やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

「Black Paint」という名の、真っ黒なオーガニック石鹸。使用感をレポートします。

投稿日:2013年6月13日 更新日:

black paint 石鹸

上の写真は、私が現在使っている洗顔石けん「Black Paint(ブラックペイント)」を撮ったものです。水晶の小石の上にのった黒い塊は、実は石けんなのです。

今日はこの石鹸の使用感をレポートします。

Black Paintの使い方

実はこの黒い石けん、ふつうの石けんとは使い方がかなり異なります。私はもう慣れましたが、購入したばかりの頃は少々戸惑いました。

石けんの使用方法を簡単に説明します。

まず、石けんをお湯に40秒ほどつけます。すると、封を開けた時にはコチコチに固まっていた石鹸が、トロトロっと溶けたチョコレートのようになるんです。(この変化はなかなか面白いですよ。)

で、これを顔に広げて軽く20秒ほどマッサージ。その後は、お湯で流します。ちなみに、次の日に使う時にも、この工程を繰り返します。なぜなら、一日置いてしまうと、生チョコのように柔らかかった石けんは、また固まってしまうからです。

石鹸についた雫がたれて、石けん置き場はすぐに黒くなります。私は、それがちょっと気になったので、この石けんの受け皿として黒い小皿を使っています。

Black Paintの使用感

次に、私がこの石けんを使った感想をまとめました。まずは、良かったところです。

    良かったところ

  • 香りが上品
    天然オイルのほのかな香りでとてもリラックスできます。
  • クレンジングと洗顔をかねている
    一石二鳥。素直に嬉しいです。
  • 良質な素材が使われている
    これは、あくまでも私の判断です。ネットなどで調べてみたところそう感じました。 (後述)
  • 製法にこだわっている
    ブラックペイントは、天然素材の良さを生かすため、「コールドプロセス」という製法でつくられています。(後述)

ブラックペイントには、なんと23種類のオーガニック植物オイルが使われているそうです。上品な香りは、それら植物オイルによるものなんですね。参考のため全成分をメーカーのHPから引用します。

ブラックペイントの成分
石鹸素地・水・オリーブ油・黒砂糖・尿素・アーモンド油・炭・マツエキス・パーム油・ヤシ油・ホホバ種子油・酸化鉄・加水分解シルク・ラベンダー油・ハチミツ・チャ葉ダマスクバラ花油マカデミアナッツ油アボカド油ローズヒップ油ブドウ種子油月見草油アマニ油ルリジサ種子油サフラワー油ヒマワリ種子油ピーナッツ油ゴマ油クルミ種子油シソ種子油アンズ核油ヘーゼルナッツ種子油ローズ油

※ 太字はオーガニック。(保湿成分)
※ 石鹸素地は、オーガニックオイルを使用。(洗浄成分)
※ チャ葉は、国産有機茶葉を使用。(エモリエント成分)
※ 加水分解シルクはフィブロインパウダーを使用。(保湿成分)

「石鹸素地」について

ところで、石けんというのは、使用されている油がどのようなものなのかがとても重要だとか。

「真実のナチュラルコスメ読本」(勝田小百合・小松和子共著)によると、原材料をひとまとめにして「カリ石鹸素地」もしくは「石鹸素地」と表記することで、実は質の悪い油脂を原材料としていたとしても、その事実を隠すことができるのだそうです。

原材料に「(カリ)石鹸素地」を謳っているものの中には、「酸化しやすいオメガ3系の油を使っていたり、廃油を使っていたり、質の悪い牛脂や豚の脂を使っていたりするものもある」のだとか。

自宅から出た廃油で石けんを手作りなんてこともできますが、実はそれ、肌にはあまりよろしくないんですね。

さて、「石鹸素地」ですが、ブラックペイントの場合には、「オーガニックオイルを使用」と説明されています。一口にオーガニックオイルといっても色々ありますが、私は、安心できるように感じました。

コールドプロセス製法

また、ブラックペイントは製法にもこだわってつくられているようです。

ごく普通の石けんは、100度以上の高温釜で加熱してつくられるのですが(ホットプロセス製法)、ブラックペイントは、低温(37度以下)で時間をかけて加熱してつくられているそうです(コールドプロセス製法)。

シムシムジャパンという会社のサイト情報によれば、コールドプロセス製法は、「高温にならないので油脂が持つ有用な成分がそのまま残ります。未反応の油脂は脂肪酸となってお肌に作用するので肌には一番いい製法」だそうです。

もちろん、コールドプロセス製法の方が、ホットプロセス製法と比べて劣ることもあります。それは時間・手間がともにかかり製造コストが高いこと。また、出来上がった石けんの泡立ちがあまり良くないということです。

最後に、ブラックペイントを使ってみてイマイチだと思ったことをまとめました。

    イマイチなところ

  • 洗面所が黒く汚れる。服に飛ばないよう注意が必要。
  • 「毛穴を洗う石鹸」と謳っているが、それほど毛穴がキレイになった気がしない。
  • 効果には個人差があると思います。私は、毛穴の変化を実感できませんでした。

  • 目に入るととても痛い
  • 泡立ちにくい
  • 洗顔の際、肌は極力こすらないようにすべきというのは、多くの専門家が指摘するところです。泡立ちにくいと、どうしても肌に刺激を与えてしまいがちです。ですから、泡立ちの悪いブラックペイントは、お湯でしっかりと溶かしてたっぷり使用するべきだと思います。
    また、使用方法に謳われている「マッサージ」もほどほどにした方が良いと思います。私はブラックペイントで熱心にマッサージをしていた初期の頃、肌にピリッとした刺激を感じました。洗顔時間は20秒程度というのをしっかり守り、できるだけ肌に刺激を与えない方法で洗顔するのが良いと思います。

  • 価格がちょっと高い

以上。イマイチな点の方が多くなってしまいました(笑)。

でも私は、このブラックペイントという石けんは良いと思います。良心的につくられている感じがします。ただ、今後絶対浮気はしないぞ!というほど気に入っているわけではありませんが。

石けんが生チョコのようにトロッと溶けるところ、面白いですよ。是非、お試しください。

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…