家事えもんの、わらび餅のレシピ。長芋とコーラを使います。

投稿日:2016年1月28日 更新日:

家事えもん わらび餅

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、わらび餅のレシピをご紹介します。

「プルプルわらび餅風スイーツ」です。

ごく一般的なわらび餅は、わらび粉やサツマイモなどのデンプンで作られていますが、「家事えもん流 わらび餅」は、同じデンプンを含む長芋を使って作ります。

またわらび餅に添えるきな粉は、同じ大豆製品である、節分の豆を砕いたもので代用し、黒蜜は、コーラを加熱して作ります。

わらび餅ときな粉、そして黒蜜。
別々に食べると、それぞれの素材の独特の味わいが感じられるのですが、一緒に食べると、不思議と本物のワラビ餅のようです。

とても面白いレシピですよ。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年1月28日放映)

わらびもちの作り方

家事えもん わらび餅

「プルプルわらび餅風スイーツ」のレシピです。

分かりにくい工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2~3人分】
わらび餅
長芋 300g
砂糖 大さじ4
きな粉
節分豆 30g
グラニュー糖 15g
黒蜜
コーラ 90ml
ガムシロップ 2個
作り方
  1. 長芋の皮をむき、すりおろす。
    長芋と砂糖を耐熱ボールに入れ、よく混ぜる。
  2. 1のボールにラップをし、電子レンジ(600w)で5分加熱する。
    いったんかき混ぜ、再び1分加熱する。そのまましばらく置き、粗熱を取る。
  3. 型(豆腐の空きパックで代用可)にラップを敷き、2を流し入れる。
    上部にラップをかぶせ、冷蔵庫で1時間冷やす。(1時間以上冷やすと硬くなるので、注意する。)
  4. 【きな粉を作る】節分豆を密閉袋に入れ、袋の上から瓶などで叩き、細かく潰す。
    グラニュー糖を加え、よく混ぜる。
  5. 【黒蜜を作る】コーラを耐熱ボールに入れ、ラップはせずに電子レンジ(600w)で6分加熱する。
    ガムシロップを加え、再び電子レンジで3分加熱する。
    スプーンで混ぜ、黒蜜らしいとろみがついたら完成。
    (とろみがつかない場合は、再び10秒ずつ加熱し、その都度様子を見る。加熱した後にボールごと氷水につけて冷やすと、さらにとろみがつく。)
  6. 3を糸を使って食べやすい大きさに切り、表面に4をまぶす。皿に盛る。仕上げに5をかけたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

