ピクルスのレシピ。中華風ピクルス液の作り方。

公開: 更新:2016/04/19

ピクルス ピクルス液 レシピ

調理科学の専門家 佐藤秀美さんが考案した、ピクルスのレシピをご紹介します。

作り置きしておくと便利な、「中華風ピクルス」です。

黒酢のコクのある酸味が印象的な、味がしっかりと染みた美味しいピクルスが出来ますよ。

(情報元:TV「世界一受けたい授業」作り置きレシピ 2016年4月9日放映)

スポンサーリンク

中華風ピクルスの作り方

ピクルス ピクルス液 レシピ

佐藤さんの「中華風ピクルス」のレシピです。

調理のポイントは、玉ネギを必ず漬け込むこと。

玉ネギのにおい成分には、旨味を強く感じさせる作用があるので、他の野菜の美味しさもアップします。

材料
ピクルス液
黒酢 大さじ10
醤油 大さじ2
ゴマ油 小さじ4
砂糖 大さじ4
小さじ1/2
鷹の爪 1本
かつおだしの粉 小さじ1
野菜
玉ネギ 適量
キュウリ 適量
ニンジン 適量
大根 適量
作り方
  1. 玉ネギは、1センチ幅のくし切りにする。他の野菜は、1センチ厚の棒状にする。
    野菜を保存容器に入れる。
  2. ピクルス液の材料すべてを混ぜる。
  3. 1の容器の中に、野菜が浸るくらいの量の2を注ぐ。
    フタをして、冷蔵庫に1日入れたらできあがり。
    冷蔵庫で1週間ほど日持ちする。

野菜の歯応えを楽しみたい時は、2~3日目が食べ頃。
また味をしっかり染み込ませたい場合は、4日目あたりがおすすめです。

なおこのピクルス液は、3回まで野菜を追加して使うことができます。

ところで、最後に残ったピクルス液は、野菜の旨味や栄養が溶け出しているので、他の料理にいかすと良いそうです。

たとえば、マーマレードを少量加えると、美味しいドレッシングが作れるとのこと。
またインスタントコーヒーを加えると、本格的な中華風の餡が簡単に作れ、この餡を肉団子に絡めると、「黒酢 酢豚風ミートボール」になるそうです。

最後に、残ったピクルス液をいかした「黒酢 酢豚風ミートボール」のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

黒酢 酢豚風ミートボールの作り方

佐藤さんの「黒酢 酢豚風ミートボール」のレシピです。

材料【2人分】
残ったピクルス液 大さじ4
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1
インスタントコーヒー 小さじ1
肉団子(※) 6個
残ったピクルスの玉ネギ 適量

※佐藤さんの肉団子のレシピは、コチラの記事をご覧ください。

作り方
  1. ミートボールをレンジで軽く温める。
  2. 餡の材料すべてをよく混ぜ、残ったピクルスの玉ネギを加える。
  3. 2を冷たい状態のフライパンに入れ、ヘラで混ぜながらゆっくりと加熱し、とろみをつける。
    1を加え、餡をよく絡めたらできあがり。

インスタントコーヒーの苦味や香りはまったく分からず、味に深みが出るそうですよ。

スポンサーリンク
ピクルスのレシピ。栗原心平さんのシャキシャキ夏ピクルス。

野菜のシャキシャキ感を存分にいかした、夏野菜のピクルスのレシピをご紹介します。料理研究家の栗原心平さんが考案した「ピクルス」です。白ワインで...

ピクルスのおすすめレシピ。村田裕子さんの常備菜。

いろいろな野菜を使ったピクルスのお薦めレシピをご紹介します。料理研究家の村田裕子さんが考案した「ミックスピクルス」です。甘さ控えめのさっぱり...

北斗晶さんのピクルス超時短レシピ。レンジで1分。

レンジで1分加熱するだけで作れる、ピクルスの超簡単レシピをご紹介します。タレントの北斗晶さんが考案した「レンジで1分!即席ピクルス」です。ピ...

ふきのレシピ。幅広く料理にいかせる、和風ピクルスの作り方。

フキと言えばやはり、キャラブキにするのが最高ですが、私は「フキのピクルス」もよくつくります。「フキのピクルス」は、そのまま食べてもいいですし...

肉団子のレシピ。作り置きすると、簡単アレンジが出来ます。

調理科学の専門家 佐藤秀美さんが考案した、肉団子のレシピをご紹介します。タネに片栗粉を加えるので、柔らかくジューシーに仕上がります。またト...