やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

玉ねぎの栄養と健康効果。血液サラサラの効能をアップさせる方法。

投稿日:2016年3月25日 更新日:

玉ねぎの栄養成分と健康効果をご紹介します。

玉ねぎは栄養価がとても高い食材です。

玉ねぎを英語に訳すと「onion」。
「onion」は、ラテン語の「unio(真珠)」が語源で、昔から「真珠のような神秘的な力を与えてくれる野菜」だと考えられてきました。

玉ねぎ博士こと、北翔大学名誉教授の西村弘行さんによると、玉ねぎには特に「血液をサラサラにする効果」と「疲労回復効果」が期待できるそうです。

血液をサラサラにする効果をアップさせる方法も合わせてお伝えします。

(一部情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2018年9月25日、2014年9月23日放映、TBS「名医のTHE太鼓判!」2018年10月29日放映)

玉ねぎの栄養価

玉ねぎ博士こと、北翔大学名誉教授の西村弘行さんによると、玉ねぎには血管に良い2大成分が含まれてるそうです。

血管を硬くさせない「ケルセチン」と、血流改善に欠かせない「アリシンよう物質」。

この2つ成分について西村さんは次のように仰っています。

玉ねぎのケルセチン

「ケルセチン」には抗酸化力があり、活性酸素を撃退する働きがあります。

ストレスなどによって生まれた活性酸素は、悪玉コレステロールと結びついて有害な物質に変わります。
そうすると免疫細胞「マクロファージ」が、その有害物質を破壊しようとして取り込みますが、マクロファージ自身がかゆ状になって、血管壁にへばりついてしまいます。
これが動脈硬化の原因となり、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まります。

ケルセチンには、そんな状況になる前に、活性酸素を減少させる働きがあるんです。

またケルセチンは、2017年にカナダのゲルフ大学で行われた研究で、大腸がんの細胞を減少させることが明らかになりました。
他のがんについては研究中です。


皮が茶色い玉ねぎはケルセチンが豊富

ケルセチンは、皮が濃い茶褐色をした玉ねぎに多く含まれています。

ケルセチンは、もともと玉ねぎが日光のストレスから身を守るために作り出した成分なので、日の光を良く浴びた玉ねぎほど、ケルセチンの含有量は多くなります。
季節で言えば、秋の玉ねぎが1番。
秋に穫れる玉ねぎは、紫外線の多い夏場に整腸するため、ケルセチンが多くなります。
その含有量は、春に穫れる玉ねぎの1.5〜2倍。
秋には玉ねぎを積極的に食べましょう。

ちなみに、天日干しした玉ねぎでも、ケルセチンの量は多くなります。
管理栄養士の赤石定典さんによると、1週間太陽の光を浴びせるととケルセチンの量は4倍になるそうです。


ケルセチンは油との相性が良い

またケルセチンは、油と一緒に取ると吸収率がアップするという特徴があります。
生の玉ねぎに、油入りのドレッシングをかけるだけでもOK。
加熱にも強いので、調理にも向いています。

玉ねぎのアリシン様物質

「アリシン様物質」は玉ねぎの辛味成分です。

玉ねぎの細胞には「含硫アミノ酸」と「酵素」が膜で仕切られて別々に存在していますが、玉ねぎを切ることでこれらが反応して「アリシン様物質」ができます。

そして玉ねぎを切ってからしばらく置くと、「アリシン様物質」は、血流改善効果が期待できる「硫化プロペニル」に変わります。
「アリシン様物質」をムダなく「硫化プロペニル」に変えるには、切った玉ねぎを常温に1時間半〜1時間置くのがおすすめです。
「硫化プロペニル」には、血液の中の血小板が固まるのを防ぐ働きがあるので、血流の改善が期待できます。


アリシン様物質は水に溶けやすい

アリシン様物質には、水に溶けやすいという特徴があります。
玉ねぎを水に5分さらすだけで、アリシン様物質は50%も失われてしまいます。
玉ねぎを茹でる場合も同じです。
玉ねぎで味噌汁を作って汁ごと飲むのはOKですが、水にさらしたり茹でたりすると、せっかくの栄養が流出しやすいのでモッタイナイです。

またアリシン様物質には、しっかり熱を加えると、血流改善効果が期待できる「硫化プロペニル」に変化しやすいので、玉ねぎは加熱調理をするのがおすすめです。

ビタミンB1・アリシン・オリゴ糖

また玉ネギは「ビタミンB1」が豊富なので、疲労回復効果があります。
香り成分の「アリシン」は、血液をサラサラにする働きと合わせて、ビタミンB1の吸収を助ける作用があります。

さらに玉ねぎに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌のエサになるので、腸内環境を良くする効果が期待できます。

管理栄養士の岸村康代さんによると、タマネギは、野菜の中ではトップクラスといえるほどオリゴ糖が多く含まれているそうです。

次に玉ねぎの血液サラサラ効果をアップさせる方法をご紹介します。

玉ねぎの血液サラサラ効果をアップさせる方法

最後に玉ねぎの血液サラサラ効果を高める方法をまとめました。

ポイントは次の6つです。

  • 皮が濃い茶色の玉ねぎを選ぶ
  • 皮をむいた後に日光に当てる
  • 水に一切さらさない
  • 玉ねぎの切り方は、繊維を断ち切るように直角にスライスするか、あるいは、できるだけ細かく切る
  • 切ってから1時間半〜2時間常温で置く
  • 油を使って加熱調理する

