サイゲン大介さんの人気レシピ。24品まとめ。

投稿日:2016年6月3日 更新日:

舟和の芋ようかん

芋ようかんの簡単レシピ。舟和の味を再現!寒天を使った作り方。

舟和の芋ようかん

老舗和菓子店「舟和(ふなわ)」の芋ようかんの再現レシピです。

舟和の芋ようかんの原材料は、甘藷かんしょ・砂糖・食塩のみ。
風味と食感が良く、味わいが上品で、とても美味しいです。

レシピ考案者のサイゲンさんによると、そんな舟和の芋ようかんは、「黒糖」と「粉寒天」を使えば、簡単に再現できるとのこと。
蜜芋のようなコクのある上品な甘さを「黒糖」で、またしっかりとした歯応えを「粉寒天」を使って表現できるそうです。

実際にサイゲンさんの芋ようかんを作ってみたところ、十分美味しいです。
甘みとコクが感じられて、家庭で作る芋ようかんとしては、かなりのおすすめレシピです。

35分
サツマイモ黒糖上白糖粉寒天

叙々苑のドレッシング

サイゲン大介さんのドレッシングのレシピ。叙々苑の味を再現。

叙々苑のドレッシング

サイゲンさんの再現レシピの中で、私がこれまで最も本物に似ていると思ったのは、このドレッシングです。

上の写真の左側が、本物の叙々苑のドレッシング。右側が、サイゲンさんのレシピで作ったドレシングです。

見た目も味も、本物とは少し違います。
でも手作りドレッシングとしては、十分美味しいです。
アンチョビの旨味をいかした味わい深いドレッシングが、家庭でも簡単に作れますよ。

5分
濃口醤油砂糖うまみ調味料おろしニンニクアンチョビサラダ油ゴマ油白ゴマ

CoCo壱番屋のカレー

サイゲン大介さんのカレーのレシピ。CoCo壱番屋の味を再現。

CoCo壱番屋のカレー

有名カレーチェーン店「CoCo壱番屋」のカレーの再現レシピです。

サイゲンさんは同店のカレーの味を再現するために、玉ネギをあえて焦がし気味に炒め、フライドオニオンを加えることで、複雑な苦味を出しています。

また最後にインスタントコーヒーと酢を加えることで、後味のふわっと優しい酸味を表現しています。

実際に同店のカレーと食べ比べてみたところ、味は残念ながら全然似ていませんでしたが、サイゲンさんのカレーの方が、野菜の美味しさが感じられ、ずっと美味しいと思いました。

変わった食材は使っていませんので、自宅でも手軽に作れます。

20分
豚バラスライス玉ネギニンジンサラダ油コンソメフライドオニオンカレールーカレー粉ウスターソース中濃ソース砂糖ホワイトペッパーインスタントコーヒーご飯

吉野家の牛丼レシピ2選

吉野家の牛丼レシピ。吉野家風を再現!サイゲン大介さんなど2選。

吉野家の牛丼

吉野家風の牛丼の再現レシピを2品紹介しています。

そのうち1品が、サイゲン大介さんのレシピです。

サイゲンさんの牛丼は、3種類の顆粒だしを利かせたレシピになっていて、甘さは控えめ。
牛肉は柔らかく、また、玉ネギにはシャキシャキとした歯ごたえがあります。

さっぱりとした上品な味の牛丼で、美味しいです。

18分
外国産の牛バラ薄切り肉玉ねぎご飯紅しょうがかつおだし昆布だし中華だし白ワイン砂糖醤油

とんかつ

これからご紹介する4品は、まだ試作していませんが、レシピを簡単にお伝えします。

サイゲン大介 レシピ 人気

とんかつ

このとんかつの調理には、「飲むヨーグルト」と「霧吹き」を使います。

「飲むヨーグルト」に豚肉を漬け込むと、肉が柔らかくジューシーになるそうです。
また「霧吹き」を使って衣を湿らせてから揚げると、衣がサクサクの食感に仕上がるそうです。

