やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

みきママのグリーンカレーのレシピ。カレーペーストは使いません。

投稿日:2016年7月6日 更新日:

グリーンカレーのおすすめレシピをご紹介します。

おうち料理研究家のみきママが考案した「グリーンカレー」です。

カレーペーストは使わず、身近な食材だけで本格的な味に仕上げます。

本場タイのグリーンカレーには、バイマックルやレモングラスなどの香草が使われていますが、その代わりにキウイを使います。
キウイを加えると、グリーンカレー特有の柑橘系の風味が、簡単に再現できます。

またグリーンカレーには、しばしば「香り米」と呼ばれるタイの高級米で炊いたジャスミンライスが添えられますが、その代わりに、ジャスミンティーで炊いたご飯を合わせます。

本物を彷彿とさせるクオリティーの高さには驚きますよ。

調理時間は25分です。

(一部情報元:フジテレビ「バイキング」坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ 2016年7月6日放映)

グリーンカレーの具とペーストのレシピ

みきママの「グリーンカレー」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間25分】
グリーンカレー
鶏もも肉 1枚(250g)
赤パプリカ 1/2個(100g)
ナス 2本(200g)
シシトウ 6本(50g)
小さじ1/4
コショウ 少々
ココナッツミルク 100cc(※)
サラダ油 大さじ1
◎キウイ 1個(150g)
◎乾燥赤唐辛子(ホール) 10本(3g)
◎おろしニンニク 小さじ1/2
◎おろしショウガ 小さじ1/2
◎シナモン 小さじ1/2
△ココナッツミルク 300cc(※)
△水 150cc
△カレー粉 大さじ1/2
△鶏ガラスープの素 大さじ1と1/2
△砂糖 大さじ1と1/2
△ナンプラー 大さじ1/2
△ピーナッツ 30g
ジャスミンライス
2合
ジャスミン茶 360cc
飾り
バジルの葉 好みで適量

※ココナッツミルクの使用量は、合計で1缶(400cc)です。

作り方
  1. 【ジャスミンライスを炊く】米を研ぎ、ザルに上げて水気を切る。米とジャスミン茶を炊飯器にセットし、普通に炊く。
  2. 【下準備】鶏肉を12等分し、塩・コショウをふり、ココナッツミルク(100cc)に15分漬け込む。
    赤パプリカは4センチくらいの乱切りにし、シシトウはヘタを取ってタネごと斜めに2等分し、キウイはみじん切りにする。
    ナスは1センチの輪切りにし、塩ひとつまみ(分量外)を揉み込み10分置く。
    ピーナッツはポリ袋に入れ、麺棒で20回ほど叩いて粗く砕く。
  3. 【グリーンカレーを作る】◎の材料すべてとサラダ油(大さじ1/2)を鍋に入れ、強火にかける。
    鍋が温まったら弱めの中火にし、焦げないように時々かき混ぜながら3分炒める。
    2の鶏肉をココナツミルクごと加え、強火で肉の色が変わるまで2分炒めたら、△の材料すべてを加え、強火で5分煮る。
  4. 3の鍋とは別にフライパンを用意し、残りのサラダ油(大さじ1/2)・パプリカ・ナス・シシトウを入れ、焦げないように時々かき混ぜながら、強火で3分炒める。
    3の鍋に炒めた野菜を加え、強火で2分煮る。
  5. 【盛り付け】1を皿に盛り、4をかける。バジルの葉を飾ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

