プロの餃子のレシピ。肉汁アンビリーバボーギョーザの作り方。

投稿日:2016年2月1日 更新日:

餃子

人気ラーメン店「二代目TATSU~龍~」の店主、内田正信さんが考案した、餃子のレシピをご紹介します。

「肉汁アンビリーバボー ギョーザ」です。

この餃子の最大の特徴は、溢れすぎる肉汁。
材料はシンプルですが、ひき肉にほんのひと手間加えることで、肉汁たっぷりのジューシーな餃子を作ります。

ちなみに同店はラーメン専門店ですが、2015年の日本餃子大賞に輝いた、餃子の名店でもあります。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」東京餃子王決定戦 2016年2月1日放映)

「肉汁アンビリーバボーギョーザ」の作り方

「肉汁アンビリーバボーギョーザ」のレシピです。

肉汁たっぷりの餃子にするために、ひき肉は、塩と水を加え、フードプロセッサーにかけます。

フードプロセッサーでひき肉をさらに細かくすることで、肉の粘りを出し、溢れすぎる肉汁を生み出します。

材料【20個分】
餃子の皮(もち粉入り) 20枚
豚ひき肉 300g
ニラ 1束
岩塩 10g
100cc
ゴマ油 少々
コショウ 少々
作り方
  1. 豚ひき肉・岩塩・水を軽く混ぜる。
  2. 1をフードプロセッサーに30秒ほどかける。(フードプロセッサーが無い場合は、粘りが出るまで手でよく混ぜる。)
  3. 5ミリくらいの大きさに切ったニラ・ゴマ油・コショウを2に加えてよく混ぜる。
    冷蔵庫で30分寝かせ、少し固める。
  4. 餃子の皮で3を包む。
  5. フライパンに餃子を並べ、餃子が5ミリくらい浸かるくらいの湯を注ぐ。
    フタをして強火で5分蒸す。
  6. 残った湯を捨て、ゴマ油を回しかけ、再びフタをして弱火で2分加熱したらできあがり。

焼き上がった餃子に箸を入れると、まるで小籠包のように肉汁が溢れ出てきます。

なお使用する調味料は、シンプルな分、少しこだわります。
塩は、海塩ではなく、甘みのある岩塩を使います。

またいただく際には、肉の旨味を味わうため、岩塩とコショウだけをつけるのが、おすすめだそうですよ。

関連レシピ