やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

納豆の栄養と健康効果。ナットウキナーゼとビタミンB2・Kの摂り方。

投稿日:2016年4月13日 更新日:

納豆の栄養と健康効果

納豆の栄養と健康効果について詳しくお伝えします。

医学博士の白澤卓二さんによると、納豆の栄養をムダなく摂るには、食べ方にこだわると良いそうです。

白澤さんのおすすめの食べ方は、納豆を冷ましたご飯の上にのせ、牛乳と一緒に夜食べること。

そうすると、納豆の栄養効果を最大限に引き出せるそうです。詳しくお伝えします。

(情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2016年4月12日放映、TBSテレビ「この差って何ですか?」2018年4月24日放映、日本テレビ「ヒルナンデス!」2018年6月11日放映)

納豆の栄養と効能

納豆の栄養と健康効果

白澤さんによると、納豆には次の3つの健康効果があるそうです。

納豆の効能
  1. 血液をサラサラにする
  2. 美肌になる
  3. 骨を丈夫にする

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素には、固まった血液を溶かしてサラサラにする効果がり、脳卒中や心筋梗塞などの予防にも良いそうです。
ちなみにナットウキナーゼの血液を溶かす働きは強力で、いったん固まった血液を溶かすことができるのはナットウキナーゼくらいなので、心筋梗塞を起こしたことがある方の再発防止に超おすすめだそうです。

また納豆には、肌を作る「ビタミンB2」と、シミやシワ予防に効果がある「レシチン」が豊富に含まれているので、美肌効果も期待できるとのこと。
ちなみにビタミンB2は大豆の約6倍、またレシチンは約1.5倍も多く含まれているそうです。

さらに納豆には「ビタミンK2」も多く含まれているので、骨の強化に役立ち、骨粗鬆症の予防にもなるようです。
大豆とくらべると、その量は86倍にもなるとのことです。

ただこれらの栄養を無駄なく摂るには、納豆の食べ方にちょっとした工夫が必要です。

納豆の栄養をムダなく摂る食べ方

納豆の栄養と健康効果

白澤さんによると、納豆の栄養を無駄なく摂取するには、次のような4つの食べ方を抑える必要があるそうです。

納豆の理想的な食べ方
  1. 冷ましたご飯にかける
  2. 夜に食べる
  3. ひきわり納豆を選ぶ
  4. トッピングにこだわる

以上の食べ方について簡単に説明します。

納豆は冷ましたご飯にかける

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素は、冒頭でもお伝えした通り、血液をサラサラにして脳卒中や心筋梗塞の予防に効果がありますが、熱に弱いのが欠点だそうです。

ナットウキナーゼは、50度で活性が鈍くなり、70度以上になると死んでしまいます。
炊きたてのご飯は80度ほどなので、アツアツのご飯に納豆をのせると、ナットキナーゼの栄養効果が失われてしまうそうです。
(アツアツのご飯に納豆をかけると、6割のナットウキナーゼが死滅するというデータがあります。「その調理、9割の栄養捨ててます!」より引用)
ちなみにナットキナーゼだけでなく「ビタミンB」も、ご飯が熱すぎると無くなるようなので、少し気を付けるといいですよ。

ご飯を3分ほどかけて人肌くらい(45〜50度)まで冷まして納豆をかけると、これらの栄養を無駄なく摂れるそうです。

ところで当然のことながら、これは納豆チャーハンを作った場合にも当てはまります。
納豆を加熱調理しても、ナットキナーゼとビタミンBは損なわれます。
ただ納豆に含まれる「たんぱく質」「カルシウム」「鉄分」「マグネシウム」「食物繊維」といった他の栄養は壊れることはないようです。

納豆は夜に食べる

納豆の栄養と健康効果

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」には、何度もお伝えしている通り、血液をサラサラにする効果がありますが、血液が固まりやすいのは体を動かしていない寝ている時なので、納豆は夜食べるのがおすすめだそうです。

ちなみに「ナットウキナーゼ」は、食後4時間ほどしてから効果を発揮し始め、それから8時間ほど効果が持続すると言われているそうです。
ですので納豆は、寝る4時間くらい前に食べて、寝ている間に効果を発揮させることが大切だということです。

