豆腐南蛮の作り方。家事えもんのチキン南蛮風ダイエットレシピ。

投稿日:2016年9月16日 更新日:

豆腐南蛮
豆腐南蛮のレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、「チキンのような豆腐南蛮」です。

チキン南蛮風のお料理ですが、チキンは使いません。
代わりに使うのは豆腐。
豆腐を凍らせることで肉のような食感を出します。

ヘルシーなので、ダイエットレシピとしてもおすすめです。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年9月15日放映)

豆腐南蛮のレシピ

豆腐南蛮のレシピ

「チキンのような豆腐南蛮」のレシピです。

調理のポイントは、鶏肉を豆腐で代用し、タルタルソースに使うマヨネーズの半量を、ヨーグルトに代えること。

そうすると、通常800kclほどあるチキン南蛮のカロリーを、440kcl程度に抑えることができるそうです。

材料【2人分】
木綿豆腐 1丁
塩・コショウ 各少々
ポン酢 大さじ1
大さじ1
タルタルソース
ゆで卵 1/2個
キュウリ 25g
プレーンヨーグルト 大さじ1と1/2
マヨネーズ(※) 大さじ1/2

※低カロリーのマヨネーズを使用。

作り方
  1. 木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、冷凍庫に8時間ほど入れて凍らせる。
    凍った豆腐を電子レンジで片面3分ずつ温め、解凍する。
    粗熱を取り、手で絞るようにしてしっかり水気を切る。
  2. 1を1センチくらいの厚さに切り、塩・コショウで下味をつけ、片栗粉をまぶす。
    温めたフライパンに油を引き、両面に焦げ目がつくまで焼く。
  3. 【タルタルソースを作る】キュウリをみじん切りにする。
    タルタルソースの材料すべてをポリ袋に入れ、卵を潰しながら混ぜる。
  4. 2を皿に盛り、ポン酢をかける。3を添えたらできあがり。

豆腐南蛮のレシピ
豆腐を凍らせると、ササミのような食感に変わり、食べ応えが出ます。

タルタルソースは塩気がかなり控えめで、それだけだと水っぽくてまったく美味しくありません。
でも、少し多めのポン酢をかけた豆腐と一緒に食べると、ほど良い酸味が加わり、ちょうど良い味付けになります。

豆腐の風味を活かした、優しい味のお料理ですよ。

豆腐のダイエットレシピ

家事えもんの豆腐のダイエットレシピは、全部で7日分あります。
下に並べた他の6種類のレシピも合わせてご覧ください。

また当ブログの最近のイチオシ豆腐レシピは、「レンチン麻婆豆腐」です。
こちらは、知的家事プロデューサーの本間朝子さんが考案したレシピ。
リンク先も是非合わせてご覧ください。

関連レシピ