半熟卵の作り方。簡単でガス代を節約できます。

投稿日:2013年6月11日 更新日:

半熟卵(半熟玉子)の簡単な作り方

わが家で実践している、超簡単な半熟卵の作り方をご紹介します。ガス代も節約できます。
ポイントはこちら。

調理のポイント
  • たまごと水から鍋に入れ、沸騰したら火を止める。

沸騰したら、もうそれ以上加熱しません。たまごに火を通すには、余熱で十分です。

では作り方をもう少し詳しくご説明します。

ガス代節約。半熟たまごの作り方

半熟卵 作り方 簡単 半熟玉子

半熟卵の作り方
  1. 卵がぎりぎり入るくらいの大きさの鍋を用意する。
    光熱費節約のため、厚手の鍋や土鍋などはさけ、熱伝導の良いアルミや鉄などでできた薄い鍋を選ぶ。
  2. 冷蔵庫から出したての卵を鍋に入れ、卵のアタマがギリギリ隠れるくらいの水を注ぐ。
  3. 鍋にフタをして火にかける。
    鍋が小さい場合は、炎が鍋底からはみ出さない程度に火力を調整し、沸騰させる。鍋底にあたっていない火は、ただ無駄に焚かれているだけなので、ガスの無駄使いになる。
  4. 沸騰したらフタをしたまま火を止め、5分後に流水にさらし冷やす。

ちなみに固ゆで卵を作りたい場合は、5分たっても卵を取り出さずに、そのまま鍋のなかで冷めるまで放置します。

半熟卵(半熟玉子)の簡単な作り方
鍋の材質や大きさなどで出来上がりが若干変わりますが、上の写真のような半熟卵ができます。

使用する鍋を決めておくと、感覚がつかめるのでいいですよ。

ガス代を節約しつつ簡単につくる半熟たまご。是非お試しください。

関連レシピ