美味しくするならこの方法!うなぎ蒲焼きの温め方。ウーロン茶で煮る方法

投稿日:2016年7月20日 更新日:

うなぎの温め方

超おすすめのうなぎの温め方をご紹介します。

フレンチのシェフ、水島弘史さんが考案した簡単レシピ。
うなぎをウーロン茶で煮て、日本酒を混ぜたタレを塗り、グリルでこんがりと焼きます。

このひと手間を加えるだけで、特売で買った安いうなぎが、名店のうなぎのようなふっくらとした上品な味に仕上がります。

(レシピ情報元:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」科学調理でうなぎを美味しくする方法 2016年7月19日放映)

うなぎの温め方

うなぎ蒲焼きの温め方です。

材料

1人分:調理時間6分
市販のうなぎの蒲焼き 1尾
ウーロン茶(※) 適量
付属のタレ 1袋
タレと同量

※ペットボトルのウーロン茶がおすすめ。詳しくは下の文中参照。

作り方

  1. うなぎをフライパンに入れ、うなぎの厚さと同じくらいの高さ(1センチ程度)までウーロン茶を注ぎ、フタをして中火で3分煮る。
  2. うなぎの水気を切り、アルミホイルの上にのせる。タレと酒を混ぜたものを均等に塗り、予熱した魚焼きグリルで2分焼いたらできあがり。

うなぎを烏龍茶で煮る
【工程1】
まず、うなぎをフライパンに入れ、うなぎの厚さと同じくらいの高さ(1センチ程度)までウーロン茶を注ぎ、フタをして中火で3分煮ます。

ウーロン茶は、うなぎ全体が浸かるくらいの量を使用します。

ちなみに、3分煮た後は、煮汁が少し残ります。
ですから、出来るだけ小さいフライパンを使ってください。
ウーロン茶の量は、75〜100mlくらいでも十分足ります。

うなぎを烏龍茶で煮る効果

ウーロン茶で煮ると、うなぎが柔らかくなります。

市販のうなぎの蒲焼きは、皮に含まれるコラーゲンによって硬くなっています。
ウーロン茶に含まれるタンニンには、コラーゲンを柔らかくする働きがあります。

ペットボトルのウーロン茶を使う

なお、使用するウーロン茶は、ペットボトルがおすすめです。
ペットボトルのウーロン茶だったら、タンニンが少ないので苦味が残りにくいです。
茶葉から淹れたウーロン茶を使うと、苦味が残ることがあります。


うなぎをアルミホイルにのせてグリルで焼く
【工程2】
次に、うなぎの水気を切り、アルミホイルの上にのせ、タレと酒を同量で混ぜたものを塗ります。
そして、あらかじめ温めておいた魚焼きグリルに入れ、2分ほど焼いたら完成です。

たれの塗り方

タレと酒を混ぜたものは、丁寧にハケで塗ってもいいですし、スプーンなどで塗ってもOKです。

なお、グリルで加熱する目的は香ばしい焼き目をつけるためですが、焦げすぎないように注意してください。
あまり焼き過ぎると、うなぎの身がパサパサになります。

たれに酒を加えてグリルで焼く

ウーロン茶で煮たうなぎは、付属のタレに酒を加えたものを塗り、グリルで焼き上げます。
酒によってうなぎの臭みが消え、焼くことでうなぎの旨味と香ばしさが格段にアップします。


烏龍茶を使ってフライパンとグリルで温めた美味しいうなぎの蒲焼き
このように温めたうなぎの蒲焼きは、臭みが無く、ふっくら柔らかいです。

ちなみに、ウーロン茶のにおいは、まったく気になりません。
むしろ、ウーロン茶の香ばしい風味によって、うなぎが上品な味になりますよ。

関連レシピ