それぞれの理由は、先に説明した「玉ねぎの栄養価」をご覧ください。

玉ねぎは、皮をむいた後に1週間ほど日光に当てると、血液サラサラのもとになる「ケルセチン」が4倍まで増えるそうです。(一部情報元:その調理、9割の栄養捨ててます

また玉ねぎは、繊維を断ち切るようにスライスしたり、できるだけ細かく切ると、細胞の中身が出やすくなるので、血液サラサラのもとになる「アリシン様物質」が増えます。

ちなみに、風邪予防が目的で玉ねぎを摂りたい方は、生食の方が向いてるようです。

玉ねぎの皮の栄養

ところで玉ねぎのサラサラ効果のもとになる「ケルセチン」は、実は、実よりも皮の方に多く含まれています。

皮に含まれる「ケルセチン」の量は、実の20倍にもなります。
(一部情報元:その調理、9割の栄養捨ててます

玉ねぎの皮のレシピ

「ケルセチン」は、すでにお伝えした通り、水に溶けやすいという性質があります。

ですからその特性を利用して、皮を煮出して「玉ねぎ茶」にしたり、そのお茶をカレーやスープに使ったりすると、血液サラサラ効果がさらにパワーアップします。

他の調理法としては、皮をフライパンで炒って、ミルサーなどでパウダー状にしてふりかけにしたりする方もいらっしゃるようです。

玉ねぎ茶は意外と飲みやすいようなので、ご興味のある方は是非お試しください。

関連記事

玉ねぎの辛味の抜き方2パターン。水にさらす、もしくはそのまま放置。

玉ねぎの辛味の抜き方を2パターンご紹介します。1つ目の方法は、「玉ねぎをスライスして水にさらす」です。水にさらすことで特有の辛味成…

玉ねぎの上手な保存方法。健康効果をアップさせる保存方法も紹介。

玉ねぎの理想的な保存の仕方をご紹介します。玉ねぎは、常温保存が基本で、風通しの良い冷暗所に置きます。ただ新玉ねぎや夏場の保存は、冷…

玉ねぎの冷凍保存。みじん切りでも丸ごとでもOK!保存期間も紹介。

玉ねぎを冷凍保存する方法をご紹介します。切ってしまった玉ねぎは、冷蔵だと、せいぜい3〜4日くらいしか日持ちしません。でも冷凍なら、…

りんごの栄養と健康効果。毎日のりんごで医者いらず!栄養成分を解説。

りんごに含まれる栄養と、その健康効果についてお伝えします。「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるほど、りんごは栄養価が高い…

甘酒の効能。麹と酒粕の健康効果の違い。

甘酒の健康効果を分かりやすくお伝えします。甘酒には大きく分けて2種類あります。ノンシュガーでノンアルコールの「米麹の甘酒」と、砂糖…

人参の栄養と健康効果。加熱・すりおろし・皮ごと調理で栄養アップ!

人参には、カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に注目すべき栄養素は、βカロテン。人参…

あさりの砂抜き2パターン。基本と50度の湯に浸す時短ワザ。

アサリの砂抜きの方法を2パターンをご紹介します。アサリの砂抜きをするには、海水と同じ3%の塩水にアサリを浸し、冷暗所に3時間から一…

かぼすの栄養と健康効果。ビタミンCとクエン酸が豊富!効能を解説。

かぼすに含まれる栄養と健康効果について解説します。

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

冷凍もOK!数の子の保存方法。賞味期限をのばす方法を解説。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

冷凍もOK!数の子の保存方法。賞味期限をのばす方法を解説。

数の子を長持ちさせるための保存方法を解説します。数の子の賞味期限は、種類によってかなり変わってきます。食べやすいように味付けされた…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

最新記事

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

切り昆布の生食用レシピ。切り昆布サラダ。ツナとマヨからしで美味しく!

甘み引き立つ!柿サラダの作り方。柿と大根を生ハムで巻くレシピ。

おせちの祝い肴!味付け数の子の作り方。定番の出汁醤油漬けのレシピ。

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

柿の風味を活かした、美味しいデザートの作り方をご紹介します。クリームチーズを使った簡単レシピになっていて、柿の間にチーズを挟み、は…

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

柿と牛乳を使ったプリンの作り方をご紹介します。火を一切使わないうえに、ゼラチンなどの凝固剤も使わない、超簡単レシピ。柿と牛乳をミキ…

切り昆布の生食用レシピ。切り昆布サラダ。ツナとマヨからしで美味しく!

生食用の切り昆布(刻み昆布)を使った、手軽に作れるサラダのレシピをご紹介します。切り昆布と合わせるのは、ツナ缶とマヨネーズ。ツナマ…

甘み引き立つ!柿サラダの作り方。柿と大根を生ハムで巻くレシピ。

柿を使った美味しいサラダの作り方をご紹介します。柿と合わせる食材は、大根と生ハム。大根と柿を切って、生ハムでくるっと巻いたお料理で…

おせちの祝い肴!味付け数の子の作り方。定番の出汁醤油漬けのレシピ。

お正月のおせち料理としてお馴染みの、味付け数の子の簡単レシピをご紹介します。数の子を味付けする際のポイントは、塩気がほんのりと残る…