チーズ羽根つき餃子のレシピ。カリスマ主婦のおすすめです。

投稿日:2016年2月1日 更新日:

チーズ羽根つき餃子

人気料理ブロガーの井上かなえさんが考案した、餃子の簡単レシピをご紹介します。

「チーズ羽根つきギョーザ」です。

使用するお肉は、豚肉ではなく鶏肉。
敢えてさっぱりとした鶏肉を使う理由は、餃子の羽根にチーズのコクが加わるから。
鶏肉を使って、味のバランスを整えます。

また餡に厚揚げを加えることで、柔らかくてジューシーな餃子に仕上げます。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」東京餃子王決定戦 2016年2月1日放映)

チーズ羽根つきギョーザの作り方

「チーズ羽根つきギョーザ」のレシピです。

調理のポイントは、3つあります。

1つめは、脂身が少なくヘルシーな鶏ひき肉を使うこと。
餃子の羽根にチーズのコクが加わるので、敢えてあっさりとした鶏のひき肉を使います。

2つめは、餃子の餡に厚揚げを加えること。
厚揚げの水気が、餃子のジューシーさを生み出します。

3つめは、餃子の包み方。
面倒な包む工程を、簡単にします。
餃子の皮に餡をのせ、皮のフチに水をつけたら、ヒダをつけずに2つ折りにするだけで完成です。

なお餡には、キムチも加えて風味を良くしますが、子供向けの場合は、キムチをさっと水洗いしてから使います。(下のレシピは、子供向けになっています。)
大人向けの場合は、水洗いせずにそのまま使ってください。

材料【20個分】
鶏ももひき肉 100g
厚揚げ 100g
ニラ 1束(100g)
白菜キムチ 100g
小さじ1/3
コショウ 少々
醤油 小さじ2
ゴマ油 小さじ1
餃子の皮 20枚
ピザ用チーズ ひとつかみ
サラダ油 少々
40cc
作り方
  1. キムチは軽く水洗いし、水気をしっかり絞り、みじん切りにする。ニラもみじん切りにする。
  2. 餡の材料すべてをボールに入れ、厚揚げを手で潰しながらよく混ぜる。
  3. 2を20等分し、皮の上にのせる。皮のまわりに水をつけ、ヒダをつけずに半分に折る。
  4. サラダ油を引いたフライパンに3を並べ、強火で1分焼く。
  5. こんがりと焼き色がついたら、水を加えてフタをし、中火で3分蒸し焼きにする。
  6. 水分が無くなったらフタを取り、餃子の隙間にチーズを万遍なく散らす。チーズがカリカリになるまで焼いたら、餃子に皿を被せ、フライパンごとひっくり返して皿にのせる。できあがり。

タレなどはつけずに、そのままいただきます。

チーズの濃厚さと鶏肉のさっぱり感が、よく合うそうですよ。

ところで井上さんのチャーハンのレシピも、以前このブログで紹介したことがあります。

電子レンジで作るチャーハンで、クッキングシートを皿代わりにして調理するので、洗い物が出ません。
忙しい主婦には嬉しいレシピですよ。
リンク先も是非ご覧ください。

関連レシピ