揚げないで作るコロッケのレシピ!整形しない新感覚コロッケの作り方。

投稿日:2016年1月28日 更新日:

揚げないコロッケ

揚げずに作るコロッケのレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、「揚げない!丸めない!新型時短コロッケ」のレシピです。

その名の通り、揚げずに、また成形せずに作るコロッケで、クリーミーな口当たりが特徴です。

上の写真をご覧いただくと分かりますが、見た目はまったく、コロッケらしくありません。
でも味は、美味しいクリームコロッケです。

コロッケの中身は、マッシュしたジャガイモにレトルトのミートボールを加えただけのシンプルなタネと、豆腐で作ったホワイトソースの2層を重ねて作ります。

また、コロッケの衣は、コーンフレークの食感をいかし、コロッケらしいサクサク感を手軽に再現します。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年1月28日放映)

家事えもん流コロッケの作り方

揚げないコロッケのレシピ

「揚げない!丸めない!新型時短コロッケ」のレシピです。

分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1皿:2~3人分:調理時間30分】
コロッケのタネ
ジャガイモ 300g
ミートボール(レトルト) 120g
少々
ホワイトソース
絹豆腐 1丁(300g)
牛乳 大さじ4
コンソメ 大さじ1
白コショウ 少々
コーンフレーク(無糖) 50g
とろけるチーズ 80g
乾燥パセリ 少々

じゃがいもをレンジで加熱する

【工程1】
まず、ジャガイモの皮をむき、ラップで1個ず包み、電子レンジ(600w)で5分加熱します。


レンチンしたじゃがいもをフォークで潰す

ジャガイモをチンしたらボールに入れ、塩をして、フォークで潰します。


じゃがいもにミートボールを加える

【工程2】
次に、潰したジャガイモにミートボールをタレごと加え、フォークでミートボールを潰しながら混ぜます。

絹豆腐を水切りする

【工程3】
続いて、ホワイトソースを作ります。
ホワイトソースというと手間がかかるイメージがありますが、とても簡単です。

まず絹豆腐を水切りします。

簡単に水切りするには、上の写真のように、3枚重ねにしたキッチンペーパーで豆腐を包み、電子レンジ(500w)で3分加熱します。

手軽な水切り方法なので、水気がすごくしっかり取れるというわけではありませんが、私はこの方法を使って作りました。


水切りした豆腐を手で揉む

豆腐の水切りが出来たら、ポリ袋に入れ、牛乳・白コショウ・コンソメを加え、手で揉んでよく混ぜます。

絹豆腐を使っていることもあり、かなりゆるめのホワイトソースができます。


耐熱皿にコロッケのタネと衣をのせる

【工程4】
続いて、耐熱皿にコロッケのタネと衣をのせます。

まず皿の上に、ジャガイモとミートボールを混ぜたものを半量のせ、均等に広げます。

次に、ホワイトソースの袋の端を切り、全量をその上に絞り出します。そして同じように万遍なく広げます。


耐熱皿にコロッケのタネの残りをのせる

さらに、その上に、ジャガイモのタネの残りをのせます。


コロッケのタネにチーズをのせる

そして、チーズを均等に散らします。


コーンフレークを手で揉んで砕く

【工程5】
最後に、コロッケの衣を作ります。

コーンフレークをポリ袋に入れ、手で揉んで細かく砕きます。


コロッケのタネにコーンフレークをのせる

そして、チーズの上に、コーンフレークをまぶします。

この状態で、170度に温めたオーブンで15分焼きます。


焼き上がったコロッケにパセリを散らす

表面がこんがり焼けたら、仕上げに乾燥パセリを散らします。できあがり。


揚げないクリームコロッケ

豆腐で作ったホワイトソースのクリーミーさと、たっぷり加えたチーズのコクが加わり、食べ応えのあるクリームコロッケができます。

レトルトのミートボールを使っているとは思えないくらい、味わい深いコロッケですよ。

関連レシピ