すき焼きと割り下のレシピ。和食のプロのおすすめです。

投稿日:2016年3月9日 更新日:

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位

和食の一流シェフ 山下春幸さんが考案した、すき焼きのレシピをご紹介します。

「トマト入り すき焼き」です。

このすき焼きは、普通のすき焼きには加えない、3つの変わった食材を使います。

それは、バターとハチミツとトマト。

これらの食材を加えると、特売品の安い牛肉でも美味しいすき焼きが作れると、山下さんはおっしゃいます。

実際に作ってみたところ、バターとハチミツのコクが印象的で、トマトの爽やかな酸味がアクセントになった、食べ応えのあるすき焼きができましたよ。

(一部情報元:TV「バイキング」一流シェフの家鍋 2016年3月9日放映)

「トマト入り すき焼き」の作り方

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位

山下さんのすき焼きのレシピです。

料理のポイントは3つあります。

1つは、牛肉をバターで焼くこと。
ごく一般的なすき焼きは牛脂で焼きますが、山下さんによるとバターを使うと、コクがあり脂っこくないすき焼きが出来ます。

2つめは、割り下にハチミツを加えること。
肉が柔らかくなり、風味が増します。

3つめは、具材にトマトを使うこと。
トマトの旨味が、ダシ汁の代わりになります。
またトマトの酸味が加わることで、すき焼きの甘みに奥行きが出るので、肉の味が引き立ちます。

なおレシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4人分】
赤身牛薄切り肉 400g
トマト 2~3個
ゴボウ 2本
シイタケ 5個
白ネギ 2~3本
玉ネギ 中2~3個
春菊 1/2束
無塩バター 100g
好みで4個
割り下
濃い口醤油 180cc
本みりん 100cc
日本酒 80cc
三温糖 160g
ハチミツ 20g
昆布 6g
作り方
  1. トマトは、厚さ2センチのくし切りにする。シイタケは芯を取り、飾り切りする。
    ゴボウは厚めのささがきにし、玉ネギは薄切りにする。
    白ネギは、表面に3ミリ間隔で斜めの切り込みを入れ、4センチの輪切りにする。
    春菊は、食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋を温めバターを溶かし、牛肉の片面だけに、軽く焼き目をつける。
  3. 2の鍋肌から割り下をゆっくりと加え、煮立たせる。
    トマトを加え、煮立ったらゴボウ・シイタケ・白ネギ・玉ネギを加える。
    ひと煮立ちさせ、仕上げに春菊をのせたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

「トマト入り すき焼き」を作ってみた

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
【工程1】
まず、野菜を切ります。

トマトは、厚さ2センチくらいのくし切りに、シイタケは芯を取り、飾り切りにします。

さらに、ゴボウは厚めのささがきにし、玉ネギは薄切りにします。

そして白ネギは、表面に斜めの切り込みを入れ、4センチくらいの輪切りにします。

春菊は、食べやすい大きさに切ります。

また割り下の材料は、事前に混ぜておきます。

なおこの割り下は、三温糖を比較的多めに使うレシピになっています。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
【工程2】
次に、牛肉をさっと焼きます。

温めた鍋にバターを引き、牛肉を並べます。
そして片面だけに、軽く焼き目をつけます。

ちなみに上の写真では火加減が確認出来ませんが、山下さんは、南部鉄の鍋を事前にアツアツにして、牛肉をジュッと短時間で焼きあげていました。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
【工程3】
牛肉の片面を焼いたら、鍋肌から割り下をゆっくり注ぎ、煮立たせます。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
割り下が煮立ったら、トマトを加え、再度沸騰させます。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
続いてゴボウ・シイタケ・白ネギ・玉ネギを加え、ひと煮立ちさせます。

野菜はかなりたっぷり入ります。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
最後に春菊をのせたらできあがり。

すき焼き 割り下 レシピ 人気 1位
ごく普通のすき焼きのように、卵を絡めていただきます。

全体的には、三温糖とハチミツのコクのある甘みと、バターのコクがとても印象的。
こってりとした、甘みの効いたすき焼きに仕上がります。

その中にトマトの爽やかな酸味がところどころに感じられ、良い感じのアクセントになっています。

安い牛肉を使いましたが、食べ応えのあるすき焼きが出来ましたよ。

関連レシピ