鶏ハムをレンジで時短。みきママの簡単レシピ。

投稿日:2016年6月16日 更新日:

鶏ハムの時短レンジレシピ

電子レンジで簡単に作れる鶏ハムのレシピをご紹介します。

おうち料理研究家のみきママが考案した「鶏ハム」です。

柚子胡椒の風味をいかした柔らかい鶏ハムが、たったの10分で出来ますよ。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ 2016年6月17日放映)

鶏ハムの時短レシピ

鶏ハムの時短レンジレシピ

鶏ハム」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間10分】
鶏もも肉 1枚(270g)
柚子胡椒 小さじ2
作り方
  1. 鶏肉の両面に20か所ずつフォークで穴をあけ、柚子胡椒を揉み込む。
  2. 鶏肉の皮目が外側になるようにきつく巻き、巻き終わりを楊枝で縫うように2か所止める。
    2枚重ねにしたラップでキャンディーのように巻き、閉じ目を下にして耐熱皿にのせる。
  3. ラップの上から楊枝を使って3か所ほど空気穴をあけ、電子レンジ(600w)で6分加熱する。
    しばらく置いて粗熱を取ったら、食べやすい厚さに切り分ける。

写真をもとにレシピを説明します。

鶏ハムのレンジを使った作り方

鶏ハムの作り方

まず鶏肉(1枚:270g)の両面に、20か所ずつフォークで穴を開けます。

【調理のポイント】
フォークで穴を開けると、短時間で味が染みやすくなります。

鶏ハムの作り方

次に柚子胡椒(小さじ2)を揉み込みます。


鶏ハムの作り方

続いて、鶏肉の皮目が外側になるようにきつく巻き、巻き終わりを、上の写真のように楊枝2本を使って縫うように2か所止めます。


鶏ハムの作り方

鶏肉を巻いたら、今度は2枚重ねにしたラップで鶏肉を包み、両端をキャンディーのようにねじります。


鶏ハムの作り方

そしてラップの閉じ目を下にして耐熱皿にのせ、ラップの両端を鶏肉の下に入れ込み、楊枝で3か所ほど空気穴を開けます。

この状態で電子レンジ(600w)で6分加熱します。


鶏ハムの作り方

ちなみにこの鶏ハムは、加熱中にラップが破れる可能性があります。
でも破れても、美味しくできます。
とは言え、ラップが破れるのはイヤですよね。

そこで、この鶏ハムをチンする時には、上の写真のように耐熱皿にのせ、その上からもう1回ふんわりとラップをかぶせることをおすすめします。


鶏ハムの作り方

耐熱皿にもラップをかぶせると、鶏ハムを覆っているラップが破れたとしても、鶏肉の過剰な水分の蒸発を防ぐことができます。

電子レンジでチンした後は、しばらくそのまま置いて粗熱を取ります。


鶏ハムの作り方

最後に食べやすい厚さに切ったら完成です。

柚子胡椒のピリッとした辛さと爽やかな風味がアクセントになった、美味しい鶏ハムができます。

ちなみにこの鶏ハムは、みきママが「黒酢風 冷やし中華」にのせる具材の1つとして考案したものです。
冷やし中華がしっかりめの味付けなので、この鶏ハムは塩気がやや控えめです。
塩気が足りない場合は、酢醤油などを付けると美味しくいただけますよ。

鶏ハムの保存と日持ち

鶏ハムの作り方

ところでこの鶏ハムは、作り置きにも向いています。

ラップでぴったりと包んで冷蔵すると、3〜4日くらい日持ちします。

関連レシピ