家事えもんの、お風呂のカビ取り方法。片栗粉と塩素系漂白剤を使います。

投稿日:2016年2月12日 更新日:

家事えもん 浴室 カビ

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんがすすめる、お風呂のカビ取りの仕方をご紹介します。

イスの裏やタイルの目地についた黒カビは、湿気がこもりやすい場所で繁殖し、喘息などのアレルギーの原因にもなります。

家事えもんによると、そんなしつこい黒カビは、片栗粉と塩素系漂白剤、そしてラップを使うと簡単に取ることができます。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんの掃除テク 2016年2月11日放映)

浴室のカビの除去方法

家事えもん流の浴室のカビの除去には、塩素系漂白剤と片栗粉を使います。

家事えもんによると塩素系漂白剤は、泡タイプのカビ取り剤よりも漂白効果に優れており、カビを倒す力が強いそうです。

また片栗粉は、そんな塩素系漂白剤の効き目を上げるために使います。
漂白剤は液体なので、流れ落ちやすいのが欠点。
そこで片栗粉を加え糊状にすることで、長時間カビに付着させるというわけです。

用意するもの
塩素系漂白剤
片栗粉
ラップ 適量
ゴム手袋 1組

※塩素系漂白剤と片栗粉は、1:1の割合で使用。

手順
  1. ゴム手袋をする。
  2. 同量の片栗粉と塩素系漂白剤を容器に入れ、スプーンなどで粘りが出るまでかき混ぜる。
  3. カビに2を直接塗る。
    塗った部分にラップをぴったり被せ、20分放置する。
  4. 水でしっかりすすぐ。(湯ですすぐと片栗粉が固まるので、必ず水にする。)

なお一度で落ちない場合は、何度も繰り返すと効果があるそうです。

塩素系漂白剤・片栗粉・ラップを使うこの方法は、掃除のプロも実践しているそうですよ。