洋風サラダちらし寿司のレシピ。生おからとたっぷりの野菜でヘルシーに。

投稿日:2016年4月11日 更新日:

洋風サラダちらし寿司

洋風サラダちらし寿司のお薦めレシピをご紹介します。

タレントの森公美子さんが考案した「洋風ちらし寿司」。
たったの10分で作れる、彩りのきれいなちらし寿司で、肉そぼろの代わりにおからを使うのが特徴です。

おからはかなりたっぷり使いますが、ご飯と野菜の水分でしっとり馴染んで、とても食べやすいです。

さっぱりとしつつも優しい旨味とコクがある、食べ応えのある一品ですよ。

(レシピ情報元:フジテレビ「バイキング」坂上忍とモリクミの時短!簡単!節約!晩ごはん 2016年4月11日放映)

洋風サラダちらし寿司のレシピ

洋風サラダちらし寿司

「洋風ちらし寿司」のレシピです。

材料【2人分:調理時間10分】
酢飯
温かいご飯 300g
オリーブオイル 大さじ1
しば漬け(みじん切り) 大さじ3
おからそぼろ
生おから 120g
ガーリックパウダー 適量
大さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2
その他の具など
ハム 3枚
プロセスチーズ 40g
ホールコーン 60g
キュウリ 1/2本
ミニトマト 8個
適量
黒コショウ 適量
作り方
  1. ハムは1.5センチ角に切り、チーズは1センチ角に切る。キュウリは薄い輪切りにし、ミニトマトは1個を4等分する。
  2. 【おからそぼろを作る】フライパンにオリーブオイルを引き、おからを入れ、ガーリックパウダーを振って軽く炒める。水・醤油・砂糖を加え、炒め合わせておからに火を通す。
  3. 【酢飯を作る】ご飯にオリーブオイルとしば漬けを混ぜる。
  4. 3のご飯が温かいうちにハム・チーズ・コーン(30g)・キュウリ・ミニトマト(4個分)・2を加えてよく混ぜ、塩・コショウで味を整える。
  5. 4を皿に盛り、コーン(30g)とミニトマト(4個)をトッピングしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

洋風サラダちらし寿司の作り方

ハムとチーズを角切りにしてきゅうりを薄切りにしてミニトマトを4等分する
【工程1】
まず、ハム(3枚)を1.5センチ角に切り、プロセスチーズ(40g)を1センチ角に切ります。

そして、キュウリ(1/2本)を薄い輪切りにし、ミニトマト(8個)を4等分します。


生おからをフライパンで炒めて味付けしておからそぼろを作る
【工程2】
次に、おからそぼろを作ります。

まず、フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を引き、生おから(120g)を入れ、ガーリックパウダー(適量)を振って、軽く炒めます。

そして、水(大さじ1)・醤油(大さじ1)・砂糖(大さじ1)を加え、炒め合わせて、おからに火を通します。(上の写真)

【調理のコツ】
おからをオリーブオイルで炒め、ガーリックパウダーで風味づけすると、お肉のような味わいになります。

ご飯にオリーブオイルとしば漬けを混ぜて酢飯を作る
【工程3】
続いて、酢飯を作ります。

温かいご飯(300g)に、オリーブオイル(大さじ1)としば漬け(みじん切り:大さじ3)を混ぜたら完成です。

【調理のコツ】
このちらし寿司の酢飯は、ご飯とオリーブオイルとしば漬けで作ります。

少し多めのオリーブオイルを混ぜると、ご飯がべちゃっとしにくくなります。


酢飯におからなどの具材を混ぜる
【工程4】
酢飯が温かいうちに、ハム・チーズ・コーン(半量:30g)・キュウリ・ミニトマト(半量:4個分)・おからそぼろを加え、塩・コショウ(各適量)で味を整えます。


皿に盛った酢飯にコーンとトマトをトッピングする
【工程5】
皿に盛り、コーン(残りの半量30g)とミニトマト(残りの半量:4個)をトッピングしたら完成です。

彩りがきれいなちらし寿司が、あっと言う間に完成します。


洋風サラダちらし寿司

おからは最初にフライパンで炒めるので、その際に少し水分が飛んでパラパラになりますが、酢飯や具材と一緒に混ぜると、しっとり馴染んで食べやすくなります。

お味の方は、優しくて深みがあって美味しいです。

酢飯とトマトのほのかな酸味に、おからやコーンの優しい甘み、そしてチーズやハムやオリーブオイルのマイルドなコクが加わり、それらの味がほど良く調和していて、食べていてとても楽しいですよ。

関連レシピ