また納豆は、肌にも良いことを冒頭でお伝えしましたが、肌は寝ている間に作られるので、そうした意味でも、納豆は夜に食べるのが良いそうです。

ひきわり納豆を選ぶ


ビタミンKの含有量(μg)
「この差って何ですか」より数値を引用

また納豆は、ごく一般的な粒納豆ではなく、ひきわり納豆を選ぶ方が健康効果は高いそうです。

上のグラフをご覧いただくと分かりますが、ひきわり納豆には、粒納豆のおよそ1.5倍ものビタミンKが含まれています。

このような違いが出る理由は、納豆の粒の大きさにあります。
「ひきわり納豆」は、大豆の粒を最初に砕いて作るので、発酵過程の表面積が圧倒的に広くなります。
そのため、発酵によって生まれる「ビタミンK」の量が増えるというわけです。

ちなみに認知症に効果があると言われている「スペルミジン」の含有量も、ひきわり納豆の方が多くなるようです。

トッピングにこだわる

納豆の栄養と健康効果

ところで納豆に何をトッピングするかによっても、栄養効果が変わってくるそうです。

白澤さんのおすすめのトッピングは、次の4つです。

納豆の栄養効果を高めるトッピング
  1. 牛乳
  2. ごま油
  3. ねぎ
  4. キムチ

納豆の栄養と健康効果
【牛乳と一緒に食べる】
納豆と牛乳は、骨粗鬆症の予防におすすめの組み合わせだそうです。

この組み合わせは、抵抗を感じる方がいらっしゃると思いますが、北海道では、納豆と牛乳を組み合わえる食べ方があるそうです。

ちなみに上の写真は、北海道でよく食べられているという「牛乳納豆茶漬け」です。
リンク先では、北海道の富良野にお住まいの、脚本家の倉本聰さんのレシピを紹介しています。
納豆ご飯に洋風のエッセンスが加わり、リゾットっぽくいただけますよ。

さて白澤さんによると、納豆と牛乳という組み合わせが良い理由は次の通りです。

牛乳には、体に吸収されやすい良質なカルシウムが含まれていますが、吸収された後に骨に届けるには「ビタミンK」が必要になります。
納豆には「ビタミンK」が豊富に含まれているので、納豆と牛乳を一緒に食べると、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を促進することができます。


納豆の栄養と健康効果
【ごま油をかける】
また納豆にごま油を垂らすのも良いそうです。

その理由は、納豆と油を一緒に摂ると「ビタミンK2」の吸収率が高まるから。
ビタミンK2には、骨のタンパク質を変性させ、カルシウムを吸収しやすくする働きがあるようです。
骨を強くするには、カルシウムだけでなく、ビタミンK2も一緒に摂ることが大事だそうですよ。


納豆の栄養と健康効果
【ねぎをトッピング】
納豆にねぎをトッピングするのもおすすめだそうです。

ねぎには硫化アリルという物質が含まれているので、納豆の血液をサラサラにする効果をさらに倍増してくれるそうです。


納豆の栄養と健康効果
【キムチをトッピング】
キムチには、カプサイシンという物質が入っていて、納豆と一緒に食べると血管を広げて血流を良くし、新陳代謝を促進する効果が期待できるそうです。


納豆の理想的な食べ方まとめ

納豆の栄養と健康効果
これまでご紹介してきた、白澤さんのおすすめの納豆の食べ方をまとめると、次のようになります。

納豆は「ひきわり納豆」を選び、夜寝る前に、冷ましたご飯の上にかけて、牛乳・ごま油・ねぎ・キムチなどと一緒に食べる。

このように食べると、納豆の栄養効果をムダなく摂れるそうです。

是非お試しください。

ところで最後に納豆の健康効果がアップする食べ方をあともう1パターンご紹介します。
管理栄養士の濱裕宣さんが考案した「オニオンとアボカドの納豆丼」です。
濱さんによると、納豆に玉ねぎとアボカドを組み合わせると、納豆の血液をサラサラにする効果がよりアップするそうです。
とても美味しいお料理なので、リンク先も合わせてご覧ください。

人気レシピ集

テレビで話題のプロやタレントの人気レシピ。ランキングはリアルタイムで入れ替えています。

食材

納豆の人気レシピ(16品)







