つめは、みじん切りにした野菜を、つくねにたっぷり練り込むこと。
野菜をたくさん加えると、冷めても柔らかいつくねが出来ます。

3つめは、つくねの茹で汁を使って、スープも作ること。
15分程度の調理時間で、一食分の料理が一度に作れます。

(一部情報元:TV「バイキング」坂上忍の時短!簡単!節約!晩ごはん 2016年1月21日放映)

鶏つくね丼の作り方

鶏つくね丼

長谷川さんの「鶏つくね丼」のレシピです。

なおレシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分】
つくね
鶏ももひき肉 200g
ニラ 25g
赤パプリカ 20g
卵黄 1個
少々
醤油 少々
片栗粉 大さじ1と1/2
タレ
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ3
みりん 大さじ1
ブロッコリー 1/4株
ご飯 茶碗1杯分
卵黄 1個
刻み海苔 適量
中華スープの素 大さじ1
レタス 2枚
作り方
  1. 鍋に900mlの湯(分量外)を沸かす。
    ニラとパプリカは、みじん切りにする。ブロッコリーは、小房に切る。
  2. つくねの材料すべてをポリ袋に入れ、手でよく混ぜる。
  3. 2の袋の端を3センチほど切り、中身をスプーンの上に絞り出し、沸騰した湯の中に入れる。
    続いてブロッコリーも加える。
    つくねが浮いてきたら、つくねとブロッコリーをすくい、ザルに上げる。そのまましばらく水気を切る。(茹で汁は、捨てずにそのまま取っておく。)
  4. 鍋に残ったつくねの茹で汁に、中華スープの素を入れる。
    沸騰したら、手でちぎったレタスを加え、火を止める。
  5. フライパンにタレの材料すべてを入れ、中火にかけ、つくねを加える。
    とろみがつき、つくねにタレが絡んだら火を止める。
  6. ご飯を器に盛り、刻み海苔をのせる。
    さらにその上に5をのせ、ブロッコリーと卵黄を添えたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

鶏つくね丼の作り方

鶏つくね丼
【工程1】
まず野菜を切ります。

ニラとパプリカはみじん切りに、ブロッコリーを小房に切ります。
ブロッコリーを小房に分ける方法

ちなみに、みじん切りにしたニラとパプリカは、鶏ひき肉に混ぜ、つくねにします。

そして、鍋に900mlの湯を沸かしておきます。

2016-01-24 18.26.20
【工程2】
次に、つくねの材料すべて(鶏ひき肉・ニラ・パプリカ・卵黄・塩・醤油・片栗粉)をポリ袋に入れ、手でよく混ぜます。

これで、つくねのタネが完成しました。

【調理のポイント】
つくねには、みじん切りにした野菜を、たっぷり練り込みます。

野菜をたくさん加えると、冷めても柔らかい、つくねが出来ます。お弁当にもぴったりです。

鶏つくね丼
【工程3】
次に、つくねを茹でます。

上の写真のように、袋の端を3センチくらい切り、中身をスプーンの上に絞り出し、沸騰した湯の中に入れます。

鶏つくね丼
つくねを鍋の中に入れたら、続いてブロッコリーも加えます。

そして、つくねが浮いてくるまで茹でます。

【調理のポイント】
つくねは、焼かずに茹でます。

茹でる方が、調理時間の短縮になり、焦げ付く心配がありません。

鶏つくね丼
つくねとブロッコリーが茹で上がったら、鍋からすくい出し、ザルに上げます。

鍋に残った煮汁は、あとでスープを作るので、取っておきます。

【調理のポイント】
つくねとブロッコリーが茹で上がったら、いったんザルに上げます。

水気をしっかり切ると、あとでタレがよく染み込みます。

鶏つくね丼
【工程4】
今度は、付け合わせのスープを作ります。

つくねの茹で汁に、中華スープの素を加えます。
茹で汁が沸騰したら、手でちぎったレタスを加え、火を止めます。

これでスープが完成。

【調理のポイント】
茹で汁は、肉やニラなどの旨味が残っているので、そのままスープに使います。

鶏つくね丼
【工程5】
最後につくねにタレを絡めます。

フライパンにタレの材料すべて(砂糖・醤油・みりん)を入れ、中火にかけます。

そして茹でたつくねを加え、タレを絡めます。とろみがついたら火を止めます。

鶏つくね丼
ご飯を器に盛り、その上に刻み海苔を散らします。

そして海苔の上につくねをのせ、ブロッコリーと卵黄を添えます。

レタスのスープを、器に注いだらできあがり。

鶏つくね丼
つくねは、ちょっと甘めの味付けで、子供には特にウケそうです。

またつくね食感は、フワフワ。豆腐を連想させるほどの柔らかさに仕上がります。

うちの夫は、「これ美味しいね」と何度も言いながら食べていました。
かなり気に入った様子でした。

鶏つくね丼
スープは、優しい味付けです。

このスープ&つくね丼を試食した、タレントの坂上忍さんは、「このスープにはラー油が合う」とおっしゃっていましたが、私もそう思いました。

大人向けには、辛さなどのアクセントを少し加えると、より食べ応えが出ますよ。

関連レシピ