ただもしかしたらこの「とんかつ」は、美味しい仕上がりにはならないかもしれません。
このとんかつを実際に作ったという方々からメールを何通かいただいたことがありますが、リンク先のレシピ通りの温度と時間で揚げると、美味しそうなきつね色にはならず、かなり白っぽい仕上がりになるとのこと。

これから試してみるという方は、揚げる温度と時間に注意してみてください。

紅虎餃子房の鉄鍋棒餃子

サイゲン大介 レシピ

紅虎餃子房の鉄鍋棒餃子

この餃子は少し手間がかかるので、私はまだ作っていません。

サイゲンさんは、紅虎の棒餃子の味を再現するために、餡の中に手作りの甜麺醤と水を加えています。

情報元のテレビ番組でこの餃子を試食したタレントの坂上忍さんによると、食べた時のちょっとしたクセと、肉のジューシーさと食感が、本物そっくりだそうですよ。

うなぎの蒲焼き

サイゲン大介 レシピ 人気

サイゲンさんによると、安いうなぎの蒲焼きも、一度水洗いして、ほうじ茶の茶葉と一緒に蒸し焼きにすると、高級店の味になるそうです。

材料【1人分】
市販のうなぎの蒲焼 1尾分
小さじ2
小さじ2
ほうじ茶の茶葉 大さじ2
タレ
付属のタレ 50ml
レモン汁 小さじ1/4
醤油 小さじ2
作り方
  1. 蒲焼きの表面についたタレや脂が完全に取れるまで、水洗いする。
  2. アルミホイルでうなぎが入るくらいの大きさの器を作り、水洗いしたうなぎの皮を上にして置く。
  3. 酒と水をうなぎにかける。
  4. ほうじ茶の茶葉を、別のアルミホイルの器2つに入れる。
  5. 魚焼きグリルにうなぎを入れ、うなぎを挟むようにほうじ茶の茶葉を置き、6分ほど焼く。
  6. タレの材料すべてを耐熱ボールに入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分加熱する。
  7. 焼き上がったうなぎにタレをかけたらできあがり。

水洗いして酒をかけることで、うなぎの臭みが取れ、ふっくら仕上がるそうです。

またほうじ茶と一緒に蒸し焼きにすると、うなぎに香ばしさが加わるとのことです。

ステーキ

ステーキ

サイゲンさんによると、ステーキは、炭酸水・コーヒーミルク・牛脂を使うと、柔らかく風味豊かに仕上がるそうです。

ステーキを焼く前に、炭酸水とコーヒーミルクで肉を柔らかくし、牛脂を塗ります。

たったこれだけの手間で、安い外国産のステーキ肉も、高級和牛のような味わいに変わるとのことです。

材料【1枚分】
外国産ステーキ肉 1枚
炭酸水 適量
コーヒーミルク 1個
牛脂(※) 2~3個
塩・コショウ 適量

※国産牛の牛脂を使用。

焼き方
  1. ステーキ肉の脂身の部分を切り落とし、包丁で肉の両面に、1センチ間隔で切れ目を入れる。
  2. 1をバットに入れ、肉が完全に漬かるくらいの炭酸水を注ぎ、20分ほど置く。
  3. 2の水気をキッチンペーパーで軽く拭き取り、コーヒーミルクをかける。
  4. 牛脂を耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(500w)で1分30秒加熱する。
    溶けた牛脂(小さじ2)を肉に塗り、常温に20分置く。
  5. 温めたフライパンに4で残った牛脂を引き、肉に牛脂を塗りながら焼く。
    塩・コショウをしたら出来上がり。

以上。サイゲン大介さんの人気レシピ24品でした。
名店の再現レシピは、本物そっくりを期待しなければ、どれも美味しく出来ますよ。

関連レシピ