前の記事

小松菜のおひたしのレシピ。電子レンジを使った作り方。

電子レンジを使った、小松菜のおひたしのレシピをご紹介します。 電子レンジで加熱すると、普通に茹でる場合とくらべ、良いところが3つあります。 …

次の記事

家事えもんの肉じゃがのレシピ。フワトロ肉じゃが。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、肉じゃがのレシピをご紹介します。 新ジャガで作る「フワトロ肉じゃが」です。 この肉ジャガ…

関連記事

納豆と砂糖のレシピ。人気納豆店の砂糖がけ納豆ごはん。

人気納豆店が考案した、納豆ご飯のレシピをご紹介します。 秋田県横手市にある納豆専門店「二代目 福治郎」の店主、古屋和久さんが考案した「砂糖が…

納豆酢のレシピ。健康に良いふわとろ納豆2パターン。

納豆酢(酢納豆)のレシピを2パターンご紹介します。 1品めは納豆メーカーの「タカノフーズ」が考案した「納豆酢」。 納豆に酢を加えると、きめ細…

牛乳納豆茶漬けのレシピ。倉本聰さんの3分でできる料理。

ちょっと変わった納豆ご飯のレシピをご紹介します。 脚本家の倉本聰さんが考案した「牛乳納豆茶漬け」です。 ご飯の上に納豆をのせ、牛乳とだし醤油…

納豆丼のおすすめレシピ。栄養満点アボカド玉ねぎ丼。

納豆丼のおすすめレシピをご紹介します。 管理栄養士の濱裕宣さんが考案した「オニオンとアボカドの納豆丼」です。 このお料理は、健康効果がとても…

「ハイ!チーズたれ納豆」。クリームチーズをかけて、パンにのせて食べる斬新な納豆。

今年(2014年)8月に発売されたばかりの、ヤマダフーズの「ハイ!チーズたれ納豆」。 味付けや食べ方がとても斬新であるため、話題になっていま…

人気記事ランキング

プロがすすめる、とうもろこしの加熱法。皮つきのまま電子レンジでチン。

トウモロコシの生産者がすすめる、トウモロコシが美味しくなる加熱法をご紹…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。 私は10年ほど前から自家製梅干しを作っ…

うなぎの蒲焼きの温め方。おすすめ6パターンまとめ。

うなぎの蒲焼きの美味しい温め方を6パターンご紹介します。 当サイトでは…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。107日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを107パターンご紹介します。 107品すべて…

ピックアップ記事

冷やしうどんのおすすめレシピ。小倉優子さんの簡単料理。

冷やしうどんのおすすめレシピをご紹介します。 ゆうこりんこと、タレント…

ピーマンの塩昆布和えのレシピ。ミシュランシェフのさっぱりおかず。

ピーマンがたっぷり食べられる簡単レシピをご紹介します。 ミシュランガイ…

ニラ玉のおすすめレシピ。10分でできる人気シェフのふわとろ中華。

ニラ玉のおすすめレシピをご紹介します。 中華料理の名店「美虎」のオーナ…

得する人損する人の人気レシピ。得損ヒーローズの料理228品まとめ。

家庭料理の斬新なアイデアが盛りだくさんの人気番組、日本テレビの「あのニ…

そうめんの美味しい茹で方。超一流そうめん職人のおすすめです。

超一流そうめん職人がすすめる、そうめんの美味しい茹で方をご紹介します。…

枝豆をレンジでチンする方法。時間は500wで5分。

枝豆を電子レンジでチンする方法をご紹介します。 群馬県沼田市の人気枝豆…

枝豆を蒸し焼きにする方法。栄養もムダなく取れます。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。 管理栄養…

枝豆の美味しい茹で方。茹で時間は4〜5分。

枝豆の上手な茹で方を2パターンご紹介します。 1つめは基本の茹で方で、…

うなぎの蒲焼きの温め方。おすすめ6パターンまとめ。

うなぎの蒲焼きの美味しい温め方を6パターンご紹介します。 当サイトでは…

鶏ハムのおすすめレシピ。伝説の家政婦 志麻さんの時短料理。

鶏ハムのおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事代行サー…

シューファルシのお薦めレシピ。伝説の家政婦 志麻さんのロールレタス。

シューファルシのおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。 そろそろ梅雨入りかなとい…

卵焼きサンドイッチのお薦めレシピ。天のやの人気玉子サンド。

ふわふわの厚焼き卵をパンで挟んだ、卵焼きサンドイッチの超おすすめレシピ…

たまごサンドのレシピ。プロが教える美味しいサンドイッチの作り方。

プロのサンドイッチ屋さんがすすめる「たまごサンド」のレシピをご紹介しま…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