家事えもん流わらび餅を作ってみた

家事えもん わらび餅

【工程1】
最初に長芋の皮をむき、すりおろします。

ちなみに次に説明する、家事えもん流の皮のむき方を実践すると、手がかゆくなりにくいです。

まず長芋の皮は、上の写真のように、端の方を少し残してむきます。
そして皮の部分を手で持ち、長芋をおろします。

次に、残った皮をむき、身の部分をフォークに刺してすりおろします。

家事えもん わらび餅

長芋をすりおろしたら、耐熱ボールに入れ、砂糖を加えます。

家事えもん わらび餅

【工程2】
続いて、長芋を入れたボールにラップをし、電子レンジ(600w)で5分加熱します。

そしてラップを取り、いったんスプーンでかき混ぜてから、再び電子レンジ(600w)で1分加熱します。

そのまましばらく置き、粗熱を取ります。

家事えもん わらび餅

【工程3】
次に、加熱した長芋を型に流し入れ、冷やし固めます。

型は、豆腐の空きパックを使います。
豆腐のパックが無い場合は、同じくらいの大きさの他の容器を使ってください。

上の写真のように豆腐のパックにラップを敷き、その上に加熱した長芋を入れます。

そしてその上にラップの端を折ってかぶせ、上から押して、長芋をきれいな四角形に整えます。

続いて、ラップをぴったりつけた状態で、冷蔵庫に1時間入れます。

なお家事えもんによると、1時間以上冷やすと硬くなってしまうので、冷蔵庫から取り出す時間は、しっかり記憶しておいた方がいいですよ。

家事えもん わらび餅

【工程4】
次に、節分豆を使って、きな粉を作ります。

節分豆を密閉袋に入れ、袋の上から瓶など硬いもので叩いて、なるべく細かく潰します。

ちなみに私は、瓶で潰すのが少しシンドイと思ったので、のし棒を使いました。

節分豆が細かくなったら、グラニュー糖を混ぜます。

これで、きな粉ができました。

家事えもん わらび餅

【工程5】
続いて、コーラを使って黒蜜を作ります。

まずコーラを耐熱ボールに入れ、ラップはせずに電子レンジ(600w)で6分加熱します。
そしてガムシロップを加え、再び電子レンジ(600w)で3分加熱します。

家事えもん わらび餅

スプーンで混ぜてみて、とろみがついたら黒蜜の完成です。

とろみがつかない場合は、再び10秒ずつ加熱し、その都度様子を見て、とろみがついたところで止めます。

ちなみに我が家の電子レンジの場合は、レシピ通りの加熱時間では、焦げてしまうことが分かりました。
黒蜜の加熱時間はとてもデリケートで、少しの差で失敗してしまうので、マメに様子を見ながら加熱した方がいいですよ。

私の場合は、ガムシロップを入れて2分10秒程度の加熱でいったん取り出し、その後10秒ずつ加熱して、最終的にはトータルで2分40秒程度の加熱時間になりました。

家事えもん わらび餅

また家事えもんによると、黒蜜ができたら、熱いうちに氷水につけて冷やすと、さらにとろみがつくとのこと。

でも私はここでも、失敗してしまいました。
氷水を当てたところ、黒蜜がガチガチに固まってしまいました。

加熱した段階で、すでにとろみがしっかりついている場合は、氷水で冷やさなくても良いかもしれません。
様子を見て判断してください。

家事えもん わらび餅

【工程6】
長芋を冷蔵庫に入れて1時間経ったら、ラップを外して、食べやすい大きさに切ります。

家事えもん流に切る場合は、糸を使います。

上の写真のように、ワラビ餅の下に糸を置き、餅の上で交差させて引っ張ると、きれいに切れます。
家事えもんいわく、包丁ではなく糸を使った方が、断面がザラザラになるので、きな粉や黒蜜が絡みやすいとか。
柔らかいワラビ餅を潰すことなく切れるところも、包丁にはないメリットだと思います。

ちなみにこのように糸を使うと、シュークリームやハンバーガーといった、切り分けにくい食品も、きれいに切ることができます。
詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

家事えもん わらび餅

【工程6】
さて最後に、食べやすい大きさに切ったワラビ餅に、節分豆で作ったきな粉をまぶします。

家事えもん わらび餅

ワラビ餅を皿に盛り、黒蜜をかけたらできあがり。

長芋と節分豆とコーラを使った、変わりワラビ餅の完成です。

さっそくいただいてみたところ、ワラビ餅らしいクセのない優しい味と、ツルンとした食感が感じられ、とても美味しいと思いました。

このワラビ餅の、餅ときな粉と黒蜜を別々に食べると、それぞれの素材のクセが分かります。
餅にはほのかな長芋の風味があり、きな粉はカリッとした食感が新鮮で、また黒蜜は、コーラらしい爽やかな酸味が感じられます。

でもこれらを一緒に食べると、不思議なことに、けっこうワラビ餅っぽくなります。

その理由を私なりに考えてみたところ、きな粉の食感にあるのではないかと思いました。

このワラビ餅のきな粉は、節分豆の粒が残っているので、かなりはっきりとした歯応えがあります。
長芋やコーラのクセっぽい味は、このインパクトのある食感に、かき消されてしまうのではないかと思います。

節分豆の代わりに、ごく普通のきな粉を使ったら、長芋やコーラの味がもう少しはっきり分かってしまう気がします。

面白いレシピだと思います。

家事えもん わらび餅

感想が長くなりましたが、家事えもん流ワラビ餅は、本物のワラビ餅らしい、美味しいスイーツですよ。

ところで最後に、ワラビ餅風スイーツのおすすめレシピをあともう1品ご紹介します。
タレントの北斗晶さんが考案した「くるみくずもち」です。

ごく一般的な葛餅は、くず粉や小麦粉などのでんぷんを利用して作りますが、北斗流「くずもち」は、それらの代わりに片栗粉を使います。
透明感のある涼しげな見た目と、ぷるんとした口当たりが本物の葛餅らしく、くるみの香ばしい風味がよく合います。リンク先も合わせてご覧ください。

関連レシピ