グリーンカレーの具とペーストの作り方


【工程1】
まずジャスミンライスを炊きます。

白米を研ぎ、ザルに上げて水気を切ります。
そして米とジャスミン茶を炊飯器にセットし、普通に炊きます。

ちなみにジャスミン茶360ccを入れると、ちょうど2合の水加減か、少し少なめになります。



炊き上がりは、このように淡く色づきます。

タイの香り米で炊いた本物のジャスミンライスのように真っ白にはなりませんが、水だけで炊いた普通の日本米よりはずっと本場風の爽やかな味がしますよ。

【調理のポイント】
米はジャスミンティーで炊き、ジャスミンライス風に仕上げます。


【工程2】
次に鶏肉や野菜の下準備をします。

まず鶏肉は12等分し、塩・コショウをふり、ココナッツミルク(100cc)に15分ほど漬け込みます。

【調理のポイント】
鶏肉をココナッツミルクに漬け込むと、長時間煮込んだようなまろやかな味になります。


そして赤パプリカは4センチくらいの乱切りにし、シシトウはヘタを取ってタネごと2等分し、キウイはみじん切りにします。

そしてナスは1センチの輪切りにし、塩ひとつまみ(分量外)を揉み込み、10分置きます。

さらにピーナッツはポリ袋に入れ、麺棒で20回ほど叩いて粗く砕きます。

【調理のポイント】
ナスは塩を揉み込むと、余分な水分が抜け、油を吸いにくくなります。


【工程3】
続いて、グリーンカレーを作ります。

◎の材料すべて(キウイ・赤唐辛子・おろしニンニク・おろしショウガ・シナモン)とサラダ油(大さじ1/2)を鍋に入れ、強火にかけます。

鍋が温まったら弱めの中火にし、焦げないように時々かき混ぜながら3分ほど炒めます。



次に鶏肉を、漬け込んだココナッツミルクごと鍋に入れ、肉の色が変わるまで強火で2分炒めます。



肉を2分炒めたら、△の材料すべて(ココナッツミルク・水・カレー粉・鶏がらスープの素・砂糖・ナンプラー・ピーナッツ)を加え、強火で5分煮ます。

これでグリーンカレーが出来ました。

【調理のポイント】
本場のグリーンカレーで使われているバイマックルやレモングラスなどの香草の風味を出すために、キウイを使います。
また砕いたピーナツを加え、コクを出します。


【工程4】
最後に野菜を焼きます。

まずカレーを煮込んだ鍋とは別に、フライパンを用意します。

そして、残りのサラダ油(大さじ1/2)・パプリカ・ナス・シシトウを入れ、焦げないように時々かき混ぜながら、強火で3分炒めます。

【調理のポイント】
野菜は、カレーとは別に炒めます。
色が鮮やかに仕上がり、ほど良い食感が残ります。


3分炒めたら、野菜をカレーの中に入れ、強火で2分煮ます。



【工程5】
ジャスミンライスを皿に盛り、グリーンカレーをかけます。
最後にバジルの葉を飾ったらできあがり。

野菜たっぷりの、彩りのよいグリーンカレーが完成します。

このカレーを試食したタレントの坂上忍さんは、「あまりにも美味しすぎる。奇跡に近い。」と、その出来栄えを絶賛していましたが、私は実際に作ってみるまで、半信半疑でした。
グリーンカレーの香草の味とキウイの味が、どうしても頭の中で繋がらなかったからです。

でも驚きました。グリーンカレーの柑橘系の爽やかな風味が、ちゃんと再現できましたよ。


キウイのフルーティーな香りと酸味が、グリーンカレーの香草が醸し出す味にそっくりです。

またジャスミンティーで炊いたご飯は、本物のジャスミンライスの白さと軽やかさはありませんが、日本米を普通に水で炊くよりは、ずっと本場らしい爽やかな味に仕上がります。
フルーティーでありながらもコクがある、グリーンカレーとよく合います。

グリーンカレーの超おすすめレシピですよ。

関連記事

ジャスミンライスの炊き方。ジャスミン茶で超簡単!炊飯器を使った作り方。

ジャスミンライスの超簡単な炊き方をご紹介します。ジャスミンライスとは、タイの高級米「香り米」を炊いたご飯のこと。この記事では、香り…

バスマティライスの炊き方。インドの香り米を伝統的な湯取り法で炊く!

バスマティライス(Basmati rice)の炊き方をご紹介します。バスマティライスとは、インディカ米の一種のこと。インドを中心に…

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています…

スーパー大麦バーリーマックスの食べ方と効果。ダイエットレシピも。

「スーパー大麦 バーリーマックス」のおすすめの食べ方と効果をご紹介します。「スーパー大麦 バーリーマックス」とは、オーストラリア連…

密閉&低温!お米の保存方法と保存期間。日持ちアップのコツを解説。

お米の上手な保存方法を解説します。お米は、空気に触れると酸化しやすいうえに、乾燥にも弱く、また、暖かい場所に置くと傷みやすい食材で…

レモングラスの保存方法と横浜の販売店。

レモングラスの保存方法と横浜の便利な販売店をご紹介します。レモングラスは、東南アジアやカリブ海諸国などでよく使われているハーブで、…

本場タイのソムタムレシピ。青パパイヤを使った本格的な作り方。

青パパイヤを使った、ソムタムの本格レシピをご紹介します。ソムタムとは、青パパイヤのサラダのことで、タイ料理の定番メニュー。調理方法…

きのこの保存方法。冷凍保存すると旨味がアップします。

えのき・しめじ・しいたけ・舞茸などのキノコ類は、買ってきたら冷蔵庫に入れるのではなく、冷凍保存するのがおすすめです。冷蔵した場合と…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…