梅酒の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

手作り梅酒のおすすめレシピをご紹介します。 私は10年ほど前から梅酒を…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。107日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを107パターンご紹介します。 107品すべて…

北斗晶さんのチーズタッカルビのレシピ。金スマで話題の作り方。

TBSテレビの「中居正広の金スマスペシャル」で話題になった、タレントの…

そばの実ダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、そばの実ダイエットのレ…

きゅうりダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった「きゅうりもぐもぐダイエ…

山椒の実の下処理の方法。簡単な枝の取り方・アク抜き。

山椒の実のアクを抜く方法と、実に付いた枝の簡単な取り方をご紹介します。…

バナナの保存方法。ラップやビニール袋で覆って冷蔵庫が一番長持ち。

バナナを生のまま日持ちさせる保存方法をご紹介します。 おすすめは冷蔵保…

ギーの作り方。インドのバターオイルを簡単に手作りする方法。

インドのバターオイル「ギー」を手作りする方法をご紹介します。 インド・…

プロの作り置き人気レシピ。常備菜122品まとめ。

プロが考案した野菜や魚介を使った料理の中から、常備菜におすすめの人気レ…

柳澤英子さんのやせるおかず作り置きレシピ。71品まとめ。

料理研究家の柳澤英子さんの人気レシピ71品をご紹介します。 当サイトで…

みきママの人気レシピ。節約簡単料理89品まとめ。

おうち料理研究家のみきママの人気レシピ89品をご紹介します。 当サイト…

小倉優子さんの人気レシピ。ゆうこりんの料理26品まとめ。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんの人気レシピを26品ご紹介します…

北斗晶さんの料理人気レシピ。85品まとめ。

タレントの北斗晶さんの人気レシピ85品をご紹介します。 子供も喜ぶ優し…

平野レミさんの人気レシピ。71品まとめ。

料理愛好家の平野レミさんの人気レシピを71品ご紹介します。 おしゃれな…

プロの作り置き人気レシピ。肉の常備菜51品まとめ。

プロが考案した肉料理の中から、常備菜におすすめの人気レシピを51品ご紹…

超時短レシピ。10分以内で作れる人気料理222品まとめ。

10分以内で作れる時短レシピを222品ご紹介します。 当サイトではテレ…

超時短レシピ。3分以内で作れる人気料理82品まとめ。

3分以内で作れる時短レシピを82品ご紹介します。 当サイトではテレビで…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。おすすめメニュー185品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ185品をご紹介します。 ダイエットや健…

銀だこが教える、たこ焼きのレシピ。家庭で作る方法。

人気たこ焼きチェーン店「築地 銀だこ」がすすめる、家庭でもできる、タコ…

ポッサムのレシピ。ファン・インソンさんの本格韓国料理。

ポッサムの本格レシピをご紹介します。 男性なのに可愛すぎると話題の、い…

バクテー(肉骨茶)のお薦めレシピ。人気のシンガポール料理の作り方。

バクテー(肉骨茶)のおすすめレシピをご紹介します。 インド料理の名店「…

最新記事

鶏手羽中の煮込みのおすすめレシピ。電子レンジで簡単に作れます。

鶏手羽中の煮込みのおすすめレシピをご紹介します。 人気フレンチビストロ…

枝豆のおすすめレシピ。おつまみにぴったりの紹興酒漬け。

枝豆のおすすめレシピをご紹介します。 料理家の栗原心平さんが考案した「…

チーズインハンバーグの簡単レンジレシピ。あさイチで話題。

電子レンジを使ったチーズインハンバーグのお薦めレシピをご紹介します。 …

なす味噌田楽の簡単レシピ。フライパン1つで作れます。

ナスを使った味噌田楽の簡単レシピをご紹介します。 料理家の栗原心平さん…

枝豆の保存方法。生のまま冷凍が一番おすすめ。

枝豆の賢い保存方法をご紹介します。 買った枝豆はすぐに冷凍庫に入れるの…