トマトカレーのレシピ。水は一滴も使いません。

投稿日:2016年7月25日 更新日:

トマトカレー

料理研究家の浜内千波さんが考案した、トマトを使ったカレーのレシピをご紹介します。

「水を一滴も使わない トマトカレー」です。

トマトの旨味をいかし、水は一滴も使いません。

余計なことは一切せず、20分ほどの短い調理時間で、味に深みのあるカレーが完成します。

(一部情報元:テレビ東京「なないろ日和」トマトの美味しい食べ方 2016年7月25日放映)

トマトカレーの作り方

トマトカレー

浜内さんの「トマトカレー」のレシピです。

野菜はすべて、すりおろして使います。
(フードプロセッサーでペースト状にするという方法もあります。)
すりおろすことで野菜の繊維が壊れ、旨味を早く引き出すことができます。

トマトの旨味成分「グルタミン酸」は、肉類に含まれる「イノシン酸」など、他の旨味成分と合わせると、旨味が倍増します。

材料【4人分:調理時間20分】
鶏手羽元(※) 8本
玉ネギ 1個(200g)
ニンジン 100g
トマト 大1個(300g)
セロリ 50g
19g
コショウ 少々
おろしショウガ 20g
ハチミツ 大さじ1/2
カレー粉 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ3
ご飯 800g

※鶏もも肉や豚肉でも代用可。

作り方
  1. 鶏肉に塩・コショウを揉み込む。
    温めた鍋にオリーブオイル(大さじ1)を引き、鶏肉の表面に焼き色をつける。
  2. 玉ネギ・ニンジン・トマト・セロリを、おろし金ですりおろす。(もしくはフードプロセッサーでペースト状にする。)
    すりおろした野菜すべてを1の鶏肉の上にのせ、フタをして鶏肉に火が通るまで蒸し焼きにする。
  3. おろしショウガ・ハチミツ・カレー粉を2に加えてよく混ぜ、10分ほど煮込む。
    仕上げにオリーブオイル(大さじ2)を回しかける。
    ご飯を皿に盛り、カレーをかけたらできあがり。

鶏肉にまぶす塩は、鶏肉の量を考えるとかなり多いです。

でもこの塩だけがカレーの塩気になるので、全体的に見ると、塩の量は控えめです。

トマトカレー
カレーとは言え、カレー粉は大さじ1/2しか使っておらず、塩もたったの19gですが、野菜の旨味がすごく濃く感じられます。

余計なことは一切せず、20分ほどの短い調理時間で、味わい深い美味しいカレーが出来ます。
目からうろこが落ちました。

カレーの超おすすめレシピですよ。

関連レシピ