ポークソテーの簡単レシピ。洋食のプロのおすすめです。

投稿日:2016年6月7日 更新日:

ポークソテー レシピ プロ

洋食の名店「レストラン大宮」のオーナーシェフ、大宮勝雄さんが考案した、ポークソテーの簡単レシピをご紹介します。

「絶品キノコソースのポークソテー」です。

フライパン1つで、ポークソテーと付け合わせとソースを一度に作ります。

豚肉とキノコの旨味が凝縮された、濃厚な味わいのポークソテーが出来ますよ。

超おすすめレシピです。

(一部情報元:TV「L4YOU!」フライパン1つで絶品洋食 2016年6月6日放映)

キノコソースのポークソテーの焼き方

ポークソテー レシピ プロ

「絶品キノコソースのポークソテー」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分】
豚ロース肉 1枚
少々
コショウ 少々
小麦粉 適量
サラダ油 適量
キノコソース
マイタケ 15g
シメジ 15g
エノキ 15g
醤油 大さじ1/2
赤ワイン 大さじ2と2/3
バター 大さじ2
付け合わせ
アスパラガス 3本
ミニトマト 2個
少々
コショウ 少々
作り方
  1. アスパラガスの下半分の皮をむき、2等分する。
  2. 豚肉に塩・コショウをし、小麦粉をまぶす。
  3. マイタケ・シメジ・エノキをほぐしてアルミホイルの上にのせ、醤油・赤ワインをまわしかけ、バターをのせる。アルミホイルでしっかり包み、楊枝で空気穴を2か所開ける。
  4. アツアツに熱したフライパンにサラダ油を引き、豚肉の片面をこんがりと焼く。
    片面が焼けたら豚肉をフライパンの端に寄せ、3・アスパラガス・ミニトマト(ヘタつき)をフライパンにのせる。
    野菜が焼けたら、塩・コショウをする。
  5. 4の豚肉・アスパラガス・トマトを取り出して皿に盛り、アルミホイルの中身をフライパンにあける。
    ソースにとろみがつくまで加熱し、豚肉の上にかけたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

ポークソテーの作り方

【工程1・2】
まずアスパラガスの下半分の皮をむき、2等分します。

そして豚肉に塩・コショウをし、小麦粉をまぶします。
小麦粉をまぶすと、豚肉の旨味を閉じ込め、ジューシーに仕上げることができます。

ポークソテー レシピ プロ
【工程3】
次に、ソースの下準備をします。

マイタケ・シメジ・エノキをほぐし、アルミホイルの上にのせます。

そしてその上に醤油と赤ワインを回しかけ、バターをのせます。

ポークソテー レシピ プロ
ソースの材料すべてをアルミホイルにのせたら、上の写真のようにしっかりと包み、楊枝で空気穴を2か所ほどあけます。

ポークソテー レシピ プロ
【工程4・5】
続いて、豚肉・ソース・付け合わせをフライパンで加熱します。
フライパン1つで一度に調理するので、洗い物が減り、調理時間が短縮出来ます。

まずフライパンをアツアツに熱し、豚肉の片面をこんがりと焼きます。

片面が焼けたら、豚肉をひっくり返してフライパンの端に寄せ、アスパラガス・ミニトマト・ソースが入ったアルミホイルを、フライパンにのせます。

豚肉と野菜が焼けたら、野菜に塩・コショウをして、皿に盛りつけます。

ポークソテー レシピ プロ
肉と野菜が焼き上がる頃には、アルミホイルの中のキノコが、良い具合に蒸されています。

ポークソテー レシピ プロ
最後にアルミホイルの中身をフライパンにあけ、ソースにとろみがつくまで加熱します。

ポークソテー レシピ プロ
豚肉にソースをかけたらできあがり。

調理時間はトータルで10~15分程度ですが、本格的な洋食屋さんのポークソテーが出来ます。

豚肉とキノコの旨味が凝縮された、濃厚な味わいの、美味しいポークソテーですよ。

関連レシピ