メレンゲの簡単な作り方。泡立て器でもたったの2分です。

投稿日:2016年7月4日 更新日:

メレンゲ 作り方 泡立て器 冷凍 簡単

メレンゲの簡単な作り方をご紹介します。

ハンドミキサーは使いません。
泡立て器でも、たったの2分で完成です。

調理のポイントは、卵白をあらかじめ冷凍すること。
また酢を加えると、メレンゲのふわふわ感を長時間保つことが出来ます。

(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」坂上忍の得ワザ 2016年6月30日放映)

2分でできるメレンゲ

メレンゲ 作り方 泡立て器 冷凍 簡単

泡立て器を使った、2分でできるメレンゲのレシピです。

材料【卵白1個分:調理時間2分】
卵白 1個分
酢(※1) 小さじ1弱
砂糖(※2) 小さじ2
塩(※2) ひとつまみ

※1と※2は下記参照。

作り方
  1. 白身を1時間ほど冷凍庫に入れ、凍らせる。
  2. シャーベット状になった白身に酢を混ぜ、泡立て器で空気を含ませるように1分混ぜる。
  3. 卵白が白っぽく泡立ってきたら、砂糖と塩を加え、角が立つまであと1分ほど混ぜたらできあがり。

※1 酢を加えると、メレンゲのフワフワ感を長時間保つことが出来ます。酢の味や香りは加熱することで飛びますが、抵抗がある場合は加えなくてもOKです。

※2 砂糖と塩の量は、参考程度に入れました。料理の味付けによって変えてください。砂糖だけ塩だけでも、構いません。

写真をもとにレシピを説明します。

2分でできるメレンゲのレシピ

メレンゲ 作り方 泡立て器 冷凍 簡単
【工程1・2】
まず白身を1時間ほど冷凍庫に入れます。
白身を凍らせると、上の写真のようなシャーベット状になります。

ここに酢を加え、泡立て器で空気を含ませるように1分混ぜます。

【調理のポイント】
卵白を凍らせると、卵特有のとろみが失われ、空気が入りやすくなります。

また卵白に酢を加えてメレンゲを作ると、出来上がりのフワフワ食感を長時間キープすることが出来ます。

卵白には「オボアルブミン」という空気を含むタンパク質が含まれており、このタンパク質は酢を加えると固まる性質があります。
酢によって固まった「オボアルブミン」は、バリアーのように働いて卵白から空気を逃げづらくするため、エアリーな状態を長時間維持できるというわけです。


メレンゲ 作り方 泡立て器 冷凍 簡単
【工程3】
1分混ぜて白身が白く泡立ってきたら、砂糖と塩を加え、さらに1分混ぜます。


メレンゲ 作り方 泡立て器 冷凍 簡単
合計2分泡立てると、卵白に角が立ちます。
これでできあがりです。

卵白を冷凍すると、手作業でも簡単にメレンゲが作れますよ。

